[PC]日本は理科が中学レベルの文系が支配する国



 ノーベル賞を3年連続で受賞するなど輝かしい成果を誇る日本の科学研究。だが高水準の論文は減少しており、英科学誌ネイチャーは「日本は失速し、エリートの地位が脅かされている」と警告する調査結果を公表した。背景には予算の伸び悩みや若手研究者の不安定な雇用などの問題があると専門家は指摘している。(草下健夫)

4年間で8%減

 先月発表されたネイチャー誌の特集「ネイチャー・インデックス2017 ジャパン」は日本の科学界に厳しい現実を突き付けた。

 同誌や米サイエンスなど世界の主要な68の科学誌に掲載された2016年の論文数を分析した結果、日本は4年間で8・3%減少。中国が47・7%、英国が17・3%それぞれ増加したのに対し、大きく後退した。

 より広範囲の科学誌に掲載された15年の論文数では、世界全体は10年間で約80%増加し、中国や米国が高い伸びを示した。日本は14%増にとどまり、全体に占める割合は7・4%から4・7%に下落。存在感の低下が際立った。

 別の統計で分野別に見ると、日本は全14分野のうち医学や天文学などを除く11分野で論文が減った。計算機科学の37・7%減を筆頭に、生化学・分子生物学や免疫学で30%以上、物理学は20%以上、得意分野とされる材料科学や工学でも10%以上と軒並み減少となった。

 ネイチャー誌は「政府主導の新たな取り組みで低下傾向を逆転できなければ、科学界におけるエリートの座を追われかねない」と警鐘を鳴らしている。

予算増えず多忙に

 こうした問題は、日本のノーベル賞受賞者も指摘してきた。昨年、医学・生理学賞を受けた大隅良典氏は「今の毎年のような受賞は過去の遺産による成果だ。今後、若い人が受賞し続けられるか」と懸念を示した。

 低迷の背景には何があるのか。まず目につくのは、国の科学技術予算が今世紀に入って横ばいに転じたことだ。政府は今月21日、20年度までに4兆4千億円に増額する方針をようやく決めたが、10年あまりで5倍に増えた中国、一時減少したが14年以降は増加している米国とは対照的だ。

 東京工業大の調麻佐志(しらべ・まさし)教授(科学技術社会論)は「お金が一番の問題だが、大学教員は近年、大学改革の会議や広報などの仕事で明らかに多忙になり、研究に時間を割けなくなっている」と指摘する。

 文部科学省科学技術・学術政策研究所が理工系などの大学教員らを対象に実施した13年の調査によると、職務時間に占める研究活動の割合は02年の50%から42%に低下。教育や社会活動の比率が大幅に増えた。予算面で増員できず、1人当たりの業務が増えた影響もあるという。

雇用環境の改革を

 限られた予算の中、政府は重要な研究分野に資金を重点的に配分する政策を進めている。ただ、研究の初期に将来の成果を予測するのは難しい。調氏は「がん研究など社会的に重要な分野を除き、予算の選択と集中は研究がある程度、進展した段階で行うべきだ」と提言する。

〜中略〜

 クラレの調査では、昨年春に小学校を卒業した男の子の憧れの職業は、スポーツ選手に続き研究者が2位だった。その半面、大学院の博士課程に進学する学生は減少が続いている。

 日本の科学が世界に大きく貢献していくためには、研究への夢を膨らませて育った若者の志を支える改革が必要だ。

2017/4/23 10:00配信 産経新聞
全文はWeb元でどうぞ
http://www.sankei.com/premium/news/170423/prm1704230021-n1.html
www.sankei.com/images/news/170423/prm1704230021-p1.jpg

【関連スレ】
【科学】科学技術予算、2020年度までに年3000億円増へ [無断転載禁止]©2ch.net
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492883108/


コメントの投稿

非公開コメント

No title

181 : 名無しさん@1周年2017/06/13(火) 22:35:55.72 ID:VRctZ6m60
これさ

落ちた回収棒?取り出したことになってるけど

取り出してないねw

No title

160 : 名無しさん@1周年2017/06/13(火) 22:09:21.46 ID:/4QS6M0q0
もう仏さまの用語は借りないほうがいい

No title

143 : 名無しさん@1周年2017/06/13(火) 21:48:49.83 ID:A4+ssFvC0>>144>>147>>171
・技術的にもんじゅを廃炉にするめどは全く立っていない
・廃炉に向けた研究拠点を福井県内に作る
・廃炉にする方策がないため、研究せざるを得ない


後先の事何も考えずに作った結果がコレだよ・・・
一ワットすら貢献せずに
廃炉の方法すら未解明とか
これほどアホな話ってあるか?

No title

53 : 名無しさん@1周年2017/06/13(火) 20:32:31.88 ID:ffA/5JCV0>>62
福井県の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府は今月中に廃炉を正式決定しますが、その一方で、技術的にもんじゅを廃炉にするめどは全く立っていないことが分かりました。

 もんじゅは普通の原発とは異なり、冷却に水ではなく、ナトリウムを使っています。原子力機構などによりますと、原子炉を直接、冷やすナトリウムは放射線量が高いことなどから、取り除くめどは全く立っていないということです。

また、廃炉の前提になる燃料の取り出しも最短で6年かかるとしています。政府は廃炉に向けた研究拠点を福井県内に作るとしていますが、廃炉にする方策がないため、研究せざるを得ない実態が浮かび上がります。

一方、廃炉には巨額の税金が投入される見込みですが、政府は費用の見積もりを公表していません。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000089584.html

廃炉にする方策がないため、研究せざるを得ない
廃炉にする方策がないため、研究せざるを得ない
廃炉にする方策がないため、研究せざるを得ない

No title

767 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 08:18:31.16
■東電を支えた優秀な学者たち

関村直人(東大)   「炉心溶融(メルトダウン)はありえない」
大橋弘忠(東大)   「プルトニウムは飲んでも安心。どうして信じない!?」「素人は引っこんでろ」(元東電社員)
諸葛宗男(東大)   「安心安全心配なし」
有冨正憲(東工大)  「1号機の煙は爆破弁の成功です」
松本准教授(東工大)「暫定値の数倍、数十倍の汚染 になったとしても人体には影響のない値」
澤田哲生(東工大)  「放射能が漏れることはない 事態は悪化しない 汚染水は漏れない」
中川恵一(東大)   「放射性ヨウ素は煮沸すれば減る」→実験したら減るどころか濃縮
田中知(東大)     「東電から1億もらいました」(安倍政権提示の原子力規制委の委員)
班目春樹(東大)(原子力安全委員長)
              「水素爆発しない」→爆発
              「建屋に漏れたら爆発して当然だが私は間違ってない」「菅直人を総理にした天罰」



しかし、日本の学者ってゴミだな
まともな奴は海外脱出したほうがいいわ

No title

320 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 03:19:18.44 ID:yMHGuRwv0
これは本人も暗に言ってる事なのですが、問題の本質は

無茶苦茶優秀な若手研究者が海外に流出してる

というわけでは無くて

普通の研究者レベルでも流出してしまっている
ということです。

No title

296 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 03:07:31.03 ID:A7Q8m/Jv0
今までの日本企業は低賃金と終身雇用制がワンセットだったから
プラマイゼロでブラックではなかったんだよな、それが今じゃ
終身雇用はなくなったというのに、低賃金は継続してる。

日本の経済界、資本家、経営者、そして経済誌はこの歪さを自覚しきれておらず
誰もおかしいと声を上げない。だから日本はブラックだと言われるんだよ

No title

289 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 02:58:22.92 ID:HBCt3ZQg0
>>276
博士と科研とった人が研究員やってたから、給料聞いたら0円だった
科研や学会などのために身分があるだけで、もはやボランティア

No title

123 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 01:59:06.47 ID:qZ0CNlU00
>>69
日本人は「原始共産主義」の意識が強い。
「自分だけが突出した利益を得る事を潔し良しとせずに、周りに分け与える」
事が美徳とされる。
欧米の「寄付」とか「慈善活動」とかと、ちょっと心持ちが違う。

No title

98 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 01:52:11.16 ID:3wVoBiwI0
個人消費上がらないし、学者だけじゃなく若い世代の収入上げんとな
若者に逃げられたらガチでヤバいぞ

No title

88 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 01:48:33.95 ID:UglPm5AF0
>大学の経営陣が、文部科学省からの運営資金を得るためにキャッチコピーづくり的な事務作業を優先する

俺、一応、国立底辺大学の教授ですが、ポンチ絵とかカタカナ語(インクルーシブ、ダイバーシティとか)で、
研究する時間削って、うまく行って1年に500万円くらいの予算を付けてもらって、
事業が学内でかなり軌道に乗ってたら、「その後の改革の機運がない」とか言われてカットされた。

今や国立大学は文部科学省のアホ役人のおもちゃと化し、
財務省はこの2流官庁の予算は削れると思ってる。
10年で1割予算が減ったんだぜ。もちろん給与も定昇廃止。

No title

80 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 01:45:34.07 ID:qZ0CNlU00
>>28
「学者の価値」を経済的世界基準で評価しなくても
今まで学者が安い給料で雇えたから
大学当局が給料を上げなかっただけ。
日本では学者志望がポスト数に比して過剰だから、
低賃金での雇用が可能。
完全に労働市場の経済原則に則った話。

No title

76 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 01:44:34.41 ID:daPRq+tC0
ハッキリ言って今やアジア諸国には東京のような近代的なビル群の都市がいくつもある
もう追いつかれかけてんだよ

なのにまだこの国は無能な経営者やいくらでも変わりのいる文系事務職が馬鹿みたいに
金をもらって技術者が雀の涙で働かされてる

そんなことはもう東南アジア諸国にもよく知られていて日本は斜陽の国扱いだ
ハッキリ言ってもう日本は東南アジアの劣等土人からも魅力のない国になっている

お前らに危機感あるのか?危機感!

No title

978 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 00:59:52.78 ID:HeB2OEjK0
待遇良ければ海外の学者が海外見捨てて日本来るんだけど、
実際は逆

No title

851 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 00:34:16.56 ID:1r0xXtNx0
>>814
国立は都心じゃないだろ

>>821
予算を削られてるわけじゃないんだけど、使い方がね。
どっちにしても日本の研究力がものすごい勢いで衰退してる(Natureで特集号が出るくらいにw)のはいろいろ理由があって
もっとも大きいダメージが
・国立大の独法化と交付金の一律1%/年のカット:これでものすごく事務仕事が増えた+固定費が削られるのでポストがない
・研究・教育予算の競争的資金へのシフト:これそのものは悪くないんだけど、あまりにこれをやりすぎたので研究の裾野が削られている
・不況に伴う医者人気:同世代のトップクラスがすべて町医者を目指してるんだから話にならない。他の国はそれこそトップの人間が研究やってるのに。
あたりかな

No title

271 : 名無しさん@1周年2017/04/30(日) 23:05:29.87 ID:InZiTWkM0
>>162
若手を任期制にしたのが、けっこうボディブローになってるんだよな
母校の研究室に挨拶にいったら、教授が「トップクラスの学生がドクターに進学しなくなった」と嘆いてた

そりゃそうだという話で、
「雇用は保証されない。敗者は首を切られ、勝者は高い報酬を得る」というなら自信のある学生が挑戦するだろうけど、
「雇用は保証されない。敗者は首を切られ、勝者は従来と同じ報酬を得る」だと、つまり単に待遇を悪化させてるんだよな
競争原理の名のもとに人件費削減をやらかしてしまった

No title

222 : 名無しさん@1周年2017/04/30(日) 22:57:47.42 ID:DD6Up1qM0
ただ、日本の高度人材であっても給料がいいからって
渡米してアメリカの企業に入社、香港のってならないんだよね。
まず、言葉の問題、次にハートの問題

経験ない自分が言うのもなんだが海外の人間はハートが違う。
ガンガン自分を主張してオープン。
日本人って村社会で固まってその中の秩序を大切にするだろ。
外国はいい意味ではみ出してアピールするのが基本だからな。

そういう諸々の理由でなかなか人材の国際化は実行されない。
韓国人はアメリカの大学にいくのが多いけど気質が違うんだろうね。

No title

210 : 名無しさん@1周年2017/04/30(日) 22:54:58.59 ID:yiu+JkQK0
>>144
日本の無能役人の給料はバカ高と思う(特に事務系50代)。

だけど中途半端な能力給を導入した企業が次々と没落して、
今はそれを唱える日本企業が少なくなったのは事実。
逆にガチガチの年功序列の材料産業なんかは安定して強かった。

ノーベル賞受賞の日本人の全ては30〜40代に任期なしの研究職に
就いていたのは事実だから日本人には安定ポストが何よりの良薬なのかも。

No title

161 : 名無しさん@1周年2017/04/30(日) 22:44:30.49 ID:iQfDgnQJ0
グローバルが進めば世界の平均賃金は日本円で100万円位らしいから、これに近づく。
一方、優秀なら高給が貪れる。
普通の能力しかない日本でしか生活が出来ない人間はグローバル化に反対した方がいいよ。

No title

129 : 名無しさん@1周年2017/04/28(金) 19:52:01.77 ID:hUURdhNM0
さぼってばかりにみえる教員ってのはだいたいコネやら特権やら環境で守られてる奴な
そういう教員を見て許せん搾り上げろ!っていうと真面目にやってる教員がすべて割を食うわけだ

どこの業界でも公務員でもだいたいコレだぞ

No title

972 : 名無しさん@1周年2017/04/29(土) 19:42:11.24 ID:YYkdYVXz0
>>959
PCなど、便利な機器があるからこそ仕事が増えるという面がある。
機器が無い時代であれば、できない仕事はできないということで終わりだからね。
高性能の印刷機があれば、昔は口頭や板書ですませていたことを、いちいちプリントをつくったりするようになるし、
電子メールがあるから、毎日教育委員会から何十通も通知や依頼が来る。

No title

61 :
名無しさん@1周年
2017/04/29(土) 10:51:12.37 ID:VB+Hn3tj0
まず、メーカーはやめとけ

富士通を退職した話
http://anond.hatelabo.jp/20160413023627

日本のIT企業は東芝とか富士通とか日立、NTTデータとかがトップにいて、
その下に下請け会社が何重にも連なるという構造になってる
下請けに行くほど待遇も労働環境も悪くなっていく
なんでこんな多重下請け構造になっているかというと、
ピラミッドの上位の会社が楽して儲けられるように、正社員としての身分を守れるように
大手メーカーの労働組合の組織票によって、メーカーに都合のいい法案を通してくれる政治家に投票して当選させてるから。
そうしてピラミッドの上位の会社は下請け管理とエクセルパワポの資料作りしかしない生産性の低い正社員で溢れ、
その結果、日本のソフトウェア技術力は馬鹿にしていた中国や韓国にすら劣るレベルに落ちてしまった。
じゃあ、東芝、富士通、日立、NTTデータに入社すればいいかというとそれも間違い
そういう会社ではソフトウェアの開発をしていない。下請け管理とエクセルパワポの資料作りしかしない。
大学で情報工学を学んで、世の中の役に立つソフトウェアをたくさん作りたいと志を持った若者を失望させる環境しかそこにはない
本当にソフトウェアの仕事がしたいなら自社開発のWEB系の会社に行け
具体的には、Line、ドワンゴ、CyberAgent、クックパッド、メルカリ、といった企業だ

No title

28 :
名無しさん@1周年
2017/04/27(木) 07:07:59.47 ID:r5YzY9+V0
終身雇用と年功序列を復活させろ

これやれば多少給料安くても安定性求める人がいくらでも集まる

No title

945 :
名無しさん@1周年
2017/04/27(木) 09:05:44.14 ID:28HR+8k60
無駄無駄

若手には任期付非正規雇用の構造改革進めておいて
次世代の人材を消し去ったんだから今更人材不足とかほざくな
すでにUnder 35の任期制は過半数を超えてる

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/037/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2015/06/04/1358507_05.pdf

No title

937 :
名無しさん@1周年
2017/04/27(木) 04:51:50.30 ID:7O4JkOx20
>>897
というかITの惨状の原因は産物を作る側ではなく発注側がITにさせたい業務内容を把握しておらず、何をITにさせたいか、ITを導入したらどう導線が変わるか理解してないせいじゃね?
どっちかというと文系の無理解のせいだと思う

日本の文系は哲学をやらないから論理的に物を考えることができないんだよな
理系は数学があるから論理的に考えられるが

No title

105 :
名無しさん@1周年
2017/04/25(火) 09:27:18.01 ID:YD66f6of0
団塊が若手は教授までいけない仕組みを作って生き残ってるからね
成果主義は年に論文ひとつも出さない教授を追い出すつもりが、既得権で若手だけ審査対象
失われた20年は団塊が自分の子供世代に現役を譲らないのが要因
日本は𣜿葉ではなく、枯れても落ちない葉が樹を腐らせてる

No title

697 : 名無しさん@1周年2017/04/25(火) 00:56:13.86 ID:7lzSAQ860
もんじゅに一兆三千億円突っ込んだが何の成果もないな。

No title

998 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 12:51:39.22 ID:1L1Clc3z0
>発見や発明が商売になるかどうかは商売人が見つけ出せば良いだけ

ほんと
箴言ですわこれ

No title

942 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 11:05:43.98 ID:6CAcPjA+0
研究成果は大学のもので年収400万円未満かつ数年の任期つきです!

まじでこれなんだが

誰か来たい人いる?

いねーよw

946 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 11:08:53.30 ID:qcqfmLpR0
>>942
京大のIPS研究所もそんな感じらしいな
200人居て正規研究員は10人で他は全員非正規研究員

No title

940 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 11:03:39.75 ID:6CAcPjA+0
研究成果は大学のもので年収400万円かつ任期つきです!

まじでこれ

No title

1 :
ばーど ★
2017/04/24(月) 10:06:23.11 ID:CAP_USER9
東洋大学(東京都文京区)がキャンパスの清掃業務を約20年間にわたり、財務担当の元常務理事(昨年8月死去)が社長を務める会社に孫請けさせていたことが関係者への取材で分かった。

東洋大の調査委員会は「利益相反の恐れがある」と結論付け、文部科学省は再発防止策を示すよう求めた。
この業務の委託料は年間約3億円だが孫請けへの委託金額は明らかになっておらず、学内では第三者による再調査を求める声が上がっている。【伊澤拓也】

配信 2017年4月24日 06時30分(最終更新 4月24日 09時32分)

毎日新聞 ニュースサイトを読む
https://mainichi.jp/articles/20170424/k00/00m/040/123000c

No title

477 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 10:28:26.15 ID:PTIajztm0
なんと おぼちゃんが おきあがり
なかまに なりたそうに こちらをみている!
なかまに してあげますか?
478 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 10:29:42.91 ID:K13Y65tT0
小保方が理研の上級職の地位を得ていたという事実
これで一般人にもどういう人がポストを取るか分るでしょう
まあ上層部が腐っているのです

No title

67 :
名無しさん@1周年
2017/04/23(日) 22:56:28.59 ID:yIWTJ7IHO
小保方とそのバックに科研費注ぎ込んだことの総括からまず始めようか

No title

28 :
名無しさん@1周年
2017/04/23(日) 22:43:01.03 ID:swujQJgA0
大学院重点化で定員を滅茶苦茶増やして
博士課程行っても無職ってのを大量に産み出して
研究者になる夢をもった人達を潰しまくった後で

次世代の人材不足ガーって
そりゃないわ

No title

848 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 04:35:58.40 ID:bWHgmHwe0
>>841
日本全体が貧乏になってんのにそれが国民の理解を得られるとは思わない
なんで研究だけがそんなに尊いわけよ?
普通に働いてたって年収三百万もない奴なんてそこら中におるぞ
ノーベル賞受賞者が賞とるたんびに若手の待遇を憂いて警鐘鳴らすけど、もうそんなもんに国民は元気付けられないし研究者だけを特別扱いする義理はないんだよ

No title

777 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 02:52:12.02 ID:FnNnAfvx0
>>769
ちょっと卑近なところしか思い浮かばないけど、
戦後、雨後の筍のようにできた二輪車やカメラメーカーとか、
8bitパソコンやファミコンの頃のソフトウェアって基本個人の力だったなあ。

No title

730 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 02:22:45.12 ID:Usmts1kM0
ポスドク一万人計画なんて
明らかに政策の失敗なのに
責任を誰も取らないんだな
ふざけとる

No title

723 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 02:18:54.98 ID:ZiXFeMXg0
>>705
大学院重点化は、天下り確保のための政策

大学院重点化で、上位層の就職年齢がますます遅れるようになった
その結果、晩婚・未婚率も上がった

大学行くのが当然の社会になったため、
子供をまともな社会人にするためには、多額の学費を必要とするようになった
そのため、普通の家庭では、1、2人育てるのがせいいっぱいになった


少子化の一番の戦犯は文部科学省だと思う

No title

698 :
竹 ◆XQ1.DNtgrY
2017/04/24(月) 01:56:15.92 ID:QNA7YUck0
逆説的な表現をするとだな、博士を増やしすぎたんだよ。
まんべんなく予算を投ずるには多すぎるんだ。

あらかじめ門をせまくしておけば、悲惨な世代が生れずに済んだんだよ。

No title

694 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 01:50:11.82 ID:Ri+gN8RJ0
研究費を重点化し過ぎてるよ
もっと広く薄くまくべきだと思うよ

No title

692 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 01:47:39.08 ID:G7aM05qH0
予算配分がでたらめすぎるわ
仮に小保方が真っ当な研究者だったとして
気分が乗らないから研究室をムーミンに塗り替えるのに1500万とか
なんで許可が出たんだよ

No title

673 :
竹 ◆XQ1.DNtgrY
2017/04/24(月) 01:39:30.44 ID:QNA7YUck0
>>670
そうそう。土の細菌を研究したらノーベル賞だからね。
今の役人に土の細菌を研究したいと言って、どんだけパーマネントな地位と予算がつくと思う?

No title

670 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 01:36:28.06 ID:kBgfNc2/0
クラゲの研究でもGFP発見してノーベル賞だからね

今の役人にクラゲの研究したいと言ったら絶対にボツにされることだけは間違いない

No title

661 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 01:31:03.21 ID:xRFNJkYt0
>>652
でも、いまのノーベル賞ラッシュの学者は、現役時代好き放題にやってたんだよな。
一方で今は、文系官僚がテーマ選択に口を挟んで「役に立つ」ことを研究させようとする。
どっちがいいのかっていう話。

No title

651 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 01:24:40.76 ID:tWq7KG0F0
>>638
八木アンテナができたときも日本はそんなこと言って無視して、
結局価値のわかる欧米に採用され戦争で負けましたね

No title

649 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 01:23:36.31 ID:xRFNJkYt0
>>638
それも一理ある。
けれど研究が役に立つかってどうかって、結局はやってみないと分からないんだよね。
役に立つって最初から分かってるようなものは、世界中の企業が競って巨額投資するわけで、そんなのはもう研究じゃなくて開発でしょ?

No title

631 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 01:08:52.27 ID:WVfVYAnz0
団塊が氏ねば医療費が15兆浮くからそれまで待て。

No title

588 :
竹 ◆XQ1.DNtgrY
2017/04/24(月) 00:33:37.62 ID:QNA7YUck0
まずね、ドクターを増やし杉。
そんで安定したポストがない。
そりゃ殺伐としますよ。
当然、頭のいいやつは戦いに加わらない。
頭のいいやつは別のところで幸せを見つけている。
結果、科学分野で人材不足。

No title

558 :
名無しさん@1周年
2017/04/24(月) 00:04:00.72 ID:w787esSZ0
文科官僚が体を張って自らの組織に成果主義を取り入れるならともかく、大学だけに成果主義を課したのも問題
評価回顧する能力もないくせに事業仕分けみたいなことやり続けて研究者いじめ抜いた結果がコレ
いまの文化庁の学芸員いじめも同じような構図

No title

547 :
名無しさん@1周年
2017/04/23(日) 23:48:08.30 ID:LBHOqewb0
単純に研究費増やすんじゃなくて、研究者の生活を安定させてやらないと駄目だと思うぞ
30代、40代の非婚のポスドク、特任助教とかの多いこと、多いこと
頭はいいんだろうから落ち着いて研究させれば、結果だすと思うんだがな

No title

514 :
名無しさん@1周年
2017/04/23(日) 23:24:59.36 ID:zSEUR0NO0
>>505

あのね~ 
10万人のうち、残りの私費留学生にも年間90万円
日本の血税から無償支援がなされてるんだよ
国費留学生も問題なんだけど、私費留学生の支援額も馬鹿にならない

普通の日本人が都会で四大行ったらどれだけかかるか考えろ

No title

500 :
名無しさん@1周年
2017/04/23(日) 23:16:09.38 ID:zSEUR0NO0
平成28年5月1日現在の外国人留学生は24万人
一位 中国人 9,9万人、二位ベトナム人 5,4万人、三位ネパール人2万人

日本の大学にくる留学生は全て、日本人の血税から無償で奨学金給付。返済は不要。
もちろん日本の大学生には一円の支援もありません

国費留学生なら
1)奨 学 金/月額142,500円(年171万円)
2)授 業 料/国立大学は免除、公・私立大学は文部省が負担(年52万800円)
3)渡航旅費/航空券支給 例)東京-北京 (111,100円)
4)帰国旅費/奨学金支給期間終了後所定の期日迄に帰国する場合は航空券を支給 (111,100円)
5)渡日一時金/25,000円
6)宿舎費補助/月額9,000円または12,000円 (年14,4万円)
7)医療費補助/実費の80%  


上記 1) +2)+3)+4)+5)= 380万円! 4年で1520万円!


奨学金とはいえ、日本人学生と違い、返済の必要はありません。

奨学金をほしい日本人はわんさかといるのにもらえない人が多い。


それなのに、中国人留学生は当たり前の支給と思って全ての人がもらっています
私費留学生でさえ毎月7万円、年間90万円が無償給付されてます。


現在日本の血税で養われる中国人留学生が99,000人日本に在留してます

No title

148 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 21:44:11.29 ID:vEb67xK30
研究の質や量を増やすには教育や研究機関に投資するしかないのに、
大学教授や学生の若者に便宜を図る政策を出すとなぜか「税金の無駄」とか言い出す馬鹿がいる
それも一人二人ではなく大勢いる
教育に金使わないでどこに金使うんだよ、いい加減にしろ

No title

104 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 21:34:59.71 ID:uv3aiZgn0
今俺は博士2年目
先輩の研究員は30後半で契約切れて収入ゼロになってる
周りの博士見ても誰もアカデミア行くやつはいない
俺も民間で就活予定
食っていけないし

No title

87 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 21:30:14.00 ID:ps/JHDT00
まあ日本の省庁が批判されることも多いが、その霞が関官僚が口を揃えて言うのは「文科省はどうしようもない」。
あそこはロクな人材がいないというのが定説。

No title

769 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 20:14:23.72 ID:dowJ+5Gi0
>>723
アメリカが怖くて、
日本製OSの開発を政治判断でやめてしまうような国なんだもの、日本って国は。

世界規格になれるチャンスを自らドブに捨てるような国に将来があるわけないでしょうにw
因みにこれやったのは中曽根自民党政権のときの話ねw
785 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 20:16:41.80 ID:uySiO/c60
>>769
ビルゲイツとソフバンの孫が結託して虚偽の報告書をアメリカ議会に上げたから
TRONは潰されてしまった。

No title

760 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 20:13:25.11 ID:XB4u2ZCZ0
日本では、新しい画期的ものが出来ても、
前例や実績がないと評価されないようなイメージ

No title

683 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 20:01:55.67 ID:Z2Uv+/Wb0
科学は多分、知性が低くてもできる
欧米人は日本人よりIQが低いが科学の成果では圧倒的だ
問題なのは上で書いたように実用性がないことに興味が持てるかどうかの方だろう

No title

660 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:57:55.97 ID:Z2Uv+/Wb0
>>624
上でも書いたが日本人は実用的な物に関心が強く、実用性のない物に関心が低い

という事は実用性がはっきりしない物・未知の物には関心が低い
だから既知で有用な物を真似するのは熱心だが、未知の有用な物を探す努力はしない

何度も言うようだが「『役に立つ』が科学をダメにする」ってことだし
「日本人は科学に向いていない」ってことだ

役に立つか解らないことだろうと関心を持ち、研究することができるから欧米人は科学が発展したんだ

No title

646 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:56:14.40 ID:uySiO/c60
GHQ左翼教育世代が世の中を動かすようになってからの日本の凋落ぶりは凄まじい。
あとは儒教で脳の腐ったカス役人が余計な事に首突っ込むから。

教育勅語世代:「俺に逆らとは元気のいい奴だ。試練与えて育てよう」
GHQ左翼教育世代:「俺に逆らうとは生意気だ。徹底的に潰してやる」

教育勅語世代:「大学教育まで受けられた。国を引っ張らねば」
GHQ左翼教育世代:「大卒になれた。楽して威張って儲けられるぞ」

教育勅語世代:「従業員の生活は何とかして守るのが責任」
GHQ左翼教育世代:「人件費たけーな、切り捨ててチャイニーズで安く済ませるか」

教育勅語世代:「お国を守るために、時には戦わねば」
GHQ左翼教育世代:「外国様のご機嫌取り優先。低学歴愚民を犠牲にすりゃいーさ」

教育勅語世代:「戦争ではやられたが経済ではやり返す」
GHQ左翼教育世代:「外人様が微笑んでくれた。俺も国際派だぜ」

教育勅語世代:「会社の不祥事は社長が責任を取る」
GHQ左翼教育世代:「別に辞めなきゃいけない法律なんてないでしょ」

No title

628 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:53:51.78 ID:4bavTygS0
そりゃ優秀なやつみんな医学部行かせちゃった上に
研究費もろくに与えない給料も激安な今の研究環境じゃ
みんな研究者になんてならんわな
今の10倍くらい研究費も給料もやれよ
って思うわマジで

No title

616 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:51:24.90
>>606
さすがにそれはねーわ
しょうもないねつ造すんな

問題はこっち


■日本、停滞しすぎて既に後進国になってた

日本の17才の短期留学生(3ヵ月)が自分のPCを持ってないっていってクラス騒然。
「日本ではどうやって課題提出してるの?」「先生との連絡は?」
挙句の果てには「勉強してるの??」と言われてたって子どもが言ってました。

結局、その日本人の留学生はすべて手で書いて提出。
パワポで資料を作り、データを先生に送るのが課題なのに。
先生は点数がつけられないって言っていたそうです。初めての経験だと。
中国、韓国、シンガポール、インドネシア、イタリア。いろんな国からの留学生が来るのに。。。
https://togetter.com/li/1053462

履歴書も手書きだもんな・・・

No title

604 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:49:29.49 ID:7XB0elHI0
>>557
日本人はブラック企業が存在できるくらい勤勉だぞ
あんなもの海外じゃすぐに社員0人で存在できない

No title

590 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:47:25.49 ID:1zzhPXdI0
研究って地味だからね
合コンでもてない職種ナンバーワンだし
というか合コンに誘ってもらえただけでもありがたいと思えだろ

No title

569 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:45:54.95 ID:Udxsg1TL0
科学に予算使っても票増えないんで

No title

560 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:45:28.58 ID:BxInPdk00
>>508
そう
優秀なのがいると立場が危うくなる
優秀なのが正攻法で利益をもたらそうと躍起になってる横で
「どうやったらそいつを潰して手柄を横取りできるか」を考えてる

No title

536 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:42:50.45 ID:Z2Uv+/Wb0
>>486
それも以前から話していることだが
中国人が関心があるのは実用品であって科学じゃない
役に立つ実用品が作れば満足で、それがどういう科学法則で動いているかには興味がないのが中国人だ
世界三大発明の時もそうだった
科学法則を知らないのでは応用力が効かないし、科学法則への興味が低いので、その研究も発展しない

欧米人は反対に実用品より科学法則の方に興味があった
だから実用性のない事を調べる変人達のおかげで科学法則を発見し、さらにはそれらの応用で新しい実用品が作れるようになった

No title

531 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:42:27.68 ID:DnURGdNZ0
俺が思うに最大の問題は日本が足を引っ張り合う社会だってこと
その結果、才能は潰され得をするのは利権で結びついた強欲な猿どもだけ。

研究者どうし、志のある者どうしがもっとネットワークを強化しないとこの国はじり貧。

No title

522 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:41:35.88 ID:xjC+uBQi0
英語の問題とか言ってる人いるけど、研究者も若い人も昔よりずっと英語はできる
教育制度? 昔と比べてレベルが下がってるわけじゃない
金だよ金
博士までがんばって研究者になると年収400万で任期制
やってられんわ

No title

508 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:39:58.48 ID:H1uWQPch0
優秀な日本人は世襲の官僚や政治家の子供をを脅かすからな

日本じゃ日本人が優秀じゃ困るんだよ

No title

346 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:23:33.33 ID:laiZNmGb0
>>307

かつては、文科、経産、厚労、農水等で、研究予算の配算は各省庁に任されていた。

無駄も多いように見えたが、文科が付けた予算が失敗しても、他の省庁が
別の分野に予算を出していて、フォローアップされていた。

今は、総合科学技術会議が、方針を決めて一直線に進むから、アホが
総科にいて間違った方針に進むと、取り返しがつかない自体になる。

総科では、素人官僚と、会社の経営者が、科学技術の予算の枠組みを
決めているから、無駄が多い。これが諸悪の根源。

No title

184 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 19:00:19.50 ID:T+a/3Ei80
歴代ノーベル賞受賞者 生まれ年順

戦前生まれ
1899年6月14日 川端康成、文学賞、1968年
1901年3月27日 佐藤栄作、平和賞、1974年
1906年3月31日 朝永振一郎、物理学賞、1965年
1907年1月23日 湯川秀樹、物理学賞、1949年
1918年10月4日 福井謙一、化学賞、1981年
1921年1月18日 南部陽一郎、アメリカ国籍、物理学賞、2008年
1925年3月12日 江崎玲於奈、物理学賞、1973年
1926年9月19日 小柴昌俊、物理学賞、2002年
1928年8月27日 下村脩、化学賞、2008年
1929年1月30日 赤崎勇、物理学賞、2014年
1930年9月12日 鈴木章、化学賞、2010年
1935年1月31日 大江健三郎、文学賞、1994年
1935年7月14日 根岸英一、化学賞、2010年
1935年7月12日 大村智、生理学・医学賞、2015年
1936年8月20日 白川英樹、化学賞、2000年
1938年9月3日 野依良治、化学賞、2001年
1939年9月5日 利根川進、生理学・医学賞、1987年
1940年2月7日 益川敏英、物理学賞、2008年
1944年4月7日 小林誠、物理学賞、2008年
1945年2月9日 大隅良典、生理学・医学賞、2016年

戦後生まれ
1954年5月22日 中村修二、アメリカ国籍、物理学賞、2014年
1959年3月9日 梶田隆章、物理学賞、2015年
1959年8月3日 田中耕一、化学賞、2002年
1960年9月11日 天野浩、物理学賞、2014年
1962年9月4日 山中伸弥、生理学・医学賞、2012年


ノーベル賞受賞者に絶対数の多い団塊世代がまだいない
というのは本当らしいw

No title

68 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 18:40:14.47 ID:sMOdV00Y0
>>8

遠い国の人に言われるような惨状こそ問題。

研究室に予算が全く来ないから、自分で予算
確保するまでは研究も学会出張もできない。
だから、予算申請の書類作り・申請に奔走する。
だから研究をする暇が無い、という本末転倒。

講義と会議で、朝来てから自分の机に戻れるのは夕方か夜。
それから書類作り。研究は、合間のわずかな時間だけ。
先生のそんな様子を見ている学生は、とっとと企業へ。

その先生さえ、3〜5年毎に次の働き口を探さないと
普通に無職。数ヶ月ブランク期間が空く人もザラ。
結婚、マイホームなんて考えられるわけが無い。

これで研究が進むわけが無い。日本の科学技術を削ごうという、
どこかの国の陰謀としか思えない。

No title

5 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 18:27:54.60 ID:IAouQMDi0
制度をいじり過ぎなんじゃないかな
雑用がすげー増えてるんだと思う

No title

959 : 竹 ◆XQ1.DNtgrY 2017/04/23(日) 18:21:23.60 ID:Cm10aol50
>>806
それもあるけど、
博士ふやしすぎ。

コイツは普通じゃない、なにものだ?っていう学生だけを博士にすべき。

No title

956 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 18:21:04.64 ID:rgKkGk8X0
なんか宗教じみた変なコメ多いね。
まあそれはともかく、予算配分の過度な競争化がまずかったのはあると思う。
真の萌芽的研究って研究してる当人すら評価できないことも多いから、
ある程度はドブに捨てること覚悟で予算をばらまくしかないんだと思うわ。

No title

537 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 17:40:25.09 ID:WyxAHtsF0
研究するのに資金必要
成功報酬ゼロ
資金を得るために小学校理科すら理解できない連中に理解できるようにプレゼンテーションしなければならない
プレゼンテーションに時間と労力を費やして
発表した理論は絶対に成功しないとダメ

これじゃ研究者は海外に流出するに決まっている

No title

104 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 16:51:43.24 ID:8J+VOOU30
>計算機科学の37・7%減を筆頭に、

IT、AIだろそれこそ お先真っ暗が知れるな

No title

919 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 16:27:27.28 ID:TQfI3mnP0
もう日本人全体が希望を失って、死ぬ順番待ちみたいな状態にしか見えないもんな。
何か新しいことを次々と開発しても、これからの技術はいかに人の代わりになるかを競っているだけで、
最終的には人の居場所を次々と失うだけだし。
大半の企業は少しずつ資産を売り払って生きながらえてる状態だし、まず希望が持てる指針を失ってる。

No title

928 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 16:27:59.30 ID:9iXoTNeL0
>>810
ムダや失敗からノーベル賞が結構出ているのにな
計画的にノーベル賞を取ろうとして失敗しているのが
中国韓国なのに
なぜか日本の政治家官僚はその真似をし始めた

No title

541 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 15:56:45.14 ID:s7XbHPcN0
資源の無い国は人間の頭脳が資源なのに
日本人ってバカだな
企業でも非正規雇用が増えすぎて
知識、技術、技能、ノウハウが伝承できずに衰退間違いなし

No title

345 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 15:41:10.10 ID:JQUQ8dkl0
国立大学の法人化による研究費削減
若手研究者雇用環境の悪化
科学研究費の一極集中
大学の妙な事務仕事
世間の専門家軽視

これで失速しなかったらおかしいよなあ

No title

233 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 15:32:05.67 ID:U6k10MRI0
これが正常な日本かもよ

千年以上も中国文明を仰ぎ見て文化を作ってきて
明治以降は西洋文明を仰ぎ見て発展した
一時ちょっと調子づいただけで
西洋や中国の後塵を拝しているのがむしろ常態だったわけだし

No title

114 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 15:16:19.81 ID:RsOp2ykC0
>>69
それがな・・・
今は金出す方の文科や財務省が「役にたつ研究」をやらせてるんだけど、全然効率が悪い。
企業とやること被ってるくせにかける金が1/100以下。成果が出るわけない。無駄金。
実際には、好きにやらせてた30〜50年前くらいの研究が芽吹いてノーベル賞になってる。
どっちが日本のためになったかは・・・

No title

893 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:57:49.43 ID:0DqEk1up0
自分が一番心配してるのが、
欧米さんが日本に変に期待する展開ね
もう日清戦争とか日露戦争のころの日本人じゃないから
中国やロシアが怖いなら、自分たちで片づけてね

No title

785 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:51:53.22 ID:akpXmA1b0
>>570
おもしろい着眼点だね
ただ、誤解があるようだからいっておくと
零戦がアメリカ戦闘機に勝てなくなっていったのは
性能を超えられたわけではなくて、ベテラン搭乗員がいなくなったから
アメリカ戦闘機は攻撃されてもパイロットの身体をまもるために厚い鋼板で
操縦席を守っていたけど、零銭はそういう防御がまったくなかった
人を大事にするアメリカに対して、人なんかどうでもいいという旧日本軍の考え方が
多くの熟練パイロットを失い日本零戦が不利になった要因だな

これはいまでも日本の社会に根強く残って日本の社会全体が衰退している原因になっている

No title

616 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:40:22.95 ID:wTfdeZVv0
>>45
医師も同じく。
行政が新たに作る事務仕事に、医師が日々追われることで
本来の診療業務に差し障りが出ている始末。

No title

544 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:36:37.25 ID:XwcNmKsb0
まぁ研究費はどんどん削られてるのに
海外からの留学生には景気良くお金渡してるんだけどね
一人当たり月30万円以上...
特に多いのは中国人の留学生
彼らは祖国へ帰り優秀な科学者になっているよ
現在の国際競争力をみればわかるでしょ?

No title

504 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:34:03.98 ID:GIxxzCee0
とうとう海外にバレはじめましたね

No title

462 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:31:57.91 ID:hRuMyT890
>>9
某宮廷教授が、某学会で行われた△と博士号取得者の民間活用に関するミーティングで、
博士号取得者は民間企業から判断力がないって思われているって話を聞いたときに、
そりゃ、日本で博士コースいっているやつらに判断力はないだろっていって会場爆笑よ
博士コースの学生すら笑っていたから闇は深い

No title

457 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:31:36.66 ID:U3IfSq1r0
私大ブームとか始まったバブル期からこの国の終わりが本当に始まった

No title

437 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:30:22.05 ID:oBRTJa7m0
日本でコンピューターサイエンスが軽視される風潮なんとかならんのかね

No title

429 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:29:45.37 ID:ZfsIcYp80
日本で誇れるものはなんですか?

20年前
「技術力(キリッ)経済力(キリッ)」

現代
「四季がある(キリッ)」

No title

407 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:28:31.09 ID:MMdQ3Zw00
>>102
学業成績と研究能力は相関はあるだろうが、必ずしもイコールじゃないからな。

成績優秀型がみんな学術研究の世界に行くなら多少変わるだろうが、行かない。なぜなら儲からないから。

ただ賢い奴は金稼ぎに行き、好奇心旺盛で探究心がある奴が研究へ行く。要は「研究職が一番儲かる」って状態ならなければダメだって事だ。

いっそ国公立大のポスドク以上の年収が初年度から1500万オーバー、研究補助でも初年度から800万オーバーくらいでパーマネントなポスト前提になれば、みんなそこを目指すよ。

No title

384 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:27:28.16 ID:lNpZLRi10
旧帝ですら毎年人員を削り続けてるので
高齢の教授が退官しても退官しても、若い人を雇う枠が一向に生まれてこない
就職難が長年続くから優秀な人は誰も目指さなくなる
研究費は多少削っても、人件費は削っちゃダメなんだとそろそろ気づかないと

No title

383 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:27:28.07 ID:2Tx+b4QG0
>>336
明白だよ
この十年の論文の質・量の低下は
「100の研究機関に1億ずつ配分」をやめて「1つの研究機関に100億配分」の方針に切り替えていったから
後者だと結局選ばれるテーマは短期的にわかりやすいが革新性に欠ける無難なものにしかならない

No title

350 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:25:32.86 ID:oTaR1gOS0
研究なんて何年もかかるものなのに
研究者は年単位の契約で
結果がでなかったらすぐにクビって
こんなんじゃ科学技術力が失われるのは当たり前
売国奴安倍チョンが悪い

No title

319 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:23:43.58 ID:Nsj+gkOZ0
>>182
文部官僚「真に優秀な研究者なら毎日の授業をして、学生の世話や学校の行事の事務仕事をこなし、研究費に申請をしながら論文を書きつつ、学生の世話やトラブルの処理もして、自分の実験をして成果をあげて、企業と共同研究して地域に貢献するくらい普通にできるはずだ!」

No title

293 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:21:55.39 ID:cf1Q2ihR0
夢は公務員とか倒産しない首になりにくいってだけでだからね
1つの事に腰を据えてっていう日本人のマインドに合ってた終身雇用を全否定して壊した結果なんじゃないの

No title

290 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:21:45.08 ID:BKMBTSNq0
>>262
すごかったのは、日露戦争から世界恐慌までの20年だけだ

No title

279 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:20:54.96 ID:m/2n8Ip10
まずは日本学術会議の解散から

No title

271 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:20:42.13 ID:2Tx+b4QG0
>>240
今の研究現場についても、事務方と技官をもっと増やすべきなんだよ
現状は研究者が事務方や技官の仕事までやらざるを得なくて研究に時間を回せないという本末転倒な状況

No title

267 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:20:15.69 ID:oj4T3dAT0
>>123
東工大な。
別の大学では、海外の学会に出席する際に、参加費に酒の代金が組み込まれていないかを主催者側が証明する書類を要求したり、それができなければ(あるいはバンケット料コミなら)出張費は自腹で、とかいうむちゃくちゃなのもある。
そういうくだらないのをチェックするための人件費ばっかりかけて、肝心の研究をサポートする人件費を削りまくってる。

No title

240 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:18:59.15 ID:9d2hLCHR0
>>185
その結果が戦前の日本やで
軍事力とか分かりやすい方針ばかりに力入れて肝心の国家は二の次三の次
結果政党内閣が失敗して健全な政治体制が成立せず、軍の影響力が増大してあのざまに
科学に力入れるだけならソ連なんて凄まじい投資してたけど潰れたろ
人間社会を構築してる要素でないがしろにしていいものなんて無い

No title

237 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:18:51.20 ID:uILeIKTo0
>>213
バブル期よりも前の構造による結果だよ。
高度成長期の企業は永遠と思えた時代の蓄積。

バブルでそれが見事にぶち壊れた。

No title

227 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:18:22.35 ID:RKanfrAo0
欧米の会社なら博士課程まで進んだ学生にそれなりの地位を与えて歓待するのに、
日本の企業が受け入れるのは修士までで、それ以上の人を「扱いにくい」として
厄介者扱い、結局仕事が無くて路頭に迷う
この実態を知ったらみんな修士で社会に出て、博士になんか残らないよ

No title

213 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:17:39.82 ID:V8RDez0n0
>>161
いまとりまくってるノーベル賞はバブル期の遺産だぞ。

No title

205 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:17:02.27 ID:MMdQ3Zw00
いや単純に金回ってこないからなんだが…

金がないから引っ張ってくる為に企業や自治体その他への広報活動なんかのアピールが必要になる。んで研究や論文作成の時間が減って論文数が減ってる。

んで金ないから機材や備品の費用、研究補助などの人件費が出せないから研究が進まない。全部金ないから。

「2位じゃダメなんですか?」ってスパイが言って、ガッツリ文科省ほかが大学への交付金補助金減らしやがって、今も減らされ続けてる。

No title

191 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:15:37.50 ID:F6WScRmM0
>>123
70年代から90年代にかけて、国から大量に研究費が投入された時期があったけど、
そのときに研究費の使い道が明らかにおかしい事が多々あった上に
投資した割には成果は全くなし、という事例が相次いだから。

それで国がキレて大幅削減の上、成果が出ないと研究費を出さないように制度変更したらこの有様。
今の若手研究者は、今の60代以上がめちゃくちゃやり過ぎた尻ぬぐいをさせられているだけ。

No title

186 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:15:27.24 ID:W7jZ99zH0
別に研究する人に限らず労働者の大半が大変なんだよ。
年収300万以下の人がゴロゴロいてそれで研究者だけを優遇しろと言ってもなかなか賛成は得られないんだよ。
要するに派遣会社の社員等の一部を除いて日本人が貧乏になったんだよ。

No title

184 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:15:11.41 ID:8/62+/3a0
>>161
ノーベル賞とりまくったやん
予算があった頃の成果は


予算減らすから成果がでなくなるんや

No title

182 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:15:06.06 ID:+Uy2kS2U0
現場は論文を書く時間より、国から研究費を引っ張る申請書を書く時間に割かれているらしい・・・。
文部省はその事に気が付いて無いらしい。

No title

167 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:14:17.35 ID:Mv2wO9hg0
軍事研究もろくにできなきゃ没落するわな

No title

165 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:14:10.31 ID:REkuJVlA0
事業仕分で学者が政治家を納得させられなかったせいだな

No title

162 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:13:52.90 ID:V8RDez0n0
>>102
ココ最近のノーベル賞受賞者は頭良いだろうが、クラスで一番系じゃないんだよな。ただ好きなことに異様なまでに打ち込んだ人達っていう。まぁ物理取った人は「自分たちの頃は時代が良かった」と言って若手研究者にもっと予算を(´;ω;`)と訴えていたけども。

No title

156 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:13:25.93 ID:0psZnir60
日本マズい
俺日本人
俺マズい

No title

144 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:12:27.05 ID:nGywSk3a0
ポスドクの年収が200万という日本で
だれが研究者を目指すのか

No title

110 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:09:39.24 ID:SCyRdq350
老人削れって言うけどその政策が実施される頃にはお前らが老人だぞw

No title

123 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:10:46.97 ID:V8RDez0n0
>>45
そういやTwitter見てたら某有名理系大学が、学会への出張にかかる経費の申請で他の学会参加者のサインが2人分必要とかでブチ切れてたな。いやまぁ普通に考えたらアホだと思うんだけど、そこまでコンプライアンスとやらで疑われてんだな。カラ出張とかしすぎたんかね?

No title

114 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:09:52.81 ID:2Tx+b4QG0
女性研究者に関していえば日本の女性研究者は少数精鋭でむしろ男性研究者より生産性は高いと
Elsevierのレポートで出ている
http://jp.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0019/265006/PR_ELS_GenderReport0308.pdf
日本の研究の沈滞は国立大学法人化の副作用と慢性的な科研費削減、および過度な選択と集中政策によるものというのが妥当だろう

No title

102 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:09:03.54 ID:Nsj+gkOZ0
>>55
研究の世界はいわゆる頭の回転が早くて記憶力の良い人が成果をのこせるかと言ったらそうでも無いからな
東大の理III出身者が日本のノーベル医学生理学賞受賞を独占してるかって言ったら
全然そんな事無いし

No title

87 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:07:42.20 ID:cf1Q2ihR0
経済的に高校に通うのすら厳しいってのが増えてるからね
奨学金とかいう借金を背負ってまでというのも多いしな
米百俵みたいな話が好きなわりにリアルでは人を育てようとしない国柄では減る一方だわ

No title

81 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:06:26.21 ID:dowJ+5Gi0
>>1
・猫も杓子も医学部、医学部
・財務省は教育予算切り詰めに必死

これでどうやって科学分野が伸びるのよw

No title

70 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:05:33.22 ID:Nsj+gkOZ0
>>52
国が大学や研究機関への助成金を減らし続けているので
研究者ポストとそれをサポートする人員もガンガン減らされて
現場はすでに限界を越えてる。あと減らせるのは睡眠時間だけというww

No title

67 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:04:41.39 ID:NlnYMMm80
10年前はこういう記事を読んでも日本が凋落しているなどと考えもしなかった。
しかし、シャープがつぶれ、東芝がつぶれ、官民あげて日本の誇りがどうとかをやりだしている。
そして、人材が最も重要な資源だったのに、こうして数字にして出てきてしまっている。
どうなってしまうのだろうか、この国は。

No title

55 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:03:39.54 ID:tVIOc1Dg0
>>19
そこよ。
優秀な人は公務員、官僚、民間を選ぶってこった
わざわざ不安定な研究職を選ぶドリーマーなんていないってのww

No title

54 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:03:33.34 ID:Vq/RZroZ0
総額も削りすぎだし選択と集中が行きすぎている。
科学研究ってけっこう収穫低減の法則が働くからある程度ばらまいた方が成果が出る。

No title

46 : ハルコ2017/04/23(日) 14:02:25.94 ID:QcB5nXaP0
STAP細胞はありまーす(^∇^)

No title

27 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 13:59:52.66 ID:1opZIJiO0
子供達のなりたい職業が
「公務員」とかw

そんな国に未来なんか
ある訳ねーだろwww


さんざん、食い散らかしやがって

No title

25 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 13:59:31.04 ID:rnHBYmpY0
ゴッドハンドwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

No title

15 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 13:58:16.38 ID:AKaiky3X0
東北大の論文100本以上捏造とか小保方とか
なんかもう日本も終わってるわ
所詮東アジアのイエローモンキーなんだなって思う

No title

9 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 13:57:01.86 ID:F6WScRmM0
>その半面、大学院の博士課程に進学する学生は減少が続いている
現実知ったら誰も近寄らない

No title

134 : 名無しさん@1周年2017/04/23(日) 14:12:00.29 ID:+7ce/gfY0
90年代に
大学院の定員を2倍に増やしてから
ダメになった
プロフィール

move2600

Author:move2600
ここは、本人の個人的な備忘録です なお、本人は(同社が深く関わったと推察される)宮崎口蹄疫の一被害者です なお、2ちゃんには一切カキコしておりません 風評はご遠慮願います 同社による工作員の来場もご遠慮願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク