FC2ブログ

餌代月に20億円などと報道されていたが、餌代さえも売り上げてない詐欺の安愚楽牧場



■べぶろぐ11月30日分より

消費者庁のプレスリリース(http://www.caa.go.jp/representation/pdf/111130premiums_2.pdf)に安愚楽のオーナー募集のコース、頭数・売り上げ推移などの資料あり。
平成21年度に繁殖牛1頭当たり200万円だったのが、翌年には400万円になっている。
牛の値段が1年で倍になる時点で、オーナーは何の疑問も持たなかったのだろうか。

★黒毛和種牛の売り上げ
平成18年度・・・236.5億円
平成19年度・・・234.3億円
平成20年度・・・210.0億円
平成21年度・・・170.9億円
平成22年度・・・159.5億円

★食肉等売上
平成18年度・・・11.7億円
平成19年度・・・・8.2億円
平成20年度・・・・8.2億円
平成21年度・・・・9.9億円
平成22年度・・・24.0億円

餌代月に20億円などと報道されていたが、餌代さえも売り上げてない。


あらら~w ほんと!w

詐欺やんw

オーナーへの配当は子牛(牛部門)の売り上げから、だと安愚楽はずっと言ってたよね?

でも、牛部門って、餌代を考慮すると赤字なんですけど? どゆこと?

どゆこと??w

安愚楽被害者は今こそ警察に安愚楽への苦情を訴えるべし



各方面が動き始めました

消費者庁GJです

当然、警察も動くわね

てか、これで動かなければ、警察に批判が集中するわね

被害者は、みんな、今こそ、警察に安愚楽への苦情(被害届受理)を訴えるべし

2011-12-01(12:35) : move2600 URL : 編集


今こそ、数は力なり

被害者弁護団に加入した人もそうでない人も、安愚楽を訴えに、みんな警察へゴーだわ

繁殖牛、契約の6割以下 消費者庁が安愚楽牧場を行政処分(下野新聞12月1日)



■繁殖牛、契約の6割以下 消費者庁が安愚楽牧場を行政処分(下野新聞12月1日)
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20111130/669042
(12月1日 朝刊)

 破産手続きに移行予定の安愚楽牧場(那須塩原市埼玉)の和牛オーナー制度をめぐり、消費者庁は30日、実際に飼育していた繁殖牛が契約頭数の6割にも満たない時期があったことを明らかにした。消費者庁は同日、安愚楽牧場が遅くとも2007年以降、契約通りに繁殖牛がいると見せかけて、消費者に優良だと誤認させた景品表示法違反と認定、違反事実を公表するよう同牧場に命じた。同牧場を所管していた農林水産省や、消費者庁の監督責任も今後問われそうだ。
 安愚楽牧場のオーナー制度は、出資者に繁殖牛を購入してもらい、生まれた子牛を同牧場が買い取り配当を支払っていた。契約終了時には繁殖牛を買い戻した。契約期間や持ち分(1オーナーに対し1頭~10分の1頭)など異なるコースを設定していた。
 消費者庁によると、07年3月末時点で、全オーナーの持ち分であるはずの約9万2千頭に対し、実際に飼育されていた繁殖牛は約5万1千頭、約56%にすぎなかった。今年3月末時点でも約67%だったという。
 消費者庁の調査に対し安愚楽牧場側は「配当できていれば、繁殖牛の数が合わなくても問題ないと思っていた」と説明したという。
 会見した福嶋浩彦長官は「行政処分が即、被害者の救済につながるものではないが、今後の民事手続きの中でさらに実態が解明される一助になる」と話した。
 一方、全国安愚楽牧場被害対策弁護団の紀藤正樹弁護士は「詐欺の疑いがかなり濃厚になった。農水省の調査以降、行政が放置してきたから被害が巨額になった」などと監督官庁の調査の遅れを批判した。


消費者庁GJ さらなる実態解明をお願いいたします オーナー割り当て状況とか消えた4000億とか消えた4000億とか消えた4000億とか

安愚楽牧場、景表法違反で行政処分(NETIBニュース12月1日)



■安愚楽牧場、景表法違反で行政処分(NETIBニュース12月1日)
http://kenko.data-max.co.jp/2011/12/post_832_1201_dm1221_1.html
2011年12月 1日 14:43

 消費者庁はきのう(11月30日)、(株)安愚楽牧場(栃木県那須郡、代表取締役:三ケ尻久美子)に対し「黒毛和種牛売買・飼養委託契約」に基づく役務の取引にかかわる表示について、景品表示法違反として措置命令を下した。
 違反表示の対象となったのは、同社が2007年3月以降に『あるじゃん』や『週刊ダイヤモンド』『レタスクラブ』等の雑誌媒体に掲載した宣伝広告。同社では、「和牛委託オーナー制度」と名付けた子牛を出産させるためにオーナー勧誘する投資ビジネスを展開。広告ではオーナーになれば、繁殖牛の所有者になれる旨を表示していた。
 しかし実際は同社が飼養する繁殖牛の全頭数がオーナーの持分及び共有持分を合計した数値に比して少なかった(07年3月以降の比率は55.9~69.5%)。そのため同社は、繁殖牛を割り当てることができないオーナーに対し、繁殖牛ではない雌の子牛や雌の肥育牛などを割り当てていた。
 消費者庁では同社が出稿した宣伝広告について、一般消費者に対し実際のものよりも著しく優良であると示すものとし、景品表示法で定める「有料誤認」に抵触するとし、同社に対して、同法に違反するものであることを一般消費者に向け、周知徹底することを命令した。
 なお同社は「和牛委託オーナー制度」で約7万3,000人のオーナーと4,200億円の資金を集めたものの、今年8月に口蹄疫の流行や東日本大震災による原発事故の影響を理由に倒産。同月行われた債権者説明会では、大勢の債権者が参加。「繁殖牛が本当に7万3,000人のオーナーのものであるのか。そしてそれだけの数の牛が本当にいるのか」などとの疑問を持つオーナーや各関係者より、今回の景表法違反に関連する声もあり、詐欺行為ともとれる同社の事業姿勢に対し、厳しい指摘がなされている。


■安愚楽債権者説明会議事録全体分より(page4)
(1)「安愚楽牧場の基本情報」について(要旨)
・ 安愚楽牧場㈱(以下「安愚楽」といいます。)では,現在,約14万5000頭の牛を管理・飼育しています。そのうち,オーナーの方々から預かっている牛の頭数は約10万9000頭であって,私ども(栃木・柳澤法律事務所)が調査した限り,オーナーの方々の契約番号に対応して,必ずどこかにその牛が実在しており,実体のない架空契約ということはありません。
-----

うそだったわけだw プププ 「私ども」は、どんな調査したの?w プププ

2011-12-01(14:30) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸1回目(page3)
しかし,牧場を継続して,少しでも高くなる方に買ってもらうことで,オーナー様の配当を高くするということを追求するならば,民事再生が唯一の道だと思っています。破産という形をとって,すぐに11万頭弱の牛を一気に処分するとなると,オーナー様自体に,牛の分だとしてお返しすることができなくなる。現実には,1ヶ月に1頭1万5000円くらいの飼育料がかかりますが,これを継続しないで破産手続で処理をすることが,オーナー様のためになるのかというと,そうではないということを理解してもらいたいと思います。
-----

オーナー数分の雌牛、実は、いなかったんじゃねーか(怒) 嘘もたいがいにしろ 「私ども」は、どんな調査したんだよ?w

さらに餌代までオーナーから徴収しようとしやがって

消費者庁の資料にはきちんと「契約期間分の餌代込みで雌牛代金をオーナーが支払った」って書いてあるぞ

安愚楽は悪質そのものだわ

2011-12-01(14:39) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸1回目(page5)
破産よりは増えるということを期待して,民事再生という方法を採りました。
-----

餌代が月20億かかることを、よくも3ヶ月間、内緒にしてくれたよな

代理人弁護士のお前らも安愚楽詐欺師仲間かよ?

2011-12-01(14:42) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸1回目(page7)
1頭あたり数十万円の話がありましたが,元々そういう前提で契約をやられていたのか。元々返せない金額で設定されていたのか。600万円集めて60万円しか売却代金がないのでしょう。
柳 澤: 牛が子供を産んで,その牛がまた子供を産むという仕方で増えていくことを前提に組みが作られています。
-----

だから、その雌牛がオーナー契約数分、いなかったんだよ

それを内緒にしておいてヌケヌケと

こりゃ、代理人弁護士も同罪だわ

2011-12-01(14:44) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸1回目(page10)
柳 澤:③ 牛は特定をしております。オーナーが番号を持つと,その番号が牛の耳輪に対応するようになっている。牛は生まれてから死ぬまで,売却により持ち主が代わるたびに,耳輪が増えていく。固体ごとにオーナーの特定がされているとご理解ください。
-----

よくぞ言いきったw

もし嘘だったら、ただじゃすまないぞw

というか、雌牛が足りなかったのに、そんなことできるの?w

嘘丸出しだぞw

2011-12-01(14:46) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸2回目(page11)
質問者: それでは,別の所でオーナーからいくら負債があったのかっていうのを管理している帳簿とかってなかったんですか。
柳 澤: オーナーの再売買請求権は顕在化するまでは潜在負債でして,それを別途管理するということはしていなかったと思います。
質問者: 会社の雑な管理のせいでこうなったんですよね。そういったことを管理している人はいなかったんですか。管理している人の責任はかなり重大だと思っていますけど。
柳 澤: 税務署なり監督官庁からの調査では,その点は指摘されていなかったということまでは言えます。
-----

「雌牛は契約が終了したら買い取る」と契約書に書いている以上、「潜在負債」は通用しないだろう?

詐欺確定

2011-12-01(14:52) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸2回目(page12)
質問者: 今の質問に関連したことなのですが,23年3月末のオーナーさんの持っている牛の数が一応9万8000頭,これは間違いないですよね。
柳 澤: はい,間違いないです。
-----

おいw

ヌケヌケと説明会場で嘘を放言してるんじゃないってのw

詐欺仲間確定w

2011-12-01(14:53) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸2回目(page12)
大 石(安愚楽牧場相談役):お答えいたします。先ほど申しましたが,牛の頭数とオーナー数については,正しい数字でありまして,3月末と,7月29日の時点で正しいものです。
-----

おいw 大石さんw

あんたw

これ、極めつけw 超すごい回答w

もう、言い逃れできないねw

この議事録は部外者にとっては無効だけと、被害者オーナーにとっては有効な書類なのよ

終わったな安愚楽

組織的詐欺が確定

2011-12-01(14:56) : 空欄さん URL : 編集



ほんと

あの8月の債権者説明会での質疑応答自体が、まったくの茶番、だったわけだわね

安愚楽経営者や代理人弁護士の答弁では、ヌケヌケと嘘ばかり

この安愚楽牧場の経営者ってどれだけ悪人なのか どれだけ被害者を愚弄したら気が済むのか

いずれ明らかにされる無数の諸罪合わせて、30年ほどは豚箱に入っててもらおうか

安愚楽牧場は組織的詐欺集団です

だろ? ちがうの? まっとうな会社?

雌牛が全然足りないのに長年にわたるあの誇大広告

まさに、まっとうな、会社の、やりそうなことだわ

「自分は安愚楽牧場の被害者だ」と自認する人たちを小豆は応援します

オーナー被害者弁護団もきっとそういうスタンスだと思う

預託農家弁護団は、どういうスタンスなのか、ちょっと、見えない

安愚楽の詐欺師の経営者どもへ



隠し金を差し出せば、少しは刑が軽くなるぞw

ただ、1000億円単位でお願いします 被害者数が多いんで、、、(汗)w

2011-12-01(19:32) : 空欄さん URL : 編集





えっと、これで、よかったかな?

どこかに間違いがあればご指摘プリーズ

単なる事実を書いてるだけだから、ま、問題ないわね

公共の利益にも関わりがあるし

これ以上あの経営者どもに騙される人が増えませんように

あの経営者どもは8月以降も、「オーナー様へのより多くの弁済のために」などと大嘘こいて、時間稼ぎの民事再生案を勝手に進めていたからね おかげで、会社のなけなしの現金60億円(これもオーナー被害者からだまし取ったお金)すら黒毛登録なしのクズ牛の餌代に消えたぞ

見事に最後の最後まで、オーナーからの出資で99.9%つくった会社を盾にして、会社を個人的に利用し尽くしてくれたよ、あの経営者どもは

あの経営者どもは、言語道断です

ま、経営者どもの組織的犯行はもう明からだからね

連中の個人資産と隠し財産を根こそぎ暴いてやればいい

安愚楽をかいていると潰れるよ



今の商売に安愚楽をかいていると潰れるよ! #atakowa 【2011年を振り返る】
13分前


これは名文句

安愚楽牧場の隠された新しい事実が判明するたびに過去の議事録や宣伝や通知書との矛盾を調べること

が重要

いかに、安愚楽牧場の経営者たちが、過去に、とんでもないオオウソをつき続けてきたかが、よーく分かります よーく

石川知裕衆議院議員「安愚楽に投資していたオーナーは自己責任として受けとめて貰わなければならない」(11月9日)は速やかに前言撤回するべき

むごいので、以下に再度貼り付けw 少しは反省しろっての なにが「自己責任」だよ 安愚楽は昔から詐欺じゃねーか あんたも片棒担いでるのかい? さっさと反省文公表しないと、えらいことになるんじゃないのか?w

あんたは国会議員なんだから、軽々しくいい加減なこと言ってくれると、国民が大迷惑するんだよ



■安愚楽牧場破産
http://blogos.com/article/21903/?axis=b:413
2011年11月09日 16:58

石川知裕

安愚楽牧場がついに破産した。

エサ代が1週間おきの支払いから従来の1か月払いに戻すという事から預託農家の間には時間稼ぎではと指摘されていたが懸念通りになった。

この問題については発生当初から関わってきたが地域で農業を営む預託農家の救済を考えなければならない。

投資していたオーナーも可哀そうであるが高利回りを期待しての経済行為の一環なので自己責任として受けとめて貰わなければならない。預金金利や国債に比べて高利回りを選択したという事はリスクもあるのは当然だからだ。老後の蓄えを投資した方もいることは承知しているがこればかりは仕方がない。

預託農家も加害者だという指摘があるがこれは見当違いだ。預託農家にそんな気持ちは無い。結果としてという指摘だろうがそれは酷だと感じる。

結論として預託農家をどう営農させていくかを考えなければならない。

新しく事業を引き継ぐもの、もしくは新たな形態で預託を受けるなどの方法が考えられる。

事業について関心を持つ畜産業者と地域の方を取り持つことが出来るように今、行動しているが。それに加えて現行の融資制度の利用は難しい農家もいるので緊急融資を行うべきと働きかけているが農水レベルではなかなか動かないのが現状だ。

しかし引き続き頑張っていきたい。


それが通用するのは2年前までの話



■487 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/12/02(金) 00:32:44.56 ID:kFdTNE5L0
>>481
消費者庁がやっているのは立入検査、措置命令。
この法律に基づいて罰則を受けるのは、立入検査を妨害したり、措置命令に従わなかった場合。
極端な話、繁殖牛の数が足らないことを契約者に周知すれば、景品表示法に基づく罰は受けないw


うん 一理はある

でも、ただでさえ措置命令が遅いって批判が今わんさかでてるから、2年前にその措置命令したならともかく、今はそれは通用しないよ

もし今それが通用したら、まさに消費者庁や農水、警察も巻き込んだ、行政に対するどえらいバッシングが起こると思う

ま、実際、罰せられない可能性はあるが、その場合、より強烈な、行政告訴、が来る可能性がある

かつ、現段階では、景品表示法で罰するためというよりも、安愚楽の事実の一端を知らしめる目的のため、と考えるといいと思う

安愚楽牧場が消費者庁からの行政指導内容を全面的に認めた模様



■安愚楽牧場HPより(12月2日)

景品表示法に基づく措置命令について

 この度、弊社は、消費者庁から、不当景品類及び不当表示防止法第6条の規定に基づく措置命令(平成23年11月30日付け)を受けました。このため、同命令に従い、一般消費者の誤認を排除するため、次のとおりお知らせいたします。

 弊社は、「黒毛和種牛売買・飼養委託契約」と称する契約に基づき、一般消費者に提供した役務の表示において、例えば、平成23年7月21日を発売日とする「あるじゃん」平成23年9月号に掲載した広告において、「これは、安愚楽牧場の繁殖牛、つまり、子牛を出産させるために飼育している母牛のオーナーになってもらう制度です。繁殖牛が子牛を産むと、安愚楽牧場が買い取り、買取代金から牛のエサ代などを差し引いた金額を『利益金』としてオーナーの方にお支払いします。」、「万一、契約期間中にオーナーになっていただいた牛が死亡した場合は、安愚楽牧場が保有する代替牛を提供しますから、ご安心ください。」、「1年目に1頭目の子牛誕生。」、「2年目に2頭目の子牛誕生。」等と記載するなど、遅くとも平成19年3月頃以降、あるじゃん、週刊ダイヤモンド、レタスクラブ等の雑誌において、オーナーは契約期間を通じて繁殖牛の所有者となる旨を表示しておりました。

 しかし、実際には、遅くとも平成19年3月頃以降、各事業年度末において、弊社が飼養する繁殖牛の全頭数は、オーナーの持分及び共有持分を合計した数値に比して、下表のとおり過少でした。

 この表示は、弊社が「黒毛和種牛売買・飼養委託契約」と称する契約に基づき、一般消費者に提供した役務の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、不当景品類及び不当表示防止法に違反するものでした。

第26期 (平成19年3月末)
第27期 (平成20年3月末)
第28期 (平成21年3月末)
第29期 (平成22年3月末)
第30期 (平成23年3月末)
(A)オーナーの持分及び共有持分の合計(頭)
92,023
97,249
91,249
100,622
97,986
(B)全飼養繁殖牛(頭)
51,428
60,760
63,380
69,970
65,572
(B)/(A)の比率(%)
55.9
62.5
69.5
69.5
66.9

平成23年12月1日
栃木県那須郡那須町大字高久丙1796番地
株式会社安愚楽牧場
代表取締役 三ケ尻 久美子


よし この期に及んで変なことたくらむなよ

サイバーポリスには安愚楽牧場HPの動作をチェックしていてほしい

何か仕掛けてる?

スパイウェアなんて、仕込んでないよね?

気のせいなら、いいんだけど、少々気になることがあった

牛すらいませんでちた ><



>「失礼ですけど、お宅が倒産したら私達オーナーには牛が残るんですか?」

牛すらいませんでちた ><

2011-12-02(02:13) : move2600 URL : 編集


あぐらぼ~くじょ~



ってCMでもつくってよね

30年間法を遵守しているといいながら雌牛数がぜんぜん足りなかったことを隠して誇大宣伝してた安愚楽牧場



安愚楽債権者説明会議事録東京1回目(page7)

三ヶ尻(社長):ですからこそ,30年かけて私どもは出来る限り法を遵守した形で,どんなことがあっても乗り越えていかなければいけないという気持ちでやってまいりました。

-----
で、雌牛が全然足りてないんですけど? どういうこと? あれ? あれあれ?

法律を順守すると雌牛が足りなくなるの?

2011-12-01(18:37) : 空欄さん URL : 編集


あれあれ?

雌牛が足りてないってことは

・オーナー割り当てが、そもそもできるはずもない

・安愚楽がうたってた「畜産で利益を上げてそれでオーナーに弁済する」が、そもそもできるはずもない

ってことになるんですけどね

にもかかわらず、何年も何年も、相変わらず美麗な宣伝文句で、多くの顧客から大金を集めてたよね

しかも、そのお金を帳簿にすら記載していなかったんだよね

すごいな



さすがわ安愚楽牧場とその経営者ども

安愚楽牧場経営者はオーナー被害者にすみやかに全額弁済したほうがいいんじゃないの?



■489 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/12/02(金) 05:15:19.49 ID:VTYyX07p0
よし、許すから全額返せ


返してやれよな しこたま溜め込んでるんだろ? 所有する雌牛数以上に雌牛代と飼育費を集めていたんだからさ ないわけないよな ないなら何に使ったのかそのレシートをすべて公開してもらおうか

たしか、神戸と東京での債権者説明会で、社長が、個人資産をすべて差し出すって言ってたよな ちゃんと約束を守ろうよな

社長だけじゃなく、債権者説明会で並んで、トンデモな嘘をヌケヌケと並べ立ててた取締役たちも同じだからね 組織的だってみんな言ってるぞ

「詐欺で訴えたい」HPを参考に

■詐欺被害の被害届の出し方(3)
http://www.stop-sagi.com/uttae.html

詐欺罪(刑法)か契約不履行(民法)の違いは、契約締結などの当初からその目的が騙すことであったことを、客観的に立証する証拠が必要です。例えば、投資名目で金銭を集めた詐欺師が全く投資先がないという状態は、わかりやすい詐欺であると考えられます。


安愚楽牧場では、5年以上も、オーナー割り当てするに十分な数の牛がいませんでちた ><

・「投資」名目で金銭を集めた詐欺師が「全く投資先がない」という状態は、「わかりやすい」詐欺

なので

・「雌牛のオーナー」名目で金銭を集めた詐欺師が「契約したオーナーの半分くらい雌牛がいない」という状態は、「半分くらいわかりやすい」詐欺

となるですね

安愚楽牧場の詐欺のケースは、詐欺であることは、まちがい、なさそうです

「半分くらいはわかりにくかった」ため、よけい被害が広がってしまうことになりました

よけい、悪質ですね

安愚楽が詐欺であった場合にはあの暗黒のオーナー契約書自体が最初から無効になる



「詐欺で訴えたい」HPより
http://www.stop-sagi.com/uttae.html

■詐欺による取消
詐欺によって結ばれた契約は取り消すことでがきます。(民法96条)

■民法96条「詐欺または強迫」
1、詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。
2、相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消す事ができる。
3、第二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗する事ができない。

■取消しの効果
基本的に「取消し」とは、民法121条で確認できます。

民法121条
「取り消された行為は、初めから無効であったものとみなす。ただし・・・。」
つまり、初めからなかった事になりますから、例えば騙し取られた金銭などがあれば、その金銭を返せ!と言える事になるわけです。


なので、安愚楽を倒産させて経営者の詐欺疑惑を明らかにすることで、全被害者が、一律に、公平に、一般債権者的な位置づけとなる、と考えてよさそう

それどころか、契約は無効でお金だけ騙し取られた、という、一般債権よりももっと上位の債権とも考えられる

・餌代未納などの一般債権は会社との正当な契約なので会社が倒産してお金がなければ弁済チャラ

しかし

・詐欺にあったオーナーの契約は詐欺で無効となり、会社が倒産したあとも、詐欺の責任と弁済義務が詐欺経営者個々人に科せられる

というふうになるのでは?

・公平の観点

・会社ではなく、経営者自身に責任を問う

の2点から、このシナリオがオススメだと思われ

安愚楽は民事再生どころではなかったってこと

さっさと倒産させて経営者の詐欺疑惑を暴くのが、いちばん、オーナー被害者にとってお金が戻る道 世論の後押しも得られるだろうし

そもそも、お金を貯め込んでるのは経営者 会社の資産は詐欺師どもによって巧妙にゼロにさせられてる

詐欺師経営者をつつかないと、お金は戻ってこない

ふるさと牧場と安愚楽牧場との関係は?



再度パンフの表紙Upします
http://twitter.com/#!/2strawhat/status/142123685174710272/photo/1
19時間前

それから先ほどのパンフの中身(1)
http://twitter.com/#!/2strawhat/status/142124400941072384/photo/1
19時間前 »

さらに、このような中身の内容も。(2)7万3千人のオーナーのみなさんはいかがでしょ。
http://twitter.com/#!/2strawhat/status/142124940781568000/photo/1
19時間前 »


あれ??

それにしても、パンフの中身すげー

詐欺だな

安愚楽共済牧場って書いてあるな

これがA牧場の30年来のシナリオでしょう



もちろん、以下の軍資金の存在は、まだ推測に過ぎませんが、そう考えると、いろいろとつじつまがあうのです

連中が以前から計画的な恐るべき詐欺師であることをあわせ考えると、かなり確証は高いのでは、と思っています

今回の安愚楽の倒産劇は、周到に隅々まで事前計画された、計画倒産に間違いありません

数百億をその準備に費やしたとしても、 以下の目的が実現されればそれでいいのです それが実現されれば、連中の、30年来のすべてのシナリオが完結します

・債権者の債権は、合法的に一切チャラにできること

・安全に数十億程度を経営者たちがそれぞれ個人的に確保できること(数十億あれば個人レベルなら十分安泰だから)

・経営者の経営責任や犯罪責任を問われないように、「すべて会社の責任にして」会社をたたむこと

このシナリオを実現するための最後の軍資金数百億が、あらかじめ準備されていたはずです

2011-12-02(14:04) : move2600


安愚楽の契約書の細かい文言は変化しているけど変わってない部分がある

えっと、なにが言いたいかって言うと、たとえば、平成4年(1992)?の安愚楽パンフレットでは

---
預託資金の回収

預託期間終了時には当牧場が預託牛を預託資金と同額で買い取ります
---

と、じつにあからさまに書かれているけど、最近の契約書では、専属弁護士からのアドバイス?wによって、法律に触れないように表現が微妙に異なってるでしょ。でも!

「買い取ります」

の部分は、変わってないよね! ここが極めて重要。

変わってない=長年の同社の「対外契約姿勢」として重要な部分

ってことになる。にもかかわらず、長年、安愚楽の帳簿には、「買い取り用の準備金項目すら、帳簿に記載されてない」のです。

会社の姿勢としては、両者は、大きく矛盾するよね、ってこと。

オーナーからの収入は「売上」、オーナー雌牛の買い上げは「潜在的な仕入」、だとかなんだとかぬかしてたけど、そんな詭弁で済む問題じゃないってこと。

同社の経営の根幹にまつわる重要な部分だってこと。

契約書の記載事項として30年間変わってないことが、その重要性を物語る。

長年にわたり、帳簿にすら買い戻し金が準備されてなかった事実は、詭弁で済む問題ではない。

契約期間はあらかじめ決まってるわけだから、その時期に買い取りが生じることは明らかなんだから。

しかも、「買い取る」ってことを契約書にうたってるのだから。





「買い取る」と契約書にながらくうたってながら、「買い取る気持ちが一切なかった」ことがバレバレw

それ、詐欺ですわ

しかも、雌牛数も全然足りてなかったそうだしw

どうやってオーナー割り当ててたのよ?w

お金だけ集めてたわけだわねw 雌牛にオーナー割り当ててるふりしてさw

それって、れっきとした、犯罪、なんですけどね

ふるさと牧場ストーリーを参考に今後の安愚楽詐欺事件の展開を考察してみる

結局、安愚楽牧場事件も、和牛商法事件では直近の「ふるさと牧場事件」と同じような経緯をたどってるような感じです。以下の有志の方の調査が、とてもよくまとまってます。安愚楽にもそのまま当てはまるような内容部分を勝手ながら太字にしてみました。



ふるさと牧場の事件化以降の記事を、ご参考までに。
正確には、原文をご覧下さい。

『和牛商法、配当困難に 預託金、3千人で百億超』2007/12/05 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200712/CN2007120501000902.html
 和牛のオーナーになれば売却益で高配当が得られると誘い、出資を募る和牛預託商法の「ふるさと牧場」(東京都港区)が配当を滞らせ解約時の返金にもほとんど応じられなくなっていることが5日、分かった。
 同社は「3000人以上から100億円を超える預託金を集めた」と説明。一方で、最近数年間は牛を確保できていないのに金を集め一部を別の会員への配当や返金に充てる“自転車操業”状態と認めており、出資法(預かり金の禁止)などに違反する可能性もある。
 相田勇次社長は共同通信の取材に「違法と分かっているが、だますつもりはなかった飼育を任せた畜産業者が牛は自分のものだと言い出し、売却金が入らなくなった。少しずつでも返済したい」と話している。
 会員からは「詐欺的商法」として賠償などを求める訴訟が相次ぎ、ここ1年でも100人以上が東京地裁に提訴。多くは同社が分割返済を提案、和解や取り下げになったが、返済は昨年末ごろから滞っているという。
2007/12/05 17:13 【共同通信】
関連記事もっと知りたい ニュースの「言葉」
 和牛預託商法(2010年1月24日)和牛のオーナーになる契約を個人投資家らと結び、集めた金で和牛を飼育、成長後に売却し、利益を顧客に還元する商法。元本保証や高配当をうたい、1990年代半ばに利殖商法の一つとして勧誘が広がったが、資金を集めるだけで契約通りに運用しないケースが表面化。業者が相次いで摘発され、破綻(はたん)した。最盛期は20近くの業者があったが、現在残ったのは1業者とされる。ふるさと牧場は95年設立。2007年に警視庁の家宅捜索を受け、08年、詐欺容疑で社長や社員計6人が逮捕された。


『和牛商法、社長宅を捜索 出資法違反容疑で警視庁』2007/12/20 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200712/CN2007122001000134.html
 「和牛のオーナーになれば売却益で高配当が得られる」と誘い不正に資金を集めた疑いが強まったとして、警視庁生活経済課は20日、出資法違反容疑で「ふるさと牧場」の相田勇次社長の東京都足立区にある自宅を家宅捜索した。港区の同社本社なども順次捜索する。  生活経済課や関係者によると、同社は3000人以上から100億円を超える預託金を集めたとみられる。配当を滞らせ、会員から賠償を求める訴訟を相次いで起こされている。
 同社は、最近数年間は契約数に見合った頭数の牛を確保していなかったことを認めており、生活経済課は預託金の一部を配当金に回す「自転車操業」の状態だったとみて詐欺的商法の実態解明を進める。
 ふるさと牧場は1995年設立。会員に牛を購入させて飼育を請け負い、契約満了後に買い戻して売却益から配当を支払う仕組み。出資額は50万円から数千万円まで複数のコースがあり「予定利回り」として年利9%の高配当をうたうものもあった
2007/12/20 01:28 【共同通信】


『ふるさと牧場を業務停止 預託契約で不正、1年間』2007/12/26 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200712/CN2007122601000478.html
 農林水産省は26日、出資法違反容疑で警視庁の家宅捜索を受けた和牛預託商法の「ふるさと牧場」(東京都港区)について、特定商品の預託取引契約に関する法律に違反する行為があったとして、27日から来年12月26日まで1年間の業務停止処分にしたと発表した。
 農水省によると、ふるさと牧場は、法律で定められた書面を交付せずに、顧客と預託取引の契約を締結。牛の所有権が確定していない状態で顧客を勧誘したり、保有する牛の頭数などの情報を故意に顧客に伝えなかったりしていた
 さらに、契約に基づく配当の支払いを不当に遅らせるなどしており、中には昨年12月の時点で契約が満了しているのに、現在まで配当がされないケースもあるという。
 ふるさと牧場をめぐっては、「和牛のオーナーになれば売却益で高配当が得られる」とうたい不正に資金を集めたとして、警視庁が20日に相田勇次社長(77)の自宅などを家宅捜索していた。
2007/12/26 11:26 【共同通信】


『和牛商法で社長ら6人逮捕 預託金387億円集める』2008/11/07【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110701000159.html
 「黒毛和牛オーナーになれば売却益で高配当が得られる」とうたって契約者から約2億円をだまし取ったとして、警視庁生活経済課は7日、詐欺の疑いで、東京都港区の和牛預託商法「ふるさと牧場」社長相田勇次容疑者(78)=港区芝浦=と、元同社総務部長所詔次容疑者(65)=さいたま市南区南浦和=ら同社幹部6人を逮捕した。
 生活経済課によると、同社は1995年から12年間で全国の約1万4000人から約387億円を集めていた。牛の飼育実体はなく、預託金をそのまま配当に回しており、同課は当初から金を詐取するつもりだったとみて、集めた金の使途など全容解明を進める。
 相田容疑者は、同課の聴取に「金集めが目的で、牛はどうでも良かった。和牛の売買相場も知らない」などと供述、容疑を認めている。
 調べでは、相田容疑者らは「飼育を委託された牛は将来買い取る。予定利回りは年7・4%」とうそをつき、2003年9月から07年10月までの間、東京都板橋区の女性(46)ら8人に預託金計約1億9800万円を同社の口座に振り込ませ、だまし取った疑い。
2008/11/07 12:49 【共同通信】


『和牛商法、200億円超が未返還 使途不明の預託金捜査』2008/11/08【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110801000061.html
 和牛預託商法の「ふるさと牧場」(東京)による詐欺事件で、同社が全国の契約者から集めた預託金約387億円のうち、契約者に返還されたのは約160億円だけだったことが8日、警視庁生活経済課の調べで分かった。
 同課は昨年末に家宅捜索した際、同社名義の口座には残高がほとんどなく、返還金を除く約227億円は運転資金や契約者への配当金以外にも使われていたとみて、詳しい使途について捜査している。
 同課によると、1995年11月から昨年12月までに、全都道府県の計約1万4000人から同社の口座へ計386億9000万円の入金があった。一方で96年2月から昨年10月にかけ、元金として約9000人に約160億1000万円が返金された。
 同社は「和牛の売却益で配当する」としていたが、生活経済課の調べでは、少なくとも2002年春以降は牛の飼育実体はなかった
2008/11/08 07:48 【共同通信】


『牛と無関係の投資に139億円 ふるさと牧場社長ら再逮捕』2008/11/29【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008112901000285.html
 和牛預託商法の「ふるさと牧場」(東京)による詐欺事件で、同社が集めた約387億円のうち、約139億円が牛とは無関係の不動産投資などに使われていたことが29日、警視庁生活経済課の調べで分かった。
 同課は29日、詐欺容疑で同社社長相田勇次容疑者(78)ら6人=詐欺罪で起訴=を再逮捕した。
 生活経済課によると、ふるさと牧場は約1万4000人から集めた約387億円のうち、約9000人に約160億円を元金として返還。ほかに約61億円を配当として支払った。
 さらに会社設立の1995年から97年にかけて、同社元役員の不動産関連会社や相田容疑者の関連会社に約139億円を投資。このうち回収できたのは約78億円だけだった。
 ふるさと牧場は2002年以降は牛の飼育実体はなく、集めた金を配当に回していたという。
 相田容疑者らの再逮捕容疑は、03年6月から07年4月にかけて、神奈川県藤沢市の女性(61)ら7人から、和牛預託契約名目で計約1億4200万円をだまし取った疑い。
2008/11/29 12:17 【共同通信】


『和牛商法詐欺で元幹部ら3人実刑 東京地裁』2009/07/22【共同通信】(容疑を認めた3名)
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072201000277.html
 和牛預託商法事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の罪に問われた「ふるさと牧場」(東京)の元総務部長所詔次被告(66)ら3人に、東京地裁は22日、懲役3年6月~同3年(求刑懲役5~4年)の判決を言い渡した。
 計6人が起訴された事件で判決は初めて。同法違反罪で分離公判中の元社長相田勇次被告(79)ら残る3人は否認している。
 藤井敏明裁判長は判決理由で「相田被告を頂点に、長期間にわたって常習的に行っていた組織的な詐欺。被害者は回復困難な経済的損害を受けた」と述べ、相田被告との共謀を認定した。
 判決によると、所被告らは相田被告らと共謀。購入した和牛を牧場で飼育し、その取引で得た収益から確実に契約金の返済や還元割当金を支払うという虚偽のチラシで顧客を募り2003年6月~07年10月、15人から計約3億4千万円を詐取した。
 藤井裁判長は、所被告ら3人が、契約上の牛の頭数に比べて実際の飼育頭数が極端に少なく販売収益がないと認識しながら、その実体を隠ぺいし勧誘を続けたと指摘。これまで約1100万~2200万円の報酬を受け取っていた、と批判した。
 検察側は、同社が約1万4千人から総額約387億円を集めた、と指摘していた。
2009/07/22 12:04 【共同通信】

『和牛預託商法詐欺で懲役12年 ふるさと牧場の元社長』2010/01/27【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012701000292.html
 和牛預託商法事件で組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の罪に問われた「ふるさと牧場」(東京)の元社長相田勇次被告(79)に、東京地裁の藤井敏明裁判長は27日、「犯行の主犯」と述べ、懲役12年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。
 藤井裁判長は判決理由で「業務全般を統括管理していた被告は、牛の飼育ができないと知りながら、共犯者らに指示して実体のない営業を漫然と続けさせた」と指摘。
 「組織性や計画性、勧誘方法の巧妙さなど、いずれの点でも極めて高度な詐欺で同種事案の中でも悪質な犯行」とした。
 被告は「だますつもりはなかった」などと無罪を主張していた。
 判決によると、相田被告は元総務部長(66)=懲役3年6月が確定=らと共謀購入した和牛を牧場で飼育し、販売収益から確実に契約金の返済や還元割当金を支払うと虚偽のパンフレットで顧客を募り2003年6月~07年10月、15人から計約3億4千万円を詐取した。
2010/01/27 11:00 【共同通信】


「組織性や計画性、勧誘方法の巧妙さなど、いずれの点でも極めて高度な詐欺」って記述部分に注目したいところです。

ふるさと牧場と安愚楽共済牧場の両方の名前が冠されたパンフレットが発見されています。どうも、安愚楽は、ふるさと牧場と、なんらかのつながりが、ありそうです。

安愚楽は、ふるさと牧場のさらに上を行く、「組織性や計画性、勧誘方法の巧妙さなど、いずれの点でも極めて高度な詐欺」です。

両方の詐欺に関わった黒幕的な詐欺師がおり、マニュアルやノウハウなどを共有・提供していた模様です。

安愚楽牧場はふるさと牧場よりは多少牛の数が多かった点を除いて、その他はすべて、ほぼ、ふるさと牧場と同類詐欺の模様です。

ふるさと牧場が行ったヘマとしては

・牛を飼っていなかった
・経営中に配当を払わないミスを犯した
・倒産時(会社をたたむ際)の訴訟等リスクをあらかじめ考えていなかった

の3点です。安愚楽はそれをもとに、

・牛をいちおう飼っておく方策を選択した
・経営中に配当を払わないミスは断じて犯さないようにした
・倒産時(会社をたたむ際)の訴訟等リスクをあらかじめ熟慮検討し、「牛の処分に時間が必要」という理由に基づく民事再生を利用することを考えついた。時間稼ぎを行いながら、やばい帳簿などを処分することとし、かつ、同社の負債が、会社破綻時にはすべて会社のみの責任になるように、種々の契約書の文言工作を行った。

ということだと思われます。より高度に洗練された詐欺であり、結果的に、より多くの被害者を生み出して今に至っています。

安愚楽牧場が破産手続きに移行することがほぼ確定の模様



masaki_kito 弁護士 紀藤正樹 Masaki kito
安愚楽の債権届出の提出期限が民事再生が廃止の確定日が12月5日であることから12月6日の提出期限が12月5日に早まった。出す方から見るとこの1日の差は大きい。しかし裁判所によると安愚楽が破産したこともあり期限を過ぎても破産手続の中で救済されるとのことです。 #agura
3時間前


だそうです

いずれにしても、債権者や被害者の人は、自分の債権届、出しておいてね

すでに出した人は、破産手続きでの債権届にそのまま移行してもらえそうな感じです


詐欺なくせに民事再生をのうのうと申請した安愚楽牧場



■527 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/12/03(土) 11:22:14.33 ID:m2m+ZP1fP
詐欺のくせに、アグラはようのうのうと民事再生法の適用を申請したよなww
その精神は凄いわ


裁判所に民事再生手続きを通すことで、「詐欺でない」ことをさらに天下に示せる、とふんだ模様です。裁判所も連中の「牛の命が大切なのです」お涙頂戴作戦にみごとにひっかかりました。なさけない。

安愚楽被害大阪弁護団がオーナー被害者債権届の代理提出



agurahigaiosaka 安愚楽被害対策・大阪弁護団の一人
大阪弁護団の委任者について、本日、まとめて再生債権届出を提出しました(170名余り)。今後、民事再生手続は廃止される見込ですが、破産手続が開始された場合には、破産債権届出をしたことと同じ扱いがなされる見込です。今後、破産管財人に資金の流れや、実態解明を求めていく必要があります。
16時間前


がんば

牛が存在しないのに「牛の命が大切なのです」とのたまう安愚楽社長はどこか頭がおかしいの?



(空想上の)牛の命が大切なのです!
2011-12-03(15:02) : 空欄さん


わははw 座布団一枚w

「内部調査すれば違法」なんだけど「内部調査を絶対にさせなかった」だけ



■531 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/12/03(土) 15:07:33.34 ID:czi+EV6V0
>>530
違う、法の網をくぐっているから手を出せないだけ。
現になんとか景品法でクレームつけた。
つか、法の目をくぐっている為にこの程度しか手が出せなかった。
本来の計画では、和牛商法一斉検挙の時に潰すつもりだった。
破産申し立ての前に、合法的に弁護しさん立てて、民事再生申請されたら
裁判所としては理由なく却下は出来ない。
合法なのに逮捕なんて、法治国家では出来ない。

■537 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/12/03(土) 17:48:44.84 ID:px2xtSTA0
>>531
>本来の計画では、和牛商法一斉検挙の時に潰すつもりだった。

それは勘違い。
一斉検挙はあぐらが政治家に依頼して行われたもの。
あぐらとふるさと以外は牛さえもいない有様だった。

自分の作ったビジネスモデルと壊されたくなかったのか、他を振るい落としたかったのかは分からないが、
あぐらは十分に準備して望んだので、軽微な書類の修正程度で済んだ。
この時点はまだ先代社長時代でもあり、事業的には何とか回っていたようだ。


なので、正しくは「一見合法」。「合法」では断じてない。内部調査すれば「違法」なことばかり。でも、そこに、誰も、部外者がたどり着けないようにしていた。

ただ、それだけ。

でも、表向きは「一見合法」なので、ま、531氏が言うように、裁判所なども対応せざるを得なかった部分は、ある。

破綻してよかった。

遅まきながらではあるが、内部情報を明らかにすればいい。それで、違法がどんどん明らかになる。

あの8月の安愚楽牧場債権者説明会での経営者側答弁がおかしゅーて



■安愚楽債権者説明会議事録全体分より(page4)
(1)「安愚楽牧場の基本情報」について(要旨)
・ 安愚楽牧場㈱(以下「安愚楽」といいます。)では,現在,約14万5000頭の牛を管理・飼育しています。そのうち,オーナーの方々から預かっている牛の頭数は約10万9000頭であって,私ども(栃木・柳澤法律事務所)が調査した限り,オーナーの方々の契約番号に対応して,必ずどこかにその牛が実在しており,実体のない架空契約ということはありません。
-----

うそだったわけだw プププ 「私ども」は、どんな調査したの?w プププ

2011-12-01(14:30) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸1回目(page3)
しかし,牧場を継続して,少しでも高くなる方に買ってもらうことで,オーナー様の配当を高くするということを追求するならば,民事再生が唯一の道だと思っています。破産という形をとって,すぐに11万頭弱の牛を一気に処分するとなると,オーナー様自体に,牛の分だとしてお返しすることができなくなる。現実には,1ヶ月に1頭1万5000円くらいの飼育料がかかりますが,これを継続しないで破産手続で処理をすることが,オーナー様のためになるのかというと,そうではないということを理解してもらいたいと思います。
-----

オーナー数分の雌牛、実は、いなかったんじゃねーか(怒) 嘘もたいがいにしろ 「私ども」は、どんな調査したんだよ?w

さらに餌代までオーナーから徴収しようとしやがって

消費者庁の資料にはきちんと「契約期間分の餌代込みで雌牛代金をオーナーが支払った」って書いてあるぞ

安愚楽は悪質そのものだわ

2011-12-01(14:39) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸1回目(page5)
破産よりは増えるということを期待して,民事再生という方法を採りました。
-----

餌代が月20億かかることを、よくも3ヶ月間、内緒にしてくれたよな

代理人弁護士のお前らも安愚楽詐欺師仲間かよ?

2011-12-01(14:42) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸1回目(page7)
1頭あたり数十万円の話がありましたが,元々そういう前提で契約をやられていたのか。元々返せない金額で設定されていたのか。600万円集めて60万円しか売却代金がないのでしょう。
柳 澤: 牛が子供を産んで,その牛がまた子供を産むという仕方で増えていくことを前提に組みが作られています。
-----

だから、その雌牛がオーナー契約数分、いなかったんだよ

それを内緒にしておいてヌケヌケと

こりゃ、代理人弁護士も同罪だわ

2011-12-01(14:44) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸1回目(page10)
柳 澤:③ 牛は特定をしております。オーナーが番号を持つと,その番号が牛の耳輪に対応するようになっている。牛は生まれてから死ぬまで,売却により持ち主が代わるたびに,耳輪が増えていく。固体ごとにオーナーの特定がされているとご理解ください。
-----

よくぞ言いきったw

もし嘘だったら、ただじゃすまないぞw

というか、雌牛が足りなかったのに、そんなことできるの?w

嘘丸出しだぞw

2011-12-01(14:46) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸2回目(page11)
質問者: それでは,別の所でオーナーからいくら負債があったのかっていうのを管理している帳簿とかってなかったんですか。
柳 澤: オーナーの再売買請求権は顕在化するまでは潜在負債でして,それを別途管理するということはしていなかったと思います。
質問者: 会社の雑な管理のせいでこうなったんですよね。そういったことを管理している人はいなかったんですか。管理している人の責任はかなり重大だと思っていますけど。
柳 澤: 税務署なり監督官庁からの調査では,その点は指摘されていなかったということまでは言えます。
-----

「雌牛は契約が終了したら買い取る」と契約書に書いている以上、「潜在負債」は通用しないだろう?

詐欺確定

2011-12-01(14:52) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸2回目(page12)
質問者: 今の質問に関連したことなのですが,23年3月末のオーナーさんの持っている牛の数が一応9万8000頭,これは間違いないですよね。
柳 澤: はい,間違いないです。
-----

おいw

ヌケヌケと説明会場で嘘を放言してるんじゃないってのw

詐欺仲間確定w

2011-12-01(14:53) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽債権者説明会議事録神戸2回目(page12)
大 石(安愚楽牧場相談役):お答えいたします。先ほど申しましたが,牛の頭数とオーナー数については,正しい数字でありまして,3月末と,7月29日の時点で正しいものです。
-----

おいw 大石さんw

あんたw

これ、極めつけw 超すごい回答w

もう、言い逃れできないねw

この議事録は部外者にとっては無効だけと、被害者オーナーにとっては有効な書類なのよ

終わったな安愚楽

組織的詐欺が確定

2011-12-01(14:56) : 空欄さん URL : 編集

■544 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/12/03(土) 21:13:01.45 ID:bGooKGeD0
原発のせいにしてた三ヶ尻の言い分ってなんだったのだろう?
もう一回説明会しろよ。そして全部架空の嘘でしたって言え。
オーナー怒り狂って暴動起きて楽しそう

■545 :名無しさん@お金いっぱい。:2011/12/03(土) 21:18:42.84 ID:bGooKGeD0
栃木・柳澤の法律事務所、こいつら安愚楽の詐欺の片棒を担いだのか?
知ってて迅速に民事再生だのオーナー牛を処分だの大嘘ぶっこいてたのか?
これは許されん!三ヶ尻も破綻時点で詐欺って事を知ってた訳だし、弁護士が知らないとはあり得ない。

今までの議論はすべて無意味、これより三ヶ尻詐欺師一味とその共犯者を逮捕して刑務所に叩き送る
のに全力を注ぐべき。ただそれだけ


突っ込みどころは、探せばもっともっとあるよ

あと、会社のお金ゼロだから、お金返してほしければ、あの犯罪者どもの家捜しするしかないよ

家捜しするためにはどうしても経営者どもの犯罪容疑が必要になる

なので、あの経営者どもをさっさと犯罪者認定してやるのが被害者にとっては吉だと思われ

あの会社が長年にわたる組織的犯罪者集団であることは、上記から、ほぼ明らかでしょ

かつ、家捜しすれば、隠したお金はもとより、悪の証拠がわんさか出てくるから、それも吉

架空の雌牛の餌代をオーナー被害者から徴収しようとした安愚楽牧場

ま、言語道断ですわ、この会社

ま、そういうこともあって、餌代徴収はうやむやのうちに取りやめにしたんだろうけどね

まさに「言ってみただけ」w

でも、雌牛契約数に雌牛が4割も足りてなかったことが判明した現在、その「言ってみただけ」ですら、すでに、大きな犯罪ですわ

代理人弁護士も一緒になって、債権者説明会で、なに、大法螺吹きまくってるのよ

雌牛数が足りないなんて序の口ですよ

どこかの疑惑リストでもみてごらんなさいなw

http://move2600.blog96.fc2.com/blog-entry-2200.html

かつ、まだまだ、こんなもんじゃないですわね ココ

プロフィール

move2600

Author:move2600
ここは、本人の個人的な備忘録です なお、本人は(同社が深く関わったと推察される)宮崎口蹄疫の一被害者です なお、2ちゃんには一切カキコしておりません 風評はご遠慮願います 同社による工作員の来場もご遠慮願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク