FC2ブログ

安愚楽牧場・民事再生に重大な疑義(ネットIBニュース2011年9月8日)



■安愚楽牧場・民事再生に重大な疑義(ネットIBニュース20110908)
http://www.data-max.co.jp/2011/09/08/_dm1831.html
倒産を追う
2011年9月 8日 09:12
 6日、(株)安愚楽牧場(本社:栃木県那須町、三ヶ尻久美子代表)は、東京地裁から民事再生手続きの開始決定を受けた。しかしながら、債権者説明会における同社の決算に関する説明には、ある『疑義』が生じている。同社は、会社法による大会社に該当し、負債総額4,330億円、7万3,000人超の債権者(出資オーナー)の破綻は、社会に与える影響が大きいことからも、同社の民事再生法適用には十分な注意が必要である。

 ある『疑義』とは、同社が会社法で義務付けられている『会計監査法人(公認会計士)の監査』を受けていたかどうかが不明なことである。債権者説明会において同社は、11年3月期決算について「税理士のチェックを経た」と説明しているが、なぜ税理士が登場するのか理解できない。今回の問題は、税法ではなく会社法に照らして適正であったかどうかが問われるからだ。

 8月の民事再生法適用申請時に発表された負債総額は約4,330億円。その約4カ月前の11年3月期の負債総額619億円から、これほど乖離(かいり)した例は、今までお目にかかったことがない。誰もが、これまでの決算は何だったのかと不審に思うであろう。
 同社は、「オーナーからの牛の買戻し資金を債務認識したための増加」としているが、総資産655億円の企業としては、単純計算で3,600億円余の債務超過になる。
 また、同社は、実態が出資預託取引ながら、形式的に商品売買方式の会計処理を行なってきた。なぜ、実態に即した会計処理ではないのか、売買方式によらなければならなかったワケも明らかにされていない。

 会社法の要求する主たる注意事項では、「決算日以降の後発現象」(今回のケースでいう東日本大震災の発生とそれにともなう福島第一原発事故)、簿外となっている「偶発債務」(代表的なものとして保証債務)、そして「継続企業の前提事項」などがある。

 わずか4カ月後に膨大に増えた負債金額を正規の決算で債務認識できなかったとしても、注記事項として出資オーナー(債権者)へ開示すべきだったのではないだろうか。そのうえ会計監査法人(公認会計士)による監査を受けていないとなれば、明らかな会社法違反となる。そもそも安愚楽牧場が、民事再生法の適用を受ける資格があるのだろうか――。


2011年9月8日のネットIBニュース。話題になってるのでもう一度貼り付けます。要約貸借対照表もあります。

記事が出た当時のカキコ
http://move2600.blog96.fc2.com/blog-entry-1714.html

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この 2011.09.08 の記事の後の対照表の サラにまた下方の 履歴も見てね!  (アングラ関係の記事 数件あり)


アングラ事件の 過去・未来 ?

記事のアングラの説明会の言質からは ホテルの売却・換金せよ騒ぎが納得。 その他、被害回復のアレ・コレも参考になりました。

No title

そう ココ ココ これです!


何と!今回、当時のカキコがある事を知りましたが、それも無事に発掘して見ることができました。



    ** いろいろ感謝いたします **

プロフィール

move2600

Author:move2600
ここは、本人の個人的な備忘録です なお、本人は(同社が深く関わったと推察される)宮崎口蹄疫の一被害者です なお、2ちゃんには一切カキコしておりません 風評はご遠慮願います 同社による工作員の来場もご遠慮願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク