FC2ブログ

山田前農相が新著で「口蹄疫初発農場に疑問」



■792 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/07/06(水) 05:34:00.01
口蹄疫初発農場に疑問 山田前農相 新著で提起

山田正彦前農相の新著『口蹄疫レクイエム 遠い夜明け』が話題を呼んでいる。昨年4月に宮崎県で発生
した口蹄疫の封じ込めを指揮した経験から、当時の東国原知事との緊迫したやりとりや家畜を殺処分した
獣医師の思いなどを描いたものだ。
同書で特に波紋を広げているのが、6例目として確認した水牛農家を「ウイルスに感染した最初の農家」
だとする国の疫学調査チームの報告書に疑問を呈している点だ。国の調査では、7例目の企業経営の大規
模経営農場は、水牛農家より10日ほどウイルスの侵入が遅いことになっている。
山田氏は、企業経営の大規模経営農場から採取した検体は、感染の有無を調べるため「まだよだれを流し
ている牛」から取ったと指摘。もし、口蹄疫の症状が治まり水泡(すいほう)の跡などが瘡蓋(かさぶた)
になっている、先に感染したと思われる牛から検体を取って調べていれば、「水牛農家よりも先に発生し
ていたということも考えられる」と提起した。
これに対し農水省幹部は「国の現地対策本部長として陣頭指揮に当たった思い入れとバイタリティーのた
まものではまいか」とする一方、「国としては(手持ちの)検体を元に科学的な分析で調査結果を出すし
かない」と述べ、冷静に受け止める。
ただ、ウイルスの侵入経路を特定するため改善点として、口蹄疫が治った後の家畜からも検体を取ること
を検討するという。

日本農業新聞 2011年6月30日付


 うん まったく疑問です 噂のあのダイキーボな牧場には3月始め頃から当該の黒い噂があったもん しかも、その自社内での4月の口蹄疫大蔓延を公に認めたのが次の年の1月頃w なんなんここ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

move2600

Author:move2600
ここは、本人の個人的な備忘録です なお、本人は(同社が深く関わったと推察される)宮崎口蹄疫の一被害者です なお、2ちゃんには一切カキコしておりません 風評はご遠慮願います 同社による工作員の来場もご遠慮願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク