FC2ブログ

枝野官房長官の当時の認識「東京でも避難が必要になるおそれがあると思った」



■“東京でも避難必要”の危機感も
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120227/k10013322662000.html
2月27日 19時1分

 東京電力福島第一原子力発電所の事故の検証を進めてきた民間の事故調査委員会が、28日、報告書を公表します。この中では、政府内部で事故直後から被害拡大への危機感が強まり、当時の枝野官房長官も「東京でも避難が必要になる『悪魔の連鎖』が起きるおそれがあると思った。そうならないよう押さえ込まなければいけないと考えていた」と心境を明かしていることが分かりました。
 エネルギー問題の専門家や元検事総長ら6人の有識者が委員を務め、国から独立した立場で原発事故の調査を進めていた民間事故調=「福島原発事故独立検証委員会」は、去年の9月から半年間にわたって日米の政府関係者らおよそ300人に聞き取りなどを行ってきました。
 28日に公表される報告書によりますと、事故の3日後の去年3月14日には、福島第一原発の当時の吉田昌郎所長から「炉心の溶融が進み、燃料が溶け落ちる可能性が高まった」との情報が当時の細野総理大臣補佐官に伝えられ、官邸や専門家の間に強い危機感が広がったということです。
 福島第一原発では、3月14日から15日にかけて2号機の核燃料が冷却水から露出して破損し、圧力抑制室から大量の放射性物質が外部に放出されたとみられています。
 当時、官房長官として政府のスポークスマンを務めた枝野経済産業大臣は、このころを振り返り「核燃料が露出する状態が続けば、多くの放射性物質が漏れて作業員が立ち入れなくなる。近くの福島第二原発など、ほかの原発にも影響が広がって最終的には東京でも避難が必要になるという『悪魔の連鎖』が起きるおそれがあると思った。そうならないよう事故を押さえ込まなければいけないと考えていた」と心境を明かしていることが分かりました。
そのうえで、「こうしたシナリオは官邸で共有されていた」と述べているということです。
 官邸が描いていた最悪のシナリオが当時、表に出ることはありませんでした。
 政府の情報発信について民間事故調は報告書の中で、「迅速な情報開示と、正確性の確保という2つの要請のせめぎ合いの中で試行錯誤していた様子がうかがえる」と分析し、今後、議論を進める必要があると指摘しています。
▽ SPEEDI“存在も知らず” (2月28日)


ま、当時から、官邸も原子炉のいずれも、そういう状況だろう、と思ったよ 

1年後の今になってようやくそういう事情が明らかになり始めました

時間がかかるかもしれないけど、うやむやに、しないでほしいよ

あのアングラの件にしても

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ようするに、弁護団に加入していない大半の被害者としては、

・動かなくていい

・しかし、忍耐強く、種々の情報に注視する

がポイント、の勝負です

なにかおかしい、と感じることがあれば、

ケーサツ、行政、被害者弁護団(加入して無くても通報は可)

に通報したらいい

No title

連中は、「フタを開ければなんじゃこれ?」作戦を展開しますので、被害者なら、「忍耐強く注視する」、だけでも、有効ですよ

でも、その忍耐が、持つかな? 被害者って、あきっぽそうだわねw

ま、そういう、戦い

No title

被害者の会などをつくっても、自称被害者というスパイ、など誰でも入れてしまう危険がある、、と思います。

スパイは、

・被害者の会員名簿の入手

・被害者の動きの把握

などの目的で入ってきます。

被害者弁護団に入らないならば、

・個々人で弁護士を雇って個別にアグラ側と交渉する

・警察や行政などに個別に訴える

・ネットで匿名で個別に主張を行う

あたり、、でしょうか、、

強大なパワーの前には無力を感じますが、やらないよりははるかにマシだと思います。

No title

どう動けばいいのか皆目見当がつきません。一部のお金持ちを除いて、ほとんどの被害者はわけがわからず、どうしていいのかもわからず、あきらめて生きていくことに必死なのでは。もっと情報がほしい。この力はどこからかかっているのか。力だけは感じることができる。捨て石になればマスコミや警察が動くのか。時間もお金もない。必死で働くのみの今、でもなんとか真実を知りたい。そのために私に何ができるのか。弁護団にも入れない被害者の小さな力を集める方法が知りたい。
プロフィール

move2600

Author:move2600
ここは、本人の個人的な備忘録です なお、本人は(同社が深く関わったと推察される)宮崎口蹄疫の一被害者です なお、2ちゃんには一切カキコしておりません 風評はご遠慮願います 同社による工作員の来場もご遠慮願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク