FC2ブログ

[安愚楽]国会議員の皆様に安愚楽事件解明のお願い



★--------------------★
【お願い】消費者被害としての安愚楽牧場事件への対応について

船田元 先生

先生のホームページで、先生が自民党消費者問題調査会長として、消費者被害の救済についての方策を検討されていることを知りました。

私は、先生の地元である栃木県(那須塩原市)を本社として活動していた安愚楽牧場の破綻により多大な金銭的被害を被った者です。

消費者問題調査会長としてのお立場でもあり既にご明察かと思いますが、同牧場の破綻の原因は、同牧場が主張する、福島第一原発事故による風評被害による牛肉価格の低下などではありません。

消費者庁が平成23年11月に景品表示法に基づく措置命令を出していますが、同牧場は遅くとも平成19年3月頃以降については預託者に対する説明の6割程度しか繁殖牛を保有していなかったことが明らかになっており、新規の預託を既存の契約への配当に回す自転車操業であったことも、わかってきています。

つまり、福島第一原発事故を利用した「計画倒産」であり、虚偽の説明をもとに集金を行っていた「詐欺」だということです。しかし、被害者数7万3,000人、被害金額4,300億円(豊田商事は約2,000億円)という我が国の歴史上、過去最大規模の事件であるにもかかわらず、民主党政権時代には不思議なことに本来動くべき検察・警察も動かず、マスコミもこの事件をほとんど報道せずに、今日に至っています。この間も、総務副大臣となられた貴党の柴山昌彦先生や上野みちこ先生は同牧場の破綻について国会等でいろいろ追求してくださっていました。それもあって政権交代後、同牧場に関して被害者寄りの報道も増えてきたように思います。

先日、被害者の代表30名が、同牧場への投資は「元本保証」であると雑誌等で明言し、広告塔として被害を拡大させてきた民主党の海江田万里代表に対する損害賠償請求を提訴し、今月25日に第1回の公判があるようです。

また、消費者庁の創設時に農水省から引き継ぎがあったにも関わらず、消費者庁の不作為により同牧場の杜撰な経営体制に対する指導が放置された結果、被害が拡大したこともあり、被害者弁護団による国家賠償請求も予定されているようです。

柴山先生に代わって消費者問題調査会傘下の安愚楽牧場事件検討委員会座長となられた牧原ひでき先生にもお願いいたしましたが、船田先生におかれては自民党消費者問題調査会長として同牧場被害者の救済についてどうぞお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

○○○○

★--------------------★
【安倍晋三公式サイト】

自動送信ですが、安倍総理の事務所から意見受付のメッセージが来ましたので、陳情内容の報告も兼ねてお送りします。

○○○○ 様

安倍晋三事務所へご意見・ご感想をお送りいただきありがとうございます。
当メールは、確認のために送信内容を自動で転送しています。

----------------------
【お問合せ内容】
私は、一昨年8月に福島第一原発事故による風評被害による牛肉価格の低下を理由として経営破綻した安愚楽牧場に関連して多大な金銭的被害を被った者です。

内閣総理大臣及び自民党総裁のお立場にもあり既にご明察かと思いますが、同牧場の破綻の原因は、同牧場が主張するような理由ではありません。

消費者庁が平成23年11月に景品表示法に基づく措置命令を出していますが、同牧場は遅くとも平成19年3月頃以降については預託者に対する説明の6割程度しか繁殖牛を保有していなかったことが明らかになっており、新規の預託を既存の契約への配当に回す自転車操業であったことも、わかってきています。

つまり、福島第一原発事故を利用した「計画倒産」であり、虚偽の説明をもとに集金を行っていた「詐欺」だということです。しかし、被害者数7万3,000人、被害金額4,300億円(豊田商事は約2,000億円)という我が国の歴史上、過去最大規模の事件であるにもかかわらず、民主党政権時代には不思議なことに本来動くべき検察・警察も動かず、マスコミもこの事件をほとんど報道せずに、今日に至っています。この間も、総務副大臣となられた自民党の柴山昌彦先生や上野みちこ先生は同牧場の破綻について国会等でいろいろ追求してくださっていました。

それもあって政権交代後、同牧場に関して被害者寄りの報道も増えてきたように思います。

先日、被害者の代表30名が、同牧場への投資は「元本保証」であると雑誌等で明言し、広告塔として被害を拡大させてきた民主党の海江田万里代表に対する損害賠償請求を提訴し、今月25日に第1回の公判があるようです。

また、消費者庁の創設時に農水省から引き継ぎがあったにも関わらず、消費者庁の不作為により同牧場の杜撰な経営体制に対する指導が放置された結果、被害が拡大したこともあり、被害者弁護団による国家賠償請求も予定されているようです。

森まさこ消費者政策担当大臣、自民党消費者問題調査会会長の船田元先生、同調査会傘下の安愚楽牧場事件検討委員会座長の牧原ひでき先生にもお願いさせていただいておりますが、安倍総理におかれては我が国のリーダーとして同牧場被害者の救済についてどうぞ強いお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

【お名前】 : ○○○○
【年齢】 : XX
【性別】 : 男 (1)
【電話番号】: 0X0-XXXX-XXXX
【E-Mail】 : xxxxxxx@xxxxxxxx.ne.jp
【住所】 : 東京都



お願いしますだお代官様~

まさか、安愚楽とグル、の先生ばかりってことは、ないよね?w

事件解明へのお力添えを何卒よろしくお願い申し上げます

ついでにいうと、原発前から、安愚楽肉の品質は、和牛界では、標準以下の低レベルでした

繁殖肥育一貫を謳っていながらたくさんの子牛も市場購入しており、低レベル肉と合わせて考えると同社畜産で利益が出る体質ではありませんでした

証拠もありますw

安愚楽が持ってますw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

move2600

Author:move2600
ここは、本人の個人的な備忘録です なお、本人は(同社が深く関わったと推察される)宮崎口蹄疫の一被害者です なお、2ちゃんには一切カキコしておりません 風評はご遠慮願います 同社による工作員の来場もご遠慮願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク