FC2ブログ

末期チャリンカー

略して 抹茶


※注※ ここ、やたら、長いです。読みたい人だけ読んでね。読んだあとで、「なげ~よ」とか言われても責任は持てません。


アンチwの批判? アンチって誰よ? いわゆるアンチだけじゃないと思うぞ。ようするに、同社が情報公開すれば済むだけの話。いつ情報公開するのよ?w いろいろ餌代や給料や滞納金などきちんと支払いしてやれよw HPでの遅延アナウンスはまだかよ?w ま、情報公開する前に破綻しそうだね。この会社による有象無象の被害は畜産農家にとどまるどころじゃない。そもそも、毎年500億以上投資してくれてる投資家全員が、まず第一の被害者だよ。昨年集めた750億が、なんと、もうすでに、手持ち現金ゼロ、低価値のクズ肉、という変わり果てた姿に変化してしまってるんだからさ。どんだけ金遣い荒いのよw その750億だって名目上は投資家から預かった金だろ?w 将来どうやって返済するつもりなんだよw どうもやつらは、投資家からの投資金は自由に使えて返済しなくていい丸儲けのお金だと思ってるぞw


実際、契約書にはそう書いてあるしw 投資するのは投資家の勝手w 利益がもし出たらそこから利益金支払い・雌牛買戻ししますとだけ書いてあるw 元本保証するものではありませんとも書いてあるw 利益が出なければ同社にはそもそも買取(支払い)する法的義務なんて一切ないんだよw あ、解約だけはたぶん別だわ。解約は法的な取引契約(というか、契約破棄についての契約)だから、解約した人に対しては支払い義務が(たぶん)生じるわな(厳密にはご自身でご確認願います)。おいおい、なんと解約した人だけが勝ち組かよw 満期金も利益金も、同社がなんらかの利益(っても、カモ新規カモカモカモーンするくらいだおw)出さない限り同社には支払う義務なんてまったくないんだよw ま、騙されたよな投資家さんたちw 大笑いだなw 仕方がないからみんなで大笑いしようよw いやいや、よく考えてくれ。騙されたんじゃないよ。「まったく契約書どおり」なんだから。これはもう、やっぱり、、、大笑いするしかないよな?w


それから、信者や社員は、投資家の味方のふりをするものいいかげんにしたら? 投資家を一番食い物にしてるのはあんたらなんだからさw ま、信者や社員ってのは、そういうことがわからない幸せな人たちなんだろう。いつまでもいつまでも信者や社員でいたらいいと思うよ。最後は教祖様と一緒に集団○○するつもりかもしれないけど、どっこい、教祖様たちは一足先にお逃げになると思うぞw 墓の下に隠したホーセキと一緒に。だから、信者や社員も被害者なんだけど、うっとうしいことこの上なし。こんな教祖様を選んだ自分の浅はかさを自分で笑うしかない。自分一人で大笑いしてろ。ま、もし同社社員や信者が、同社の利益のために、多くの投資家をプラスの風評工作で騙しに騙したことが明らかになれば、同社経営陣とその社員にはその責任をきっちりととってもらおうよなw


ところで、財産を隠すためにすべて宝石などにして、先祖の墓の骨壷に隠しておくってのはあり? たとえ司法といえども骨壷を暴いてはならぬぞ。そんなことは神をも仏をも恐れぬ罰当たりな行為じゃ。ゆめゆめ骨壷を暴いてはならぬ。


ところで以下の指摘。鋭い。この指摘は、同社が今の惨めな状況に至る過程を物語る上で、重要なポイントになるだろうと思ってる。



232 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/07/27(水) 22:47:16.49
ハナから高級牛は狙わず、
オージーと和牛の中間くらいの質を、
オージーよりも安いコスト(狭い土地、安い人件費、劣悪な環境、設備投資等)で、
ガンガン生産する、という戦略では上手くやっていけないの?
オージーにも需要があるように、中間肉にも需要はあるだろうと思うんだけど。
既に、あ○○は、そういったニッチを狙ってやっているという話は無いの?



うん、最初はこれを狙ってたんだと思う。2000年ごろくらいまでかな、、でも、結局、和牛中間肉の需要が思ったほどではなかった、ってところじゃないかな。もっというと、この方策で成功するような中間肉の大量生産に失敗し、さらにその結果、とんでもない事態を自ら招いてしまった、ってところが本当のところじゃないかな。

上記の方策で、オージー並みの安い飼育費にすると、おそらく不味いクズ和牛肉しか生産できないと思う。でも、クズ和牛w肉といえども、一応、名目上は和牛w(実は、もどき、であるが、とりあえずここではその点は論議しない)だから小売はオージーやF1(ホルスタインとの交雑牛)よりも高く販売したがるし客も一応より高く買ってくれる。でも、オージーやF1よりも高い値段の癖に、結局クズ肉なのであまりおいしくない。で、結局、購買層が離れていったんだと思う。

ここは今でも相変わらず、そういうクズ肉をガンガン生産してるよ(死産・死亡・病気も多く、そういう環境ではよけいクズ肉になる)。なので、どんどん、購買層は離れていってるのが現状だと思う。和牛って思ったほどおいしくないよね、って感じになってきてる。これは、この、クズ肉大量生産大規模会社のせい。結局、自分で首を絞めてしまっている模様。ようするに、クズ和牛肉には市場のニーズがなかったってこと。ある程度霜降りが入らないと、和牛っていうだけでは消費者は喜んで買ってくれないみたい。この点が、この会社が意図した低コスト大量生産戦略の最大の誤算だったと思う。

でも、大規模化しているため容易に軌道修正できず、クズ牛の有効利用法を模索するうちに、いまのファンドまがいに過度に依存するようになってしまった、っぽい。ところが、怪我の功名で、こちらのファンドのほうがはるかに儲かることに気がついた経営陣は、完全にこちらの路線に切り替えて全力疾走して今に至る模様。ネット社会の到来もあって容易に口コミやHP、掲示板などで自社宣伝を展開することができ、見かけ上は投資成功モデルを形成することが出来た、ってところか。ま、大量のクズ肉を最終的に黒毛価格で消費させられるハメになった消費者にとっては極めて迷惑な話なんだけどさ。もちろん消費者には、買わない、という選択肢で防御する方策があるけど、一見高級感を煽って実はクズな自社製品をこっそり買わせてる会社があるからややこしい。とくに事前に商品を見ることが出来ないネット販売やレストランなどで顕著。これらのことによって、消費者離れはさらに加速してる。

大量に市場に溢れた大量のクズ和牛肉のおかげで、クズ和牛肉の価格がものすごく低下して、ほとんどF1並あるいはそれ以下になってしまった。同社の登場以前なら、クズ和牛肉価格もそこまで安く買いたたかれることはなかったので、たとえたまたま肥育に失敗してクズ肉生産してしまったとしても次年度以降に再起するチャンスが肥育農家にもあった。けど、ここまでクズ和牛肉価格が低下してしまうと、どんなに優れた肥育農家でも、一度肥育に失敗すると、ただちに肥育農家廃業を招きかねない事態になってしまった。この会社の登場によって、肥育失敗した他の農家の再起のチャンスが大きく奪われたってことに、結果的になっていると思う。そういう、立ち行かなくなった農家を積極的に傘下に組み込んで、いまの同社の預託システムが出来上がった。同社の投資システムを運営するには見かけ上の牛がとりあえず大量に必要だからね。牛は存在しさえすればいいし、クズ肉でもかまわない。しかも、むしろクズ肉のほうがそういう倒産農家をより増やせることにも気がついたっぽい。つまり、戦略的に見ると、自社の利益のために、そういうたちゆかなる農家がどんどん増えるように同社が采配を振るってきた(意図的にクズ肉大量生産してきた)可能性も垣間見える。

2003年ごろから高級感を同社が意識しはじめたと思う。2ちゃんにも指摘があったけど、きっとそのほうが、投資家へのウケがいいことを悟ったからだろう。でも、そんなにいきなり高級肉を生産できるはずがない。で、相変わらず大量のクズ肉と、たまたまうまく肥育できたごく一部の高級肉と、が生産されてる。宣伝には、その一部の高級肉が大活躍ってところだろう。同社にとってのVIPにも優先的にその肉が回されてる模様。VIP用の高級肉生産が足りなくて、なんと、どこかから購入してるといううわさもあり。アノ有名なお爺ちゃんが「他の教授たちにうちの肉はうまいと言ってもらっている」などとのたまってるのはこの手の肉。あ、さすがに「うちw」とまでは言ってなかったっけ。ちなみにここ、そういう、社員紹介VIP客とそうでない客とで出すものを分けてたみたい。上記のように、高級肉は極少量生産しかできないから社内でも貴重品。一方、大量のクズ肉をどうさばくかが社内で大きな課題となってると思われる。で、普段はクズ肉をなるべくさばき、VIPなどが来たときだけ、とくべつに、値段以上の高級肉を出すことでイメージアップを狙ってる模様。

通販やレストランなどで、「客を紹介した社員にはボーナスが入るからお願いします」という名目で、社員名を書く欄があるでしょ。同じ値段の商品セット名でも、たとえば、社員名書いてない申込書なら梅、並社員の名前が欠いてあれば竹、重要社員の名前が書いてあれば松、みたいに、商品品質を変えて客に提供していた模様。重要社員によるVIP客には同じ値段でもひとつ上のよいグレード(でも、実はこれが普通の黒毛市場平均並程度だと思うんですけど)、そうでない客には並以下のクズグレード、ってふうに。おれっちは両方経験あるから違いがわかるよ。ここは並以下のクズ肉が大量に在庫としてあるから、社員名なし申込書で申し込んだ客には、そういうクズ肉をせっせと割り当ててるみたい。ある時、面倒だったから、社員名欄を無記名にして申し込んだら、届いた商品がどう見ても商品内容と値段がちぐはぐなんだよね。「高級和牛肉を低価格で」なんてとんでもない。かなりの割高感。家族にも、この内容・品質では値段が高すぎると散々だった。社員名入り(おそらく松クラスの)で申し込んだときは、商品についてのそういう違和感を感じることはなかったから、同社がこの社員名システムを積極的に導入してることを確信してる。

クズ和牛肉って不味いんだよ。安いホルスタインのほうがずっとおいしい。なのでこの某クラブからはもう和牛肉なんて二度と買わないわって気にさせられた。今の日本人の和牛肉離れをもたらしてるのはこの会社の大量のクズ肉の存在が大きいのでは、と思ってしまう。とくに、全国規模で全国にクズ肉を届ける能力があるから、よけいに困る。しかも、社会的に発言力ある人や有力投資家などに対しては、逆に比較的良質の肉が届けられるから、大量クズ肉の処分実態があまり知られてない。一方、同社とのコネのない一般消費者は、一般的な黒毛和牛標準価格よりも割高の価格で、こういうクズ和牛肉を知らずに買わされてることになる。ネット販売では現物を見て買うことが出来ないから、いくらでも販売側が品質の調整工作できる。そして、美食家でなくとも、値段と味を比較し「思ったほどはおいしくなかったね」程度なら誰でも判別できる能力がある。そうやって、少しずつ、客が離れていく。でも、和牛肉は本当はおいしいんですよ。もし本当の和牛肉の味を知らないなら、昔ながらの地方の名産銘柄牛を食べてみることをオススメします。同じ値段でも、ずっとおいしいはず。あるいは、あのお爺ちゃんクラスの超重要社員名を商品申込書に書き込むことw



とりあえず今はここまで。
2ちゃんでちょくせつ返事できなくてごめんなさい。
あ、あと、こことじゅんちゃんとの裁判はまだ続いているらしい。どんだけ時間稼ぎしてるのよw 同社は和解のタイミングを完全に失した模様。じゅんちゃんがんばれ。やっぱりあんたが正しかった。同社の無数の疑惑を徹底的に白日の下にさらしてやってほしい。上記のように、和牛肉消費者にとっても大迷惑なのよここ。投資家は第一の被害者だし、畜産業界にも多大な迷惑かけてる。病気は多いし。日本で売れない大量のクズ肉を中国に輸出する気まんまんらしいけど、そんな、恥ずかしいことしないでよw 日本を信じて購入したらなんとクズを高値で売りつけおったって、あとあと国際紛争の火種になるぞw なんとも社会迷惑な企業だよ。政治家の人ももう少しこういう視点を持ってよね。こういうのを放置している政治家の責任は極めて重いと思うぞ。この会社およびつるんだ政治家が、わが国の国益を大きく損ねたといずれ国民に判断評価されるぞ。もっとも、政治家もVIP用極上肉しか届けられないから、大量クズ肉生産の実態を知らないんだろう。「ここの肉はうまいw」ってのたまってるくらいだから。で、まとめると、ウハウハなのは同社経営者のみというとんでもない状況。


この7月、8月、9月、10月に満期を迎える人は勝ち組候補。絶対に継続しないほうがいい。(ま、継続してもいいけどw お任せしまっスw)。解約して10%手数料減額されることなく、ただちに元金100%返済してもらえる権利(※ただし以下注参照)を持つラッキーな人たちです。まだかろうじてw会社が存続しているこの時期に満期を迎えられた実に実にラッキーな皆さんが、元金をただちに100%返してもらえることを祈ってます。もう、「そのとき」が、近い。なにをどう考えても。せっかく満期間近まできて勝ち組候補リストの最上位にいるのに、今継続したりしたら、また負け組候補リストのびりっけつポジションに逆戻りするよw あなたが継続してあげた分は、ただちに、他の勝ち組の人の満了金となって支払われるんだから。もちろん、会社側は自社の存亡をかけて必死で全力で全員に継続を募ってくる。「自社の存続こそが投資家の皆さんの投資金満額返済を守ります」なんて言うだろうけど、これ、満額返済間近の「あなた」のことじゃないからw 同社は同社に利益をもたらす「投資家の皆さん」全体のことは思案しているかもしれないが個々の「あなた」のことは何も考えてないよ。もし満額返済間近のあなたのためを同社が思ってるなら、そのあなたに継続を勧めるなんてあろうはずがないよな。この意味わかる? それに、この会社には、今はもちろんのこと将来にわたって、常に、投資家全員分の現金はないんだよw ここ重要w 投資家ならいずれ自分の投資金の満了返済を希望してるんだろ? なら抜けられるチャンスがあれば抜けるのが吉。来年以降まで同社に付き合ってあげたとしても、そのときに同社が存在してるかどうかすら、もう、だれにもわからない状態なんだから。せっかく天があなたに与えてくれた、千載一遇の、目の前の確実な満了金返済チャンスを、しっかりと握り締めるほうがいいと思う。

(※よく考えたら投資家にはその権利すらないんだったw 満了金支払う法的義務自体がこの会社にはないからさ。「契約書に記載の通り、元本保証するものではありませんw そこんとこヨ・ロ・シ・ク(はあと)」w 払うも払わないもこの会社の一存で自由に決められる。なんだ、投資家って自分の大事な投資金を人質に取られてるくせにその犯人本人からわずかなおこぼれもらって喜んでるようなものだったんだw こんなヤツに自分の虎の子預けた時点でもう自業自得だわw 預ける前に見抜けよw ま、「ただちに解約」が、10%手数料取られるけど、いちばん確実に返金される可能性が高い自衛方策と思われる。でも、その場合、返金は早くて4ヵ月後になるねw もう、そのときまで、会社あるのかな?w ま、みんなで大笑いしてチャンチャンするのが最良の方法みたいだなw)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

move2600

Author:move2600
ここは、本人の個人的な備忘録です なお、本人は(同社が深く関わったと推察される)宮崎口蹄疫の一被害者です なお、2ちゃんには一切カキコしておりません 風評はご遠慮願います 同社による工作員の来場もご遠慮願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク