[安愚楽詐欺]あぐら事件第一部「債権者への弁済」編 まとめ



質疑応答

事前に管財人あてに質問状を送っているが、まとめて回答してもらえないのか?
3通の質問状が来ているが、質問いただいた件は今までに説明済。
・過去2~30年間の収支は?
20年間の収支-76 億円の赤字。ビジネスモデル自体が成立ち難い。
【収入】 3666 億円
【支出】
 債権者配当 1952 億円
 畜産部赤字補填 1062 億円
 子会社への貸付金 211 億円
 設備投資 190 億円
 広告宣伝 107 億円
 人件費(役員報酬11億円) 69 億円
 手数料 24 億円
 税金 42 億円
 
・元社長の隠し財産は?
元社長・役員は破産事件となり、各々管財人が調査し、安愚楽牧場に配当金が入った。財産の追求は完了している。

・関連会社への出資分の回収は?
関連会社も事業としては破綻。破産の申立をしたものについては、安愚楽牧場に配当金が入った。

資金繰りのための事業継続の犯罪性については、管財人が答えることではない。
管財人が持っている資料(ダンボール箱500箱)は責任をもって管理し、必要であれば協力する。

・管財人報酬 8億円高すぎないか?
破産法87条に基づき裁判所が、職務と責任にふさわしい額を定める。
本件で考慮したのは

1 管財人が収集した破産財団243億円。
【内訳】
 牛・牧場の買取代金 ? 聞き取れなかった
 補填金 12億5600万円
 税金の還付金 172億8500万円
 不動産の売却 2億6000万円
 東電の和解金 24億3500万円

2 牛・牧場の売却を早期に行った。
破産時の保有牛13万3千頭(内オーナー牛11万頭)
月額餌代 1万5千円/1頭 総額10億円/月
肥育牛-月齢に達したものは出荷。しかし、屠殺場の許容量により一度に出荷は不可能。
オーナー契約牛は繁殖牛のため市場での売却困難。
早期に処分できなければ、餌代10億円/月が管理コストとして積み上がる。
処分できなければ牛が餓死し価値がゼロになる上、多額の処分費用が発生する。
管財人は、迅速な対応でこれらを回避し、財団の保全を図った。

3 税金の還付金
公認会計士により還付の申告を国税に提出し、国税からは多数の帳票の提出を求められた。
公認会計士・税務を専門とする弁護士からも「この請求は難しい」と判断されたが、管財人が粘り強く交渉、被害者救済の必要性を強調し説得、国税から超法規的対応として173億円の還付を得た。これがなければ配当率は僅かなものになった。

4 東電からの和解金
JAの基準に則り管財人が請求したが、東電は「安愚楽牧場の牛は価値が低い」と減額を主張。
管財人が粘り強く反論、東電の主張金額を大幅に上回る和解金を得た。

5 債権者の対応
本件は大規模事案(債権者約7万人)。債権者への対応(債権調査・配当手続き)も膨大。

6 迅速な手続き
再生の申立てから約2年、保全管理命令からは約1年9ヶ月で換金業務を終了し配当手続きに移った。

債権者に代わり財産を調査し換価を行い配当を行うコストとして、債権者に配当額の3%(管財人の報酬: 収集した破産財団243億円の約3%)の負担をいただいた。
ちなみに前回の債権者集会にて報酬決定の告知を行い、一週間の即時抗告(決定を不服として異議を 申し立てる)期間の経過によりこの決定が確定。

・管財人は、報酬8億円に見合った仕事をしたと思っているのか?
自分の評価を下すことは難しい。裁判所から評価いただいたと理解している。

紀藤弁護士
管財人の努力に感謝。管財人が得られた証拠は、裁判(役員訴訟・国賠訴訟・海江田氏・消費者庁)など継続されるので、保管していただきたい。裁判その他についても管財人にご協力いただきたい。今回の報酬は、そういう未来のことも考慮した上で裁判所が決定したと弁護団では理解している。

・民事再生から破産の段階での資産流失は管財人の責任では?
まったく違う。安愚楽牧場自体、資金繰りが立ちいかなくなり民事再生に至った。この段階で、すでにお金がほとんどなかった。管理命令後、帳簿・資金を確認したところ、牛の餌代だけでも半月持ない状況だった。不眠不休で調査し、資金流失を止めるのが最大になった。管財人が関与してからの資金流失は事実誤認。

民事再生申立代理人(柳澤氏)の説明
7月末の段階で全容は掴めていなかったが、非常に逼迫した状況だった。努力したが、到底運営コスト(主に餌代)に耐えられないので、管財人に引き継いだ。管財人は、極めてスピーディーに処分された。遅れていれば、さらに悲惨な自体になっただろう。

・確定申告-損金として申告可能?
税務署に損金として申告できるか確認したが「安愚楽牧場は詐欺事件なので該当しない」とのこと。ホームページの破産手続終結決定証明書を印刷して税務署へ持っていけば損金として申告可能?
税務署の判断について、管財人が意見を言う立場にない。本件は、破産・預託法違反事件で、現在詐欺事件ではない。個別に税務署と折衝をしていただくことが肝要。
各税務署の担当官により取り扱いが違ってくる?
税務に関しては素人なので、責任をもった回答はしづらい。
それぞれの住所地にて折衝を行い、中央部署に情報が伝われば、税務当局として統一見解で、しかるべき措置を取るのではないか。

・牛の売却先他
比較的大きな売却先としてYS商事があるが、YS商事一社にすべてを売却した訳ではない。預託農家による飼育も多数あり、預託料を支払わないと牛を離さないことも多数(特に東北・北海道)。資金繰りが苦しくなり、餌を十分に食べさせなかったため、牛(特に受胎した母牛)が弱った。弁護士(北海道・九州 各2名)を派遣し折衝、預託料を払って牛を移動→処分出来た。

・税金の還付金の根拠
一括すると4400億円の売上があり、5%の消費税 200億円。
決算年度により、第一次 174億円・第二次 1億円あまり

・4300億円の負債がありながら民事再生を受けた裁判所の責任があると思うが、三ケ尻氏が虚偽の民事再生を申し出たのか?
東京・大阪で債権者説明会が行われた時の債権者の反応や監督員の意見を踏まえてのもの。

・収支計算書 支出の部25 和解金523万円
最初の債権届出時、安愚楽牧場が債権届出の受付をした関係で、実際の配当手続きにより郵便事故があることが判明。債権調査の手続きが終了しているので、明らかに郵便事故であるとの根拠のある場合に、和解という形で配当額支払い保護した。

・三ケ尻氏の裁判で、三ケ尻氏の娘自身が和牛のオーナーだったが、破綻した時点でオーナーだったのか覚えていないと証言。破綻の直前に親族がオーナーの解約をしていたとすれば、破産手続において返還請求の対象になるのではないか?
親族に不自然に流れたお金についてどのような調査をしたのか?
民事再生の説明会(神戸・国技館)でも声が出ていたので調査を行ったが、特定の方に事前解約した事実は認められなかった。

・管理命令の発令は11月。なぜ11月なのか?
・8月から11月までの期間を裁判長は、どう考えているのか?
民事再生開始申立時点で、会社の資金 11億。
管理命令が出るまでの3ヶ月間、安愚楽牧場は、肥育牛を中心に出荷をし資金を調達し、餌代を稼いでいた。餌代と預託農家への支払いで、約40億円。
収支は、収入52億円・支出60億円で、8億の資金が使われている。
管理命令を受けて管財業務をするようになった時点で、現金3億円しかなく、1週間しかもたない状態だった。
この間も民事再生の手続きが適正に行われているか調査をしていた。
餌代をつなぎながら、代理人が牛の売却手続きを進めてはいたが実行が果たせない状況で、危機的な資金難に陥っていたので、管財人に管理命令が発令された。

裁判所が重視したのは債権者の意向。
管理命令は数人の債権者が申立をしたが、その後、弁護団で委任状を集め、最終的には5千人を超える方が、管理命令の申立人となった。
これだけの債権者が、会社が主導する手続きに反対し、管理型の手続きの遂行を望んでいることを踏まえて管理命令の発令をした。

***三ケ尻氏***
みなさまに絶大なご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
本日は安愚楽牧場の最後の債権者集会になるかもしれないので、みなさまへの謝罪の気持ちを伝へたく出席。多大な損害を掛、社会的に騒がせたこと申し訳ありません。
繁殖母牛の頭数が不足していたのにも関わらず、公表せず契約に及んだこと申し訳ございません。その結果、大勢のみなさまにご迷惑をお掛けすることになり重ねてお詫び申し上げます。
 
・【収入】3666億円の使途について正しいのか? 正しいとすると債権者を騙していたのではないか?
 -正しい。畜産事業を行う上で先行投資が必要で、利益を生み出すまでに至っていなかった。刑事問題が有り、弁護士から発言を差し控えるように指示があるので答えられない。

・法廷で「一生をかけて償います」と発言されたが、どのようにして償っていただけるのか? -具体的には分からない。償うと言う気持ちでこれから生きて行く。

・保釈金一千万円は誰が支払ったのか?-子供達と親族

・今の生活は? -息子の所に居る。それ以外は答えられない。

・自宅家賃150万円を支払う親族の名前とどういう根拠から出しているのか?
 -体の具合が悪く、息子の所に居るという以外は申すことはございません。収入など息子のことは分かりません。

・牛の数が不足していたのは、消費者庁の調査ではH19年から。しかし、大石氏の調書ではH7.H8年から。安愚楽牧場の牛は一頭300万円~400万円でオーナーへ販売。牛がいなければ買って来ればよいのではないか。お金を受取っているのに仕入れてこず何年も「あなたの牛はいます」と言って騙しているのではなく何なのか。明確な意思ではないか?
 -刑事問題も控えているので差し引かえる。H8年以降、登録の問題やBSE・口蹄疫、原発と色々な事情が押し寄せ、その状況の中で繁殖母牛が不足した。不足分は年度で精算していく形をとっていたので倒産した時期でみると繁殖母牛が不足しているということは承知している。

・架空牛の実態もあったが、赤字の経営体質の牛がいないにもかかわらず契約を募集していた。高配当の嘘で資金集めをしていた実態は詐欺商法ではないか?  
-牛がまるっきりいないということではない。14万5千頭(最終年度)いたが繁殖母牛として生後6ヶ月以上の牛が不足していた。

2014-03-19(22:27) : nya URL : 編集

■No title
もう少し簡単に言うと

あぐらは、上手に宣伝などを駆使して、この7万人の被害者を、自分の味方に、つけてた、ってことね

なので、被害者弁護団は、この7万人にも利があるよ、ってことを示しながら、安愚楽と闘わなくちゃいけないはめに、なったわけ

2014-03-20(19:36) : 空欄さん URL : 編集

■No title
うん

敵の宣伝力が強いので、つまり敵の洗脳力が強いので、味方が敵に大量に取り込まれて、敵と味方が入り乱れてる状態が、ずっと続いてた

被害者弁護団がアグラを詐欺で起訴するまで続いてた

詐欺の起訴が却下されたのは、その洗脳力が、警察や検察にまで及んでいることの証

詐欺起訴は今のところ保留にされてるけど、多くの人が、アグラの詐欺の実態に気付く大きなきっかけになった

もう、騙されるのはやめにしよう

すでに明らかにされた客観的資料をもとにすれば、アグラは、昔から、詐欺でしょう

もうけも出ないくせに、元本保証紛いの宣伝を、長年長期間、破綻する直前まで、派手にぶちあげていたわけで


2014-03-20(19:45) : 空欄さん URL : 編集



情報ありがとうございました。

この、あぐら事件第一部「債権者への弁済」編、は、「7万人の債権者を無視するわけにはいかない」という被害者側の心理を利用した、あぐら陣営による時間稼ぎ戦略の一環だったと言えるかと思います。


安愚楽牧場民事再生案受理(安愚楽の思惑どおり。安愚楽は7万人の被害者に、民事再生こそが7万人の被害者のためになる、という大嘘をついており、騙された多くの被害者が、安愚楽の民事再生に賛成していた状況。)

-> 民事再生案却下(被害弁護団と委任被害者がおもに主張。しかし、7万人の被害者の中には民事再生継続を主張する人も多かった。つまり、この時点で、被害者間で異なる意見が噴出していた。被害者の中には安愚楽側自称被害者もいたはずでカオス状態。民事再生案却下となったことは被害者全体にとって真によいことなのだが、そのことを理解しない、あるいは不安に思う「委任していない被害者」への救済も、強く視野に入れる必要が生じた。)

-> 渡邉管財人へ交代(被害者弁護団の主張「第三者の管財人へ交代」によるもの。)

-> 7万人の被害者を含めた債権者処理(いまここ。かつ、終了。)


途中で渡邉管財人に交代したことで、交代しなかった場合に比べて、被害者にとって、債権者処理は、より客観的な、公正な内容になったものと推察されます。

今後、第二部とも言える、「安愚楽詐欺疑惑解明」においては、渡邉管財人の収集した資料は、そのまま、被害者側の資料となりえます。

安愚楽の詐欺疑惑を明らかにすることは渡邉管財人の業務ではありませんでしたので、それは、これまで、一切、行われておりません。それは、今後の、被害者と被害者弁護団側の業務となります。

日付2年ずらします。

追記20150621
日付さらに2年ずらします
プロフィール

move2600

Author:move2600
ここは、本人の個人的な備忘録です なお、本人は(同社が深く関わったと推察される)宮崎口蹄疫の一被害者です なお、2ちゃんには一切カキコしておりません 風評はご遠慮願います 同社による工作員の来場もご遠慮願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク