FC2ブログ

昆虫食



1 :ひろし ★ 転載ダメ©2ch.net:2015/07/18(土) 23:29:34.33 ID:???*
昨年あたりからよく報道されるようになっていた“食糧難を救うのは昆虫か”という話題。
南アフリカのメディア『news24.com』がこのほど、コンゴ民主共和国が国を挙げて昆虫の養殖に取り組むことを伝え、
人々の大きな関心を集めている。欧米にもそれを完全食品だと絶賛し
食べることを実践している人がすでにいるが、いったいどのような食感なのであろうか。

コンゴ民主共和国の首都キンシャサでは、ガンベラという市場に行くと牛の肉はもちろん、ヘビ、
レイヨウ(アンテロープまたは羚羊とも)の肉、そしてシロアリ、コオロギ、幼虫といった昆虫類が並んで売られている。
平均的な家庭では1週間に約300gの幼虫を消費するというが、贅沢品はコオロギ。
1kgが約50ドルと牛肉の2倍の値で売られており、それを焼いてレモン汁や唐辛子をかけ、タマネギを添えて食べるそうだ。

世界で今、深刻な食糧難を迎え撃つ手段として昆虫を食べることへの注目が高まっている中、
コンゴ環境省は国連食糧農業機関(FAO)と共同で主にコオロギと幼虫類の飼育に関する知識や
技術を広めるための教育プログラムを打ち出した。キンシャサの「国立ペダゴジック・ナシオナル大学」の協力を得て、
具体的には女性約200名を対象に今年10月から始動させるという。
世界初のこの試みが狙うのは人口6700万というコンゴ人の食糧事情を安定させることだが、
環境にも優しく、低コレステロールでたんぱく質、脂肪、ビタミン、繊維質、ミネラルが豊富な
昆虫を食する文化を持つ国は世界にも多く、この事業が成功すれば国際的なフードビジネスとして起業する者が現れてもおかしくはない。

「コオロギやバッタ、ブドウ虫が大好き。コオロギは鶏のササミかエビのような食感だよ」と語り、
昆虫食を何年間も続けているのは英マンチェスター大学院の植物学博士課程に身をおいた、
20代のピーター・ビッカートンさん。牛肉のハンバーグにイナゴを混ぜ、タコスはブドウ虫で作るそうだ。
そのような食生活を始めたきっかけは、メタボ体質のおじが45歳で心臓発作のため急逝したことにあるという。

(以下略 全文はリンク先で)
http://japan.techinsight.jp/2015/07/yo


日本でも長野の蜂の子など有名
佃煮にするとごく普通の佃煮
エビや貝、小魚の佃煮と同じ味

コメントの投稿

非公開コメント

No title

226 :名無しさん@1周年:2015/07/19(日) 05:49:11.82 ID:JUWY+4Bi0
イナゴの佃煮は食感が美味かった
コリコリしていかにも甲殻を食ってる感じ。小エビのおつまみと似た触感だけど
甘く煮付けてるのがいい。

だから、グロくない昆虫は普通に食えるんじゃないかと思う。

No title

219 :名無しさん@1周年:2015/07/19(日) 05:17:11.01 ID:Q6irFtsJ0
>>216
地球上の生物の9割以上を昆虫が占めてるから問題ない
あいつらの繁殖力は異常

No title

214 :名無しさん@1周年:2015/07/19(日) 04:54:21.62 ID:09O7saMU0
昔から昆虫食の話題は出るけどあまり実用化されないね

やはり食生活が豊かになれば肉や魚のほうがいいからね
人類が食べ物に困っていた時代の産物だね
プロフィール

move2600

Author:move2600
ここは、本人の個人的な備忘録です なお、本人は(同社が深く関わったと推察される)宮崎口蹄疫の一被害者です なお、2ちゃんには一切カキコしておりません 風評はご遠慮願います 同社による工作員の来場もご遠慮願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク