FC2ブログ

あぐら物語日記のrokoさんが急逝されました

あまりのことに呆然としています
どうも本当のことのようです
心よりrokoさんのご冥福をお祈り申し上げます


rokoさんの最後の書き込みです
http://roko1107.blog.fc2.com/blog-entry-4175.html


ブログ8年目突入!roko生きています!ありがとう!(2018年11月)
おめでとうヽ(^。^)ノ


みんなも生きてるかーい!?

これを見てくれた人は、スゴイ!
あなたも、おめでとう!
そして、ありがとう!

2018年11月・・・
もう11月も半ば、、、
何日もブログ更新してなくて、誠に申し訳ございませんm(__)m
rokoは何やってるんだろう…って思うわよねw
なにしてるんだか・・・

ブログ開設から、丸7年、8年目に入った
月日は過ぎる
普通なら、なにか更新してるだろうに…
時の過ぎゆくままにしていたら、今になってしまった、、、

御免ゴメン

まぁ、そんなに心配してくれる人もいないので大丈夫だと思っているけど、
今、こうして偶然にでも見てくれたあなたは、素晴らしい
有り難いお方です^^

ありがとうございます


このあとも、書ける環境にある時は、書いていきますね(*^_^*)

オモロイブログには出来ないだろうけどw
ドしぶとい女ですので(笑)

生きていきます
あなたもお元気で^^


---------
以下は同記事へのコメント欄の書き込みです


ほんとにご無沙汰してます😅お元気ですか?
私も生きてましたw


いつの間にか年の瀬まであと一ヶ月余り、本当に早いものです。仕事と家事に追われて、ふと…「私はなぜこんなに何の楽しみもなく働かなければならないのだろう」と思わないではいられません。失ったものの大きさは…喪失感と怒りは…年齢を重ねるごとに、体がきつくなるごとに、より一層
増して行くものと実感しています。

 ○ね!! 関わった悪党ども全部!

車は新しくなりましたか?

私の十年使っている軽自動車が先月故障しました。修理に出している間、ディーラーが代車を無料で貸してくれたのてす。ホンダのNワゴンでした。今の軽自動車は価格が高いなぁと思っていましたが、何となく納得。十年前のものとは比較にならないほど全てにおいて進化していました。金もないのに、つい買いたくなってしまった…
…何とか吹っ切りましたけどね…
修理費だけで十分吹っ切れる材料になりました😢

ま…軽どころか、高級車数台分(と言っておこう)を棒に振った私としては今の車で免許返納まで頑張りますわ。自戒の念を込めて。

日々寒くなります。どうぞ、お体に気をつけてお過ごし下さい。

ではまた(^_^)/~
2018-11-27(22:12) : rokoファン URL : 編集


悲しいお知らせです
rokoちゃんが、心不全のため旅立ってしまいました。

本当なんです。本当に突然の知らせでした。

ご親族やごく近しい方だけでご葬儀も執り行われまして

私も参列致しました。

もう二度とブログが更新されることが無いのです。

さみしいです、悲しいです。

rokoちゃんのご冥福を心よりお祈り致しております。えいとちゃんより。


2018-11-30(20:08) : えいとちゃん URL : 編集


えいとちゃんさん

お知らせありがとうございます。
本当に悲しくて…ショックです。


ブログを通して、本当にrokoさんに癒やされました。
彼女の分も頑張って生きて行きたいと思います。

えいとちゃんさんもお元気で。
2018-12-01(08:50) : rokoファン URL : 編集


No title
rokoファンさんへ

ありがとうございます。

最後のブログが ”roko生きてます!ありがとう!” なんですね。。。

本人もこんなことになろうとは露にも思わなかったでしょうね、私自身も倒れるかと思うくらい驚きました。私の体調を気遣ってくれてたくらいですから。。。
もっといっぱいアホみたいなしょーもない話をしたかったです。
涙が出るくらい大笑いした日々もあったけれど、
あの日は違う涙を浮かべて話してくれました、あぐらにやられたこと。
ブログを始めたこと。


そうそう、新しい車も来ましたよ、大女(^_^)でも乗れるかわいい軽でした。


rokoファンさんも 頑張りすぎず、どうかいつまでもお元気で!!

また!!
2018-12-01(15:44) : えいとちゃん URL : 編集


えいとちゃんさん

返信ありがとうございます。

私がrokoさんのブログ見つけたのは自身が被害にあってからかなり経った頃でした。 もう少し、早く知っていれば…と悔やまれます。

今「あぐら物語日記」を最初から
読んでいます。
rokoさんの偉大な遺産だと思います。閉鎖されないうちに頑張ります!

えいとちゃんさんとrokoさんの掛け合いが面白くて、いつもうらやましいと思っていました。古くからのご友人なんですね。
今、さぞお辛いことと思います。
ご親族、ご友人など彼女を実際に知っておられれば尚更のことと思います。

最後のブログの日付がまだ二週間前…
信じられないくらいです…
新しい車も来て、まだまだこれから会の活動などもしようと思われていたと察します。本当に…残念です。


彼女のご冥福をお祈りすると共に、えいとちゃんさんのお心遣いに心より感謝致します。






2018-12-01(21:00) : rokoファン URL : 編集


えいと様へ
お知らせありがとうございます

ショックで悲しいです
気持ちが落ち着いたら叉コメントさせて下さい
2018-12-03(21:50) : こっちゃん URL : 編集


呆然自失
えいとちゃんのコメントを見て呆然としてしまいました。

30日当日に読んでいたものの、何をどう書き込んでいいやら分からず、今もその状態のままです。

私が始めてコメ投稿したのが2011年の11月末頃で、それ以来7年(さすがに、ここ最近は安愚楽事件がほぼ国賠のみになり動きも年単位状態になった事もあって、以前ほどの頻度ではなくなりましたが)になります。
一時は執事(自称)として、該当法令の検索、画像のレタッチや動画の作成といったブログ本来の用件のほか、某社のアイスバーを売ってそうな店、削除された(今は再Upされています)俵星玄蕃の動画を探して来るみたいな事もやっていたのが楽しく思い出されます。

実際にお目にかかった事はなくネット上のみのお付き合いでしかなかったのですが、「ケリがついた時には会えるかも」的な話が実現しない事がこんな形で確定しまうとは考えもしませんでした。

ここ最近の更新を振り返って見ると、10月14日の記事も気になりますし、その後16日・20日の更新から3週間以上も空白があること、コメ投稿にレスをなさっていない事、例年だと秋にはグループ旅行にお出かけになっていたのが、今年はその様子がない事等々、今から考えると「何かいつもとは違」っていたのが「フラグだった」のかと思ってしまいます。


何を書いているのか、もうグダグダ状態なのでこれまでにしますが、
ただただ、本当に、残念です。
2018-12-03(22:51) : 元執事 URL : 編集


本当に亡くなられたのですね…。
だれかさん様から,roko様の訃報をお知らせいただき,久々に訪問させていただきました。
roko様が亡くなっただなんて,とても信じられなかったのですが,本当なのですね…。
まさか,こんなことになるとは…。
無意識のうちに,何の根拠もなく,「roko様は,安愚楽牧場事件の顛末を最後まで見届ける。」と信じ込んでいたので,本当にショックです。
roko様ご自身,安愚楽牧場事件の顛末を見届けることができなかったことを含めて,心残りが沢山あったことでしょう。
安愚楽牧場事件1つを取ってみても,どれほど多くの心残りがあったことでしょう。
roko様とは,お互いのブログのコメントだけを通じたお付き合いではありましたが,少なくとも私は,roko様に共感するところが多く,「顔も名前も知らないけれど,とても親しい友人」という感覚でした。
私が「あぐら物語日記」を拝見させていただくことも多く,逆に,私のブログにroko様のご訪問の履歴が残っていることも多く,コメントをやり取りしないときでも,「ともに詐欺師たちと戦う仲間」という意識もありました。
それだけに,本当に,悲しく,残念で,涙を抑えるのに必死です。
いつか,安愚楽牧場事件が最後まで解決して,それが納得いくものであれいかないものであれ,roko様に一つの区切りが訪れて,roko様のお気持ちが少しでも癒されることを願っていました。
それが叶わなくなったことも,本当に残念です。
最近,私の仕事が忙しく,安愚楽牧場事件を追いかけることがあまりできていなかったのですが,roko様のためにも,最後までしつこく追いかけようと思います。
私の文才の欠如ゆえに月並みな表現しかできないのですが,roko様のご冥福を心からお祈りします。
2018-12-04(12:53) : 一寸したことの坩堝 URL : 編集


No title
1ヶ月ほど前に自分が立ち上げたウェブサイトで、
こちらのブログにあったお話を情報ソースとして
引用させていただいたことのご報告とお礼を……
と思って、コメント欄をのぞいたら、まさか。。。


お悔やみ申し上げます。


rokoさんが続けられてきたことを、
活用させてもらっている人間がいることを
ご本人にお伝えしたかったです。

https://www.nobodycancool.com/weirdcharacter/
※「安愚楽牧場債権者説明会 質疑応答議事録」のページを引用させていただきました。
2018-12-04(15:04) : ほしいもダイスキー☆ URL : 編集


No title
えいとちゃんさん何言うてはるの
どうせ大掛かりなドッキリでしょ
意味分かりません

最近コメントが少なくなっていじけてるんですわ
年末くらいにひょっこりは~んと出てくるんでしょ

なんか画面がぼやけてしもてよく内容理解できへんわ
どんなおもろいこと言うたらrokoはん出てきてくれますの

ちょっとおもろいこと考えて出直してくるさかい待っててーな
2018-12-05(17:30) : V URL :


皆様へ
お尋ねします。

管理人が居なくなってしまったこのブログはいつまでみられますか?
私は永久に見られると思っていますが。。。

一つの記事にコメント数の上限はありますか?




rokoファンさんへ
新しい車どころか11月には私より先にスマホまで購入していましたよ。悔しいので最後は「今日はあんたのお葬式にいってきたわ、なんでやねん(涙)」と送りました。


こっちゃんへ
私も悲しすぎで、母親が亡くなった時と同じくらい悲しいです。
わたしも時々はブログを見にきていますので・・・。また!


元執事さんへ
私より早くからこのブログをご存じやったのですね。
rokoちゃんは「世の中には賢い人は居はるわ、いろいろ教えてくれはる、うちらみたいアホちゃう」とゆてました。島津亜矢ちゃんのも探してくれはったんですね、ありがとうございます。10月の叔母様のお葬式に参列されていた方がrokoちゃんの時も参列されて「先月おおたのに・・」と悲しんでおられていました。


一寸したことの坩堝さんへ
私もなぜか彼女は死なないだろうとおもっていたので、そうです、なんの根拠もないけど・・です。嘘やろと口にしましたもの。
彼女は自分が納得するまで、「え?どうゆうこと?なんで?なんで?」と聞いていましたよね。いつか私も裁判所に足を運んでみようかという気になっています。


ほしいもダイスキー☆さんへ
私が言うのもおかしいですが、
ご丁寧にコメントありがとうございます。
ご自愛いただきブログを続けてくださいね。


V さんへ
本当にドッキリやったらなんぼ嬉しいことか。
わからんなりにブログを立ち上げて、一生懸命発信して・・・。
私のような者では何の力にもなれなかったけど、賢者様方のお知恵をお借りして頑張ってこられたのだと思っています。本当に純粋で真面目な子でしたから。おもしろいことでもだじゃれでもお待ちしてます。



皆様!ほなまた!!! えいとちゃんより。




2018-12-05(21:34) : えいとちゃん URL : 編集


通信障害でしょうか
ブログの左が欠けてしまってます
なおると良いのですが

他の方のブログで更新なくて4年間はありました
2018-12-06(21:18) : こっちゃん URL : 編集


こっちゃんへ
4年もですか! 良かった。なんか元気がでてきました、ありがとうございます。(永久とおもってはいたものの4年でもけっこう長いなとおもいました)
2018-12-07(21:26) : えいとちゃん URL : 編集


このページのトップへ
« 前の記事  ホーム  次の記事 »
このページのトップへ

[安愚楽詐欺]安愚楽牧場社長らの詐欺・不起訴処分に対する弁護団声明(全国安愚楽被害対策弁護団20131011)



■全国安愚楽被害対策弁護団HP(20131011)
http://agurahigai.a.la9.jp/

2013/10/11

 急報!詐欺不起訴に強く抗議します=これは急報です。更新情報がある可能性があります。ご注意ください。

 本日付で、担当の東京地検の市川宏 検事により、いずれも嫌疑不十分で不起訴だということです。
 
 有り得ないことですので、当弁護団は、急遽、本日午後5時に記者会見を開き、強く、今回の不起訴について抗議し、次の声明を出しました。

 当然、今後、検察審査会への審査請求をすることになります。



安愚楽牧場社長らの詐欺・不起訴処分に対する弁護団声明

平成25年10月11日

全国安愚楽牧場被害対策弁護団

 本日、東京地方検察庁は、株式会社安愚楽牧場の代表者社長・三ヶ尻久美子および大石勝也、増渕進に対する詐欺告訴事件について、嫌疑不十分により不起訴処分を決定した。この決定は、被害者7万3000人、被害額4200億円にも及ぶ戦後最大の消費者被害事件である和牛商法・安愚楽牧場事件の刑事責任について、三ヶ尻と大石の特定商品預託法違反事件のみで終止符を打とうとするものであり、極めて不当なものであって、当弁護団は強く抗議する。

 安愚楽牧場が展開した和牛商法は、契約者がオーナーとなる筈の和牛の存在を欠き、あたかもオーナー牛が存在するかのような欺瞞的な勧誘文言で顧客から出資を募り、消費者に甚大な被害を与えた集団詐欺事件であって、その実態は徹底的に明らかにされなければならない。また、同社の責任者である三ヶ尻らは、被害実態に合致する詐欺罪によって厳しく断罪されるべきであり、重大な刑事責任を負うべきは当然である。特に平成23年8月の破綻直前における勧誘は、償還の見込みもないことを十分に承知しながら出資を募ったという面で詐欺行為に該当することは明らかであって、詐欺罪について不起訴処分とされることは実態とかい離した明らかに不当な処分である。

 東京地検曰く、本件安愚楽商法のオーナー制度は、和牛の実在性よりも配当の実現性を重視した制度であり、実際に同牧場が和牛を多数飼育しており畜産の事業収入があることや、破綻直前まで金融機関との交渉を継続していたこと等と述べ、上記判断を下したもののようであるが、これは同商法の実態を完全に見誤ったものであり、一般国民の常識に完全に反する非常識な結論といわざるをえない。東京地検のこのような不当な不起訴処分は、何の落ち度もなく苦しむ被害者を更に精神的苦難に追い込み、また、同種投資商法を増長させ、わが国を「詐欺師天国」にしかねないものである。

 当弁護団としては、この決定を受けて、今検察審査会に対する不服申立を行い、三ヶ尻らの刑事責任が正当に追及されて正義が実現されることを粘り強く求めていく。そして、本件被害者の被害が可能な限り、回復されるとともに二度とこのような重大な消費者被害が生じないよう活動していく所存であり、ここに抗議の声明を行う。

 以上



保存。

なお、破綻直前の勧誘は明らかに詐欺なのですが、もはや、破綻直前のことばかり強調しても逆効果です。そういう強調は、被害対策弁護団自ら本事件を破綻直前のみに矮小化し、安愚楽側に利する行為です。「最後だけはやむなく詐欺的でしたが、通常は真っ当に事業してました」と安愚楽側や警察側が最近主張していることと似てるため、安愚楽の言い分を正しいと裏付けるものと思われかねません。破綻直前のみやむなく詐欺的である事件ならば、審査会も、ま、許してやるか、という雰囲気にもなってしまうでしょう。 

利益が出るはずもない架空牛販売が最低5年、慢性の畜産赤字がそれ以上、その意図的隠蔽および黒字擬態、売上金の配当流用、諸々の契約違反、破綻時の一方的な速やかな民事再生移行など、個々の具体例を説明し、それらの「架空の黒字経営を意図的に演出して金銭を集め最後は破綻で返済を免れる詐欺」、つまり、「金銭を騙しとる意図に基づく組織的詐欺」が、少なく見積もっても●年間も計画的に続いていたことを言わないと。

かつ、これらの事項こそ真っ先に精査されるべきなのに、一切これらについて言及すらせずに「配当は破綻直前を除きおおむね適正になされており、金銭を騙しとる意図があったとは認められない、詐欺とは認められない」の重要な結論を一方的に導いた警察検察の職務怠慢を言わないと。

配当は雌牛売上をもし流用したならば支払い可能なので詐欺でないことの理由にはならないことを言わないと。

契約満了時の雌牛買戻の説明が、自社パンフと契約書とで互いに異なっており(契約書の方では意図的な玉虫色の記載になっている)、この雌牛買戻にまつわる事項こそが、本詐欺事件の中心を形成する主要捜査対象であることを言わないと。つまり、4000億円の消費者被害は、配当が支払われなかったことによるものではなく、雌牛買戻が行われなかったことによるものであることを言わないと。







、、こういう点で、頼りないんだよね。

もっとも、本来これらを捜査してくれるはずの警察検察が職務怠慢しており、被害対策弁護団にとっては、当初の期待が大きく外れたってところ、、かな。

結局、警察検察も動かなかったので、被害対策弁護団自身が所有する資料のみで闘うしかない、という状況。

審査請求書の提出では手持ちの資料を全てつぎ込み、被害対策弁護団の、本気全開モードでお願いします。







注:なお、安愚楽事件解明において極めて重要な局面と判断されるため、しばらく、この記事を、トップに固定します。本記事のみ、しばらく、記事書込み日付を20年ずらします。あしからず、ご了承願います。Oct 18, 2013, written by move2600.



以下、コメント欄から抜粋のコーナー



■No title
大事なことは弁護団にまかせっきりにせず、各被害者が自ら動いて圧力をかけることです。
弁護士も結局はビジネスですから過剰な期待はできません。
被害者たちが弁護団を先導する意気込みが欲しい。
被害者が団結してできそうなことは;
・警視庁、金融庁、自民党等へ各被害者から一斉に抗議文を郵送
 1000人以上から出せばかなりのインパクトになる
・勇士を募って警視庁、国会前でデモ行進する
・並行してマスコミに情報を流し行政に圧力をかける
・首謀者(経営陣)の親族を含めた資産を調べて損害賠償請求
・元従業員を探して経営側の違法行為追及に対して協力を求める
2013-10-19(19:30) : TY URL : 編集

■No title
三ヶ尻の弁護人は「山菱」とも付き合いのある人間と聞いています。
それだけで、奴らの後ろ暗さとこの後ろにある闇との闘いには覚悟が必要なことは感じていますが、いまさら降りることは考えていません。
キトタンにも覚悟を決めて頑張ってもらいたいです。
2013-10-19(22:21) : 空欄さん URL : 編集

■安愚楽牧場「不起訴不当」議決
04月16日 20時36分

NHK NEWSWEB
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140416/3799031.html

安愚楽牧場「不起訴不当」議決

「和牛オーナー制度」で全国の会員から多額の資金を集めた末、経営破たんした「安愚楽牧場」の元社長らに検察が詐欺罪の適用を見送ったことについて検察審査会は「不起訴は不当だ」とする議決を行いました。

栃木県に本社があった「安愚楽牧場」が「和牛オーナー制度」で全国の会員から多額の資金を集めた末、経営破たんした事件で、三ケ尻久美子元社長(69)ら経営陣2人は保有する牛の数を過大に説明し、出資を募ったとして特定商品預託法違反の罪に問われ1審で有罪判決を受けました。

この事件で検察は「元社長らがだまそうとしたとまでは言えない」として被害を受けた会員たちが求めていた詐欺罪の適用は見送っていました。

これについて東京第三検察審査会は「4200億円を超えるとされる被害の大きさからするとだますつもりがなかったという元社長らの弁解をそのまま受け入れられない」などとして16日までに元社長ら2人について「詐欺罪の不起訴は不当だ」とする議決を行いました。

この議決により検察は改めて捜査を行い起訴するかどうか判断し直すことになりました。

2014-04-16(21:53) : 空欄さん URL : 編集



[安愚楽詐欺]安愚楽牧場詐欺不起訴は「不起訴不当」議決(20140416)



安愚楽牧場「不起訴不当」議決
04月16日 20時36分

NHK NEWSWEB
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140416/3799031.html

安愚楽牧場「不起訴不当」議決
「和牛オーナー制度」で全国の会員から多額の資金を集めた末、経営破たんした「安愚楽牧場」の元社長らに検察が詐欺罪の適用を見送ったことについて検察審査会は「不起訴は不当だ」とする議決を行いました。
栃木県に本社があった「安愚楽牧場」が「和牛オーナー制度」で全国の会員から多額の資金を集めた末、経営破たんした事件で、三ケ尻久美子元社長(69)ら経営陣2人は保有する牛の数を過大に説明し、出資を募ったとして特定商品預託法違反の罪に問われ1審で有罪判決を受けました。
この事件で検察は「元社長らがだまそうとしたとまでは言えない」として被害を受けた会員たちが求めていた詐欺罪の適用は見送っていました。
これについて東京第三検察審査会は「4200億円を超えるとされる被害の大きさからするとだますつもりがなかったという元社長らの弁解をそのまま受け入れられない」などとして16日までに元社長ら2人について「詐欺罪の不起訴は不当だ」とする議決を行いました。
この議決により検察は改めて捜査を行い起訴するかどうか判断し直すことになりました。
2014-04-16(21:53) : 空欄さん URL : 編集



保存

検察審査会によるこの議決は至極真っ当。

まだまだ日本も捨てたもんじゃない。

警察検察は安愚楽事件捜査をきちんとやり直せ。

安愚楽の実態は、安愚楽事件第一幕まとめ(20140320ごろ)のカキコ記事(http://move2600.blog96.fc2.com/blog-entry-5409.html)にもある通り、

>・【収入】3666億円の使途について正しいのか? 正しいとすると債権者を騙していたのではないか?
> -正しい。畜産事業を行う上で先行投資が必要で、利益を生み出すまでに至っていなかった。
>刑事問題が有り、弁護士から発言を差し控えるように指示があるので答えられない。

だよ。

大赤字のことを知ってて、赤字なんて無いフリしてたわけだ、安愚楽社長たち。

悪質きわまりないでしょ。そういうのを詐欺と呼ばずして何を詐欺と呼ぶのか。何が先行投資だよ。桁が違うっての。しかも、過去に一度も、畜産生産部門で利益あげた実績すら無いじゃねーか。どんだけ詐欺師だよ。最後は民事再生で合法的に会社倒産させて4000億円の赤字をチャラにしようなんて企んでてさ。言葉がないよ。すべて過失ではなく故意に行っており、「単なる見逃し見誤り」なんて言い訳が通用する範囲はとっくに越えてるっての。

ろくな捜査すらせずに、「安愚楽は詐欺だとは認められない」というとんでもない判定をさっさと下すことで、詐欺に苦しむ被害者の心をさらに踏みにじり、被害弁護団による被害救済活動までも困難に陥れた検察警察には、十分反省していただきたい。

日付4年ずらします。

追伸20140713
日付15年ずらします

[安愚楽詐欺]安愚楽詐欺牧場が16年も自転車操業



■「繁殖牛16年間不足していた」 安愚楽事件公判で三ケ尻被告証言

下野新聞 11月26日 朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20131126/1424271

 経営破綻した「安愚楽牧場」(那須塩原市埼玉)の旧経営陣がうその説明で出資を勧誘したとされる事件で、特定商品預託法違反(不実の告知)罪に問われた元社長の三ケ尻久美子被告(69)らの第3回公判が25日、東京地裁(芦沢政治裁判長)で開かれた。検察側の被告人質問で三ケ尻被告は繁殖牛が1995年ごろから経営破綻するまでの16年間にわたり不足していたと説明。「既存オーナーに配当を支払うには新規の契約が必要だった」と自転車操業の経営実態を明かした。
 検察側から新規オーナーの増加に伴い、繁殖牛の不足にどう対応したか問われた三ケ尻被告は「当初は繁殖牛ではない牛を割り当てるなどしたと思う」と説明。しかし不足は解消されず、2007年ごろからは架空の牛の識別番号で契約するようになったという。
 割り当てる牛がいないのに「牛はいる」とする虚偽内容のパンフレットで勧誘した理由については、「牛が足りないと説明すれば売り上げにつながらないと思った」と指摘。資金調達の大半は新規オーナーの契約金に頼っていたという。
 09年の農水省の預託法に基づく立ち入り検査で、繁殖牛が少ないことを申告しなかった理由を問われると、「申し訳ないと思っている」とだけ答え、明言を避けた。
 一方で「牛の数を増やし、埋め合わせをする計画があった」と、だます意思はなかったことをあらためて強調した。
 この日は同罪に問われた元役員の埼玉県深谷市東方、大石勝也被告(74)の被告人質問も行われた。架空の牛の識別番号で契約を割り当てるシステムについて大石被告は「私が従業員に指示した」と認めた。



まーおそろしい牧場だこと

ヌケヌケと、16年も、「日本一の畜産会社」w

嘘ばっかりの16年w

日本人には、マネできないw

こんな糞会社の顧問を長年続け、大嘘の民事再生案を提出しやがった安愚楽弁護士たちも、舞台に上げてやるといい

そいつらが、法的詐術を駆使し悪用してきた、黒幕だよ

ツイデニゼンインザイニチダ




追伸20131127
なお、安愚楽事件解明において極めて重要な局面と判断されるため、しばらく、この記事を、トップ付近に固定します。本記事書込み日付を10年ずらします。あしからず、ご了承願います。Nov 27, 2013, written by move2600.

この新聞記事の事実、すなわち安愚楽牧場が長い間世間から一切隠してきた恐るべき実態を、ようやく広く世間に明らかにしてくれた、全国安愚楽牧場被害対策弁護団はじめ被害者側弁護団の努力に敬意を表します。

安愚楽の恐るべき事実が今後さらに明らかにされることで、2013年10月にろくな捜査もせずに「安愚楽牧場が詐欺とは認められない」の安易な判断を下した警察検察のマヌケさも、いずれ、日本人国民の広く知るところとなるでしょう。

そして、それこそが、被害者弁護団に委任した安愚楽被害者救済のために、まさに必要なことである、と私は考えます。

なぜなら、まだまだ多くの人が、本事件の実態を知らないからです。被害者でさえも。しかも、事実が明らかにされなければ、本事件はそこで終了となることは、自明です。警察や検察がそれを目論んだとおりに。この状況を打破できる可能性はただ一つ。安愚楽の暗黒の実態を一人でも多くの日本人が知ることです。そして、警察検察のあの判断はおかしい、と一人でも多くの日本人が感じることです。

被害者弁護団にはすでにご承知の通り、安愚楽牧場には、まだまだ未解明の疑惑が、数多く残されています。

未だ未解明の、安愚楽の恐るべきそれらの事実がさらに明らかにされたならば、その後ようやく、安愚楽のいわゆる隠し金、あの大金がどこにどう流れていったのかの行方も、明らかにされる可能性があります。黒い資金の流れの明白な証拠を入手できれば、資金が流れた団体を相手取り、返還請求を行うことも可能かと推察します。

被害者弁護団に委任しなかった被害者への義理と義務は、被害者弁護団はすでに十二分に果たしたと思います。

これからは、委任した被害者の救済を焦点にして、安愚楽と対峙してゆかれることを祈念いたします。

[安愚楽詐欺]「安愚楽牧場」報告放置で提訴、弁護団が文書開示請求(共同20131210)



■「安愚楽牧場」報告放置で提訴、弁護団が文書開示請求(共同20131210)
2013/12/10 1:30

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0905L_Z01C13A2CC1000/

 経営破綻した「安愚楽牧場」(栃木県)からの報告を消費者庁が放置していた問題で、被害弁護団が9日、関連文書の全面開示を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴状によると、弁護団は担当課長らの処分に関して情報公開請求をしたが、消費者庁は今年6月、安愚楽からの連絡内容など重要な部分について「業務に支障が出る」として、不開示にした。〔共同〕



保存

相変わらずこんなことをやってる行政。在日勢力に喰われてるのか。安愚楽の件は特定秘密ではない。さっさと開示せよ。

ついでに、「安愚楽は詐欺とは認められない」などの非合理な判断を早々に下した警察と検察も、どのような捜査を行ったのか、日本人国民に対し、情報の開示をせよ。


追伸
日付、5年ずらします

追伸2
日付、さらに3年ずらします20181210



[安愚楽詐欺]ヤナトチさんが一瞬「まずいっ!」



>これはツチヤ弁護士の方が担当して・・

あそこに臨場してた一人ですが、久美ちゃんが名前言っちゃった時、ヤナトチさんが一瞬「まずいっ!」って顔したように見えました。
で、すぐに久美ちゃんを遮った(確か・・)。
議事録見た時「あ、やっぱりカタカナだよ!」と妙に納得。

本当は、ずっと永遠に闇の軍師で居たかったのだろうな。
2012-02-03(16:03) : 空欄さん URL : 編集


ツチヤ、で本ブログをググればこれが出てくる

2年ずらします20150516

追記20171021
日付さらに2年ずらします

追記20190520
日付さらに2年ずらします

[安愚楽詐欺]三ケ尻社長らに懲役2年6月と懲役2年



<安愚楽牧場>東京高裁 2被告減刑懲役2年6月と懲役2年
毎日新聞 10月16日(木)19時3分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141016-00000062-mai-soci

 安愚楽(あぐら)牧場(栃木県那須塩原市)による特定商品預託法違反事件で同法違反(不実の告知)に問われた元社長の三ケ尻久美子(70)、元幹部の大石勝也(75)両被告の控訴審判決で、東京高裁は16日、1審・東京地裁判決を破棄し、それぞれ4カ月ずつ減刑して三ケ尻被告に懲役2年6月、大石被告に懲役2年を言い渡した。

 両被告は1審から起訴内容を認めていたが、控訴審で新たに被害者の一部の162人に連帯して被害回復することを約束し、取引額の3割に当たる約3200万円分の示談が成立した。井上弘通裁判長は「量刑を再考しても執行猶予にすべきだとまではいえないが、1審判決はいささか重すぎる」と述べた。

 判決によると、安愚楽牧場は繁殖牛のオーナーを募って出資金を集めていたが、2被告は2010〜11年、割り当てる繁殖牛がいないのに、実在するかのような登録番号を記載した契約書などを顧客192人に送った。【島田信幸】

【関連記事】


コッソリ何人かの被害者に、示談・和解を持ちかけるなど、最後まで卑劣な人たち

162人の3200万円分の示談って意味あるの?

そんなので示談されたら総額4000億円の7万人の被害者の救済はどうなるの?

これもしばらくトップ付近にします

日付1年ずらします

追記20150621
日付さらに1年ずらします

追記20171021
日付さらに2年ずらします

追記20181108
日付さらに2年ずらします


[安愚楽詐欺]消費者被害者が国に83億円賠償提訴=安愚楽牧場「監督不十分」



■被害者、国に83億円賠償提訴=安愚楽牧場「監督不十分」―東京地裁など
時事通信 5月30日(金)19時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140530-00000153-jij-soci

 2011年に経営破綻した安愚楽牧場(栃木県)をめぐり、被害を受けた顧客1600人余りが30日、国の監督が不十分だったために損害を受けたとして、国に総額約83億円の賠償を求める訴訟を東京、宇都宮、名古屋の3地裁に起こした。
 東京地裁に提訴したのは、北海道から沖縄県まで全国の1305人。宇都宮地裁は栃木県を中心とした86人、名古屋地裁が東海地方の285人。いずれも07年12月以降に出資しており、国が適切に対応していれば被害は防げたとして、それぞれ出資額の半分を賠償するよう求めた。
 京都や大阪、兵庫各府県の被害対策弁護団も7月までに提訴する予定。
 訴状によると、農林水産省は07年12月に別の和牛商法業者を立ち入り検査し、行政処分を下したが、安愚楽牧場には報告を求めなかった。同省はその後、牧場側から頭数のデータなどの提出を受けたが、詳しい調査は行わず、09年9月に発足した消費者庁も適切な対応を取らなかったという。 

■国家賠償訴訟に関するQ&A(あぐら被害者の会)
安愚楽牧場被害に対する国家賠償請求訴訟に関するQ&A

Q1) なぜ和牛商法の被害で消費者庁を訴えるのか。投資の失敗を国に押しつけるのか。

A1) 和牛商法は消費者庁の所管する預託法で規制の対象に入っています。今回の国家賠償請求訴訟は消費者庁の不作為により拡大した被害について同庁の責任を問うものです。投資の失敗を国に償えと言っているのではありません。
 これは、薬害エイズ問題で監督官庁である厚生労働省の責任が問われたのと同じ構図です。ですから、この訴訟を通じて、行政の怠慢が改善されるのであれば、国民全体の利益にも資すると考えます。多くの方々のご理解とご支援をお願いします。

Q2) 「消費者庁の不作為」とは何なのか。

A2) 預託法違反の刑事裁判(第1審)では、「遅くても1995~96年の時点で、牛の数が足りていなかった」という元従業員の調書があることが判明しています。預託法が和牛商法に適用されたのは97年8月ですから、その時点で安愚楽はすでに預託法違反の状態だったことになります。
 また、安愚楽牧場の破綻直後の2011年11月には、消費者庁は同牧場に対して、景品表示法に基づく処分をしましたが、その検査内容から、2007年の時点で大幅に預託牛の数が不足していたことが明らかになっています。
 つまり、少なくても2007年の時点で、所轄官庁が景品表示法または預託法に基づく処分を行っていれば、それ以降の被害の拡大は防げたと考えられます。(和牛商法事業者として安愚楽牧場と並び存続していた「ふるさと牧場」は、2007年に、当時の所轄官庁だった農林水産省の調査により預託牛が存在しないことが判明し、業務停止命令を受けて破綻しています)

 また、農水省は、2009年1月の立入検査で、実在を確認したオーナー牛の数と帳簿上の数が一致しないことに気がついていました。担当者は、牛トレーサビリティ法による個体識別番号と直営牧場に実在するオーナー牛の数が一致することを確認しましたが、帳簿に記載されたオーナー牛の数がそれよりも多いことに疑問を持っています。しかし、その担当者は、大石専務(当時)から「直営牧場から委託牧場に移動した」という弁解のメールを受け取っただけで、それ以上の詳細な調査をせず、「検証不能」ということで調査を終了。同年の9月には、担当官庁が消費者庁に移管されてしまいました。
 これに加えて、翌2010年春には口蹄疫が発生し、7月には安愚楽牧場から消費者庁に調査報告の申し出がありましたが、担当課長がそれを断り、そのまま放置されていたことも判明しています。この問題については、担当課長が厳重注意を受けていて、2012年2月には担当大臣も国会で謝罪しています。
http://media.yucasee.jp/posts/index/10495?la=bn02

 なお、農水省・消費者庁の監督責任については、2011年11月19日付けの日本農業新聞でも取り上げられています。
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/11/20111119-e122.html

Q3) ちゃんと調べもしないで大金を投資した自分たちが悪いのではないか。「投資は自己責任」で国に責任はないのではないか。

A3) 安愚楽牧場はオーナーと呼ばれる契約者には、業績は好調であると書かれた事業報告書を送付していましたが、その一方で、税務署には事業赤字の申告をし、何年も税金を支払っていませんでした。
 このような実態は立ち入り検査をしなければわかりませんが、その権限を有するのは国だけです。しかし、A2のとおりその権限がきちんと行使されていませんでした。その結果として、契約者は虚偽の情報を基に契約の判断をしていたことになります。
 今回の提訴では、ふるさと牧場が破綻した2007年の時点で、安愚楽にも業務停止命令が出ていれば、それ以降の被害は防げたはずだと主張しています。具体的には、2007年12月以降に新規入金した契約について、その契約額の50%を賠償請求しています。

Q4) 国の対応に問題があったにせよ、それで賠償が認められた事例はあるのか。

A4) 国の対応に問題があったとして、経済的損失の支払いを国に求めたものとして「大和都市管財事件」があります。
 この事件では、旧大蔵省の出先機関であった近畿財務局が、抵当証券の販売を行っていた大和都市管財の債務状況を十分な調査しないで抵当証券業の更新登録を認めたのは違法だとして、1997年の更新登録以降に入金した契約に対して、約15億5880万円の損害賠償を国に命ずる判決が確定しています。
 この裁判では「購入者保護を目的とした監督規制権限の恣意的不行使」が違法とされましたが、国家賠償法が定める「公権力の行使」には不作為、行政指導が含まれるとされています。
http://blog.goo.ne.jp/urmt/e/89ecd04091ca09043b83a4bc161f2034

Q5) 国を訴える以前に、「リスクはゼロ」などと安愚楽牧場の宣伝を行っていた海江田万里・民主党党首を訴えるべきではないか。

A5) 海江田万里氏に対しては、2013年2月に被害者30名が約6億2000万円の損害賠償を求めて提訴していて、2014年5月の時点で7回の期日が行われています。傍聴は自由です。
http://agurahigai.a.la9.jp/kaeidasaiban.html
 かつて、経済評論家としてマスコミにも頻繁に登場していた同氏は、著作等で安愚楽牧場の預託制度のことを「知る人ぞ知るといった高利回りの利殖商品」、「利益は申し込み時に確定していて、リスクはゼロ」と言って推奨しており、自身もオーナーであると語っていました。
 しかし、この訴訟の対応はすべて代理人弁護士任せで、一度も出廷していません。また、「(記事を)執筆した時期と、その後の日本の経済は全く異なっており、評論の効力はなくなったと考えている。損害賠償責任を負うものではない」と反論しています。しかし、同氏が喧伝したのは、日本の経済情勢とは関係のない安愚楽のビジネスモデルであり、この反論は意味を為していません。
 同氏が党首就任後の2013年2月に決定した民主党綱領には「我が党は、「生活者」「納税者」「消費者」「働く者」の立場に立つ。」との一文があります。戦後最大の消費者被害である安愚楽牧場事件の被害者にきちんと向き合うべきです。


--------------------------------------------------------------------------------

 このQ&Aは、安愚楽の被害者有志によって書かれ、すでにネット上で流通しているものですが、あぐら被害者の会で加筆・増補したものを、ここに公開しました。国賠提訴の目的や意義を考える際の参考にしていただければ幸いです。
 なお、国賠訴訟については、2012年に全国弁護団が消費者庁に送付した「安愚楽牧場被害に関する解決要求書」も参照してください。
http://agurahigai.a.la9.jp/yokyusyo20120827.pdf

http://agura2011.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

2014-05-31(08:35) :


うん これは詐欺の件じゃなく、広義には消費者被害の件

なので消費者被害者として国を提訴する権利がある

勝訴すれば、原告に名を連ねてない消費者被害者にも賠償される可能性あるから(●年以降に出資した被害者のみなど一応の制限はつくだろうけど)、安愚楽被害者なら原告側を応援するといいよ


追伸
日付2年ずらします

追記20150621
日付さらに2年ずらします

追記20181108
日付さらに2年ずらします

[安愚楽詐欺]アグラ側がもし今後逆ギレしてきたらアグラ被害者はこれで対抗しましょう



No title
アグラ側がもし今後逆ギレしてきたら
アグラ被害者はこれで対抗しましょう


373 :名無しさん@5月17日まで板ルール集中議論中:2015/05/10(日) 00:56:24.20 ID:6p6s7FVw0
今回の件で、裁判になったらまず被告側は本人の本名と国籍を問うだろうな。訴えてきた相手が誰なのかを知る権利はあるだろう。

それを拒絶したら、訴えられるいわれは無いとつき返せる訳だし。
2015-05-10(01:22) : 空欄さん URL : 編集







追伸20150518
日付1年ずらします

追記20150621
日付さらに1年ずらします

追記20171021
日付さらに1年ずらします

追記20181108
日付さらに2年ずらします

[安愚楽詐欺]あぐら事件第一部「債権者への弁済」編 まとめ



質疑応答

事前に管財人あてに質問状を送っているが、まとめて回答してもらえないのか?
3通の質問状が来ているが、質問いただいた件は今までに説明済。
・過去2~30年間の収支は?
20年間の収支-76 億円の赤字。ビジネスモデル自体が成立ち難い。
【収入】 3666 億円
【支出】
 債権者配当 1952 億円
 畜産部赤字補填 1062 億円
 子会社への貸付金 211 億円
 設備投資 190 億円
 広告宣伝 107 億円
 人件費(役員報酬11億円) 69 億円
 手数料 24 億円
 税金 42 億円
 
・元社長の隠し財産は?
元社長・役員は破産事件となり、各々管財人が調査し、安愚楽牧場に配当金が入った。財産の追求は完了している。

・関連会社への出資分の回収は?
関連会社も事業としては破綻。破産の申立をしたものについては、安愚楽牧場に配当金が入った。

資金繰りのための事業継続の犯罪性については、管財人が答えることではない。
管財人が持っている資料(ダンボール箱500箱)は責任をもって管理し、必要であれば協力する。

・管財人報酬 8億円高すぎないか?
破産法87条に基づき裁判所が、職務と責任にふさわしい額を定める。
本件で考慮したのは

1 管財人が収集した破産財団243億円。
【内訳】
 牛・牧場の買取代金 ? 聞き取れなかった
 補填金 12億5600万円
 税金の還付金 172億8500万円
 不動産の売却 2億6000万円
 東電の和解金 24億3500万円

2 牛・牧場の売却を早期に行った。
破産時の保有牛13万3千頭(内オーナー牛11万頭)
月額餌代 1万5千円/1頭 総額10億円/月
肥育牛-月齢に達したものは出荷。しかし、屠殺場の許容量により一度に出荷は不可能。
オーナー契約牛は繁殖牛のため市場での売却困難。
早期に処分できなければ、餌代10億円/月が管理コストとして積み上がる。
処分できなければ牛が餓死し価値がゼロになる上、多額の処分費用が発生する。
管財人は、迅速な対応でこれらを回避し、財団の保全を図った。

3 税金の還付金
公認会計士により還付の申告を国税に提出し、国税からは多数の帳票の提出を求められた。
公認会計士・税務を専門とする弁護士からも「この請求は難しい」と判断されたが、管財人が粘り強く交渉、被害者救済の必要性を強調し説得、国税から超法規的対応として173億円の還付を得た。これがなければ配当率は僅かなものになった。

4 東電からの和解金
JAの基準に則り管財人が請求したが、東電は「安愚楽牧場の牛は価値が低い」と減額を主張。
管財人が粘り強く反論、東電の主張金額を大幅に上回る和解金を得た。

5 債権者の対応
本件は大規模事案(債権者約7万人)。債権者への対応(債権調査・配当手続き)も膨大。

6 迅速な手続き
再生の申立てから約2年、保全管理命令からは約1年9ヶ月で換金業務を終了し配当手続きに移った。

債権者に代わり財産を調査し換価を行い配当を行うコストとして、債権者に配当額の3%(管財人の報酬: 収集した破産財団243億円の約3%)の負担をいただいた。
ちなみに前回の債権者集会にて報酬決定の告知を行い、一週間の即時抗告(決定を不服として異議を 申し立てる)期間の経過によりこの決定が確定。

・管財人は、報酬8億円に見合った仕事をしたと思っているのか?
自分の評価を下すことは難しい。裁判所から評価いただいたと理解している。

紀藤弁護士
管財人の努力に感謝。管財人が得られた証拠は、裁判(役員訴訟・国賠訴訟・海江田氏・消費者庁)など継続されるので、保管していただきたい。裁判その他についても管財人にご協力いただきたい。今回の報酬は、そういう未来のことも考慮した上で裁判所が決定したと弁護団では理解している。

・民事再生から破産の段階での資産流失は管財人の責任では?
まったく違う。安愚楽牧場自体、資金繰りが立ちいかなくなり民事再生に至った。この段階で、すでにお金がほとんどなかった。管理命令後、帳簿・資金を確認したところ、牛の餌代だけでも半月持ない状況だった。不眠不休で調査し、資金流失を止めるのが最大になった。管財人が関与してからの資金流失は事実誤認。

民事再生申立代理人(柳澤氏)の説明
7月末の段階で全容は掴めていなかったが、非常に逼迫した状況だった。努力したが、到底運営コスト(主に餌代)に耐えられないので、管財人に引き継いだ。管財人は、極めてスピーディーに処分された。遅れていれば、さらに悲惨な自体になっただろう。

・確定申告-損金として申告可能?
税務署に損金として申告できるか確認したが「安愚楽牧場は詐欺事件なので該当しない」とのこと。ホームページの破産手続終結決定証明書を印刷して税務署へ持っていけば損金として申告可能?
税務署の判断について、管財人が意見を言う立場にない。本件は、破産・預託法違反事件で、現在詐欺事件ではない。個別に税務署と折衝をしていただくことが肝要。
各税務署の担当官により取り扱いが違ってくる?
税務に関しては素人なので、責任をもった回答はしづらい。
それぞれの住所地にて折衝を行い、中央部署に情報が伝われば、税務当局として統一見解で、しかるべき措置を取るのではないか。

・牛の売却先他
比較的大きな売却先としてYS商事があるが、YS商事一社にすべてを売却した訳ではない。預託農家による飼育も多数あり、預託料を支払わないと牛を離さないことも多数(特に東北・北海道)。資金繰りが苦しくなり、餌を十分に食べさせなかったため、牛(特に受胎した母牛)が弱った。弁護士(北海道・九州 各2名)を派遣し折衝、預託料を払って牛を移動→処分出来た。

・税金の還付金の根拠
一括すると4400億円の売上があり、5%の消費税 200億円。
決算年度により、第一次 174億円・第二次 1億円あまり

・4300億円の負債がありながら民事再生を受けた裁判所の責任があると思うが、三ケ尻氏が虚偽の民事再生を申し出たのか?
東京・大阪で債権者説明会が行われた時の債権者の反応や監督員の意見を踏まえてのもの。

・収支計算書 支出の部25 和解金523万円
最初の債権届出時、安愚楽牧場が債権届出の受付をした関係で、実際の配当手続きにより郵便事故があることが判明。債権調査の手続きが終了しているので、明らかに郵便事故であるとの根拠のある場合に、和解という形で配当額支払い保護した。

・三ケ尻氏の裁判で、三ケ尻氏の娘自身が和牛のオーナーだったが、破綻した時点でオーナーだったのか覚えていないと証言。破綻の直前に親族がオーナーの解約をしていたとすれば、破産手続において返還請求の対象になるのではないか?
親族に不自然に流れたお金についてどのような調査をしたのか?
民事再生の説明会(神戸・国技館)でも声が出ていたので調査を行ったが、特定の方に事前解約した事実は認められなかった。

・管理命令の発令は11月。なぜ11月なのか?
・8月から11月までの期間を裁判長は、どう考えているのか?
民事再生開始申立時点で、会社の資金 11億。
管理命令が出るまでの3ヶ月間、安愚楽牧場は、肥育牛を中心に出荷をし資金を調達し、餌代を稼いでいた。餌代と預託農家への支払いで、約40億円。
収支は、収入52億円・支出60億円で、8億の資金が使われている。
管理命令を受けて管財業務をするようになった時点で、現金3億円しかなく、1週間しかもたない状態だった。
この間も民事再生の手続きが適正に行われているか調査をしていた。
餌代をつなぎながら、代理人が牛の売却手続きを進めてはいたが実行が果たせない状況で、危機的な資金難に陥っていたので、管財人に管理命令が発令された。

裁判所が重視したのは債権者の意向。
管理命令は数人の債権者が申立をしたが、その後、弁護団で委任状を集め、最終的には5千人を超える方が、管理命令の申立人となった。
これだけの債権者が、会社が主導する手続きに反対し、管理型の手続きの遂行を望んでいることを踏まえて管理命令の発令をした。

***三ケ尻氏***
みなさまに絶大なご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
本日は安愚楽牧場の最後の債権者集会になるかもしれないので、みなさまへの謝罪の気持ちを伝へたく出席。多大な損害を掛、社会的に騒がせたこと申し訳ありません。
繁殖母牛の頭数が不足していたのにも関わらず、公表せず契約に及んだこと申し訳ございません。その結果、大勢のみなさまにご迷惑をお掛けすることになり重ねてお詫び申し上げます。
 
・【収入】3666億円の使途について正しいのか? 正しいとすると債権者を騙していたのではないか?
 -正しい。畜産事業を行う上で先行投資が必要で、利益を生み出すまでに至っていなかった。刑事問題が有り、弁護士から発言を差し控えるように指示があるので答えられない。

・法廷で「一生をかけて償います」と発言されたが、どのようにして償っていただけるのか? -具体的には分からない。償うと言う気持ちでこれから生きて行く。

・保釈金一千万円は誰が支払ったのか?-子供達と親族

・今の生活は? -息子の所に居る。それ以外は答えられない。

・自宅家賃150万円を支払う親族の名前とどういう根拠から出しているのか?
 -体の具合が悪く、息子の所に居るという以外は申すことはございません。収入など息子のことは分かりません。

・牛の数が不足していたのは、消費者庁の調査ではH19年から。しかし、大石氏の調書ではH7.H8年から。安愚楽牧場の牛は一頭300万円~400万円でオーナーへ販売。牛がいなければ買って来ればよいのではないか。お金を受取っているのに仕入れてこず何年も「あなたの牛はいます」と言って騙しているのではなく何なのか。明確な意思ではないか?
 -刑事問題も控えているので差し引かえる。H8年以降、登録の問題やBSE・口蹄疫、原発と色々な事情が押し寄せ、その状況の中で繁殖母牛が不足した。不足分は年度で精算していく形をとっていたので倒産した時期でみると繁殖母牛が不足しているということは承知している。

・架空牛の実態もあったが、赤字の経営体質の牛がいないにもかかわらず契約を募集していた。高配当の嘘で資金集めをしていた実態は詐欺商法ではないか?  
-牛がまるっきりいないということではない。14万5千頭(最終年度)いたが繁殖母牛として生後6ヶ月以上の牛が不足していた。

2014-03-19(22:27) : nya URL : 編集

■No title
もう少し簡単に言うと

あぐらは、上手に宣伝などを駆使して、この7万人の被害者を、自分の味方に、つけてた、ってことね

なので、被害者弁護団は、この7万人にも利があるよ、ってことを示しながら、安愚楽と闘わなくちゃいけないはめに、なったわけ

2014-03-20(19:36) : 空欄さん URL : 編集

■No title
うん

敵の宣伝力が強いので、つまり敵の洗脳力が強いので、味方が敵に大量に取り込まれて、敵と味方が入り乱れてる状態が、ずっと続いてた

被害者弁護団がアグラを詐欺で起訴するまで続いてた

詐欺の起訴が却下されたのは、その洗脳力が、警察や検察にまで及んでいることの証

詐欺起訴は今のところ保留にされてるけど、多くの人が、アグラの詐欺の実態に気付く大きなきっかけになった

もう、騙されるのはやめにしよう

すでに明らかにされた客観的資料をもとにすれば、アグラは、昔から、詐欺でしょう

もうけも出ないくせに、元本保証紛いの宣伝を、長年長期間、破綻する直前まで、派手にぶちあげていたわけで


2014-03-20(19:45) : 空欄さん URL : 編集



情報ありがとうございました。

この、あぐら事件第一部「債権者への弁済」編、は、「7万人の債権者を無視するわけにはいかない」という被害者側の心理を利用した、あぐら陣営による時間稼ぎ戦略の一環だったと言えるかと思います。


安愚楽牧場民事再生案受理(安愚楽の思惑どおり。安愚楽は7万人の被害者に、民事再生こそが7万人の被害者のためになる、という大嘘をついており、騙された多くの被害者が、安愚楽の民事再生に賛成していた状況。)

-> 民事再生案却下(被害弁護団と委任被害者がおもに主張。しかし、7万人の被害者の中には民事再生継続を主張する人も多かった。つまり、この時点で、被害者間で異なる意見が噴出していた。被害者の中には安愚楽側自称被害者もいたはずでカオス状態。民事再生案却下となったことは被害者全体にとって真によいことなのだが、そのことを理解しない、あるいは不安に思う「委任していない被害者」への救済も、強く視野に入れる必要が生じた。)

-> 渡邉管財人へ交代(被害者弁護団の主張「第三者の管財人へ交代」によるもの。)

-> 7万人の被害者を含めた債権者処理(いまここ。かつ、終了。)


途中で渡邉管財人に交代したことで、交代しなかった場合に比べて、被害者にとって、債権者処理は、より客観的な、公正な内容になったものと推察されます。

今後、第二部とも言える、「安愚楽詐欺疑惑解明」においては、渡邉管財人の収集した資料は、そのまま、被害者側の資料となりえます。

安愚楽の詐欺疑惑を明らかにすることは渡邉管財人の業務ではありませんでしたので、それは、これまで、一切、行われておりません。それは、今後の、被害者と被害者弁護団側の業務となります。

日付2年ずらします。

追記20150621
日付さらに2年ずらします

追記20180506
日付さらに2年ずらします

武漢肺炎ウイルスにご注意

日本では今のところ重症例は報告されていませんが
中国ではかなりの被害が出ています。

手洗いうがいマスクなどで多少防御できます。
感染したかどうかの検査キットがまだ不十分なので
医者に駆け込んでも判定すらできない状況です。

感染したかなと思ったら自宅で静養して
それでも咳がひどくなるばかりなら
市町村の連絡窓口に電話をしましょう。




[安愚楽詐欺]神戸と東京でのアグラ債権者説明会は壮大な茶番だった



■No title

あの倒産直後の、神戸と東京での壮大な茶番だった債権者説明会も許せない

債権者を騙す意図に満ち満ちている

あの債権者説明会開催に関わったアグラ関係者全員ギルティ

2014-01-10(13:33) : 空欄さん URL : 編集



ごもっとも

日付3年ずらします

追記さらに日付三年ずらします20170120

こちらのブログの維持

維持かきこ

消費税10%

みんなー いきしてる?

千葉台風2019

・・・みんながんばれ><

エボラ上陸阻止にむけて政府

1幻の右 ★2019/08/05(月) 15:40:03.32ID:i/tp7Bq+9>>29
 国内でエボラ出血熱の感染が疑われた事案が発生したことを受け、安倍総理大臣は5日朝に緊急の閣僚会議を開いて水際対策を徹底するよう指示しました。

 安倍総理大臣:「水際対策の強化等により、迅速な対処を行うことができましたが、引き続き政府一丸となった危機管理体制を万全なものとすることが極めて重要です」
 安倍総理は厚生労働大臣ら関係閣僚に対し、迅速な検査や医療の体制を確立するとともに国民に的確な情報の提供を行うよう要請しました。また、会議ではコンゴ民主共和国などエボラ出血熱の患者が多い国から日本に入国した人に対し、健康状態の監視の徹底を図ることや医療機関の受け入れ体制を改めて確認することなどが決まりました。エボラ出血熱を巡っては、70代の日本人女性がコンゴ民主共和国から帰国した後に発熱して感染が疑われましたが、4日に国立感染症研究所で検査を行った結果、「陰性」だったことが分かりました。

テレ朝 8/5(月) 15:30
ttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190805-00000030-ann-pol

弔い

京都アニメーションテロ火災で亡くなられた方々のご冥福と
負傷された方々のご回復をお祈りいたします

move2600

豚コレラの収束が見えない

1ガーディス ★2019/07/03(水) 12:53:30.72ID:Tz0y1QOq9>>64>>66
家畜伝染病「豚コレラ」の影響で、岐阜県内の銘柄豚が存続の危機に立たされている。発生前の半数近い豚が殺処分され、銘柄豚でも被害が発生。「付加価値を高め多くの銘柄豚を守ってきたが、農家は体力的にも精神的にも限界に近い」(県養豚協会)という深刻な状況だ。養豚農家や流通関係者らは長年かけて銘柄を育んできただけに、苦難の中でも「諦められない」と懸命な対策を進めている。

中略

 しかし、豚コレラが発生して10カ月がたつ中、養豚農家の疲弊が深刻だという。「衛生管理に向けた対策への金銭的、時間的投資は増える一方。極度の緊張感が続き、残る農家はぎりぎりの状況での経営を強いられている」と危機的な状況を訴える。

全文
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16714189/

令和はじまって2ヶ月

つゆも遅いし

令和元年

始まりました

最近白血病多いのは・・

やっぱ原発やろかな・・

平成もおわりますね・・

5月から新元号「令和」がはじまります

韓国しょうゆのひみつ

1ばーど ★2019/02/21(木) 14:43:22.20ID:8imM3ZW/9
※韓スレ

13日、醤油づくりに生涯を捧げ、韓国で「醤油の名人」と言われるセムピョ食品のオ・ギョンファン副社長が66歳で死去した。これを受け韓国のネット上では、オ副社長が生前に語ったあるエピソードが話題になっている。

韓国・ソウル新聞などによると、オ副社長は1978年にセムピョ食品に入社し、それから41年にわたって醤油の研究と生産に取り組んだ。オ副社長は生前、1986年に日本の有名醤油製造メーカー「ヤマサ」の麹室(味噌玉麹を寝かせる部屋)を見学した時の秘話を明かしていた。蒸した大豆を分解する麹菌は醤油の味を左右する「企業秘密」。当時、ヤマサなど日本の醤油メーカーの製造技術は「韓国をはるかに上回っていた」ため、オ副社長はその秘密が非常に気になっていたという。

そこでオ副社長は、見学中にできるだけ大きく空気を吸い込んで鼻の中に菌の“種”である胞子を集め、麹室から出るとすぐにティッシュで鼻をかんだ。そして帰国したオ副社長は、そのティッシュの分析を重ねてヤマサの味の秘密を解明したという。オ副社長は「僕がつくった醤油を韓国国民が1日も欠かさず食べていると考えると、重要な仕事をしていると感じる」とも話していたという。

これに、韓国のネットユーザーからは「熱心に研究を続けた立派な人だ。息を吸っただけだから盗んだことにはならない」「彼は真の醤油職人だった」「ずるさではなく情熱を感じる」「ぼうっとしている研究者たちよりは数万倍いい!」「味噌玉麹を盗んだわけではない。知恵を振り絞って菌だけを採取して研究し、開発したのだから何の問題もない。日本も何も言えないだろう」など、オ副社長の努力を称える声が寄せられている。

一方で「称賛すべきか批判すべきか…」「泥棒したエピソードを美化するのはよくない」「産業スパイということ?韓国は中国を批判できないな」「自ら開発しようとせず、他人の機密を盗むことを考えるなんて。韓国は今も昔も変わっていない」などと疑問を呈する声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

2019年2月21日(木) 8時20分
レコードチャイナ
https://www.recordchina.co.jp/b688822-s0-c30-d0058.html

★1が立った時間 2019/02/21(木) 10:55:40.22
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550714140/

雪ふりますた

雪です

平成最後の年の暮れ

いろいろあった今年です
rokoさんが亡くなられたのが一番ショック・・
新しい年がまた始まります
またぼちぼち続けてゆきたいと思います
皆様どうぞよいお年をお迎えくださいませ

伝統芸能

1ばーど ★2018/12/14(金) 10:17:15.72ID:CAP_USER9>>370>>374>>380
 平成の終わりまで、5か月を切った。年が明けると皇位継承の式典がほどなく始まる。

 2019年2月24日の「天皇陛下御在位30年記念式典」に始まり、「退位の礼」(4月30日)、「即位の礼」(5月1日)、「大嘗祭(だいじょうさい)」(11月14日)に続いて、再来年に予定されている秋篠宮の「立皇嗣の礼」まで2年に及ぶ。

 そうした皇室行事の運営を取り仕切るのが、1027人の宮内庁職員たちだ。組織図を見ると、見慣れない官職が目立つ。

 トップの宮内庁長官直属の総務課、秘書課をはじめ、皇室の儀式を執り行なう「式部職」、昭和天皇実録など皇室の記録を編纂したり、歴代天皇の陵墓を管理する「書陵部」、皇居や御用邸など宮内庁の施設を管理する「管理部」などの職員は《オモテ》と呼ばれるのに対し、天皇皇后の側に仕えて身の回りの世話をする「侍従職」と皇太子一家の世話をする「東宮職」の職員は《オク》と呼ばれる。

 職員には、天皇や皇太子一家の食事をつくる和洋中それぞれの料理人、いわゆる「料理番」から、食材をつくる御料牧場、御料農場で農作物や家畜を育てている“農家”もいる。

 また、皇居の庭師、長良川に3か所ある宮内庁の鵜飼い場の「鵜匠(うじょう)」、千葉県と埼玉県にある鴨場の管理や鴨猟を行なう「鷹匠(たかじょう)」、式部職楽部に所属する雅楽の演奏家など特別な技能を持っている職員は、世襲に近い扱いで採用されるケースが少なくないという。

 宮内庁に聞くと、「一部の職種では、面接のみによる採用をすることがある」という回答だった。

 ちなみに、鵜匠の正式な職名は「宮内庁式部職鵜匠」。非常勤国家公務員で月給はわずか約8000円だが、給料とは別に、鵜の訓練や鵜飼いの時に船頭を雇うなど伝統技能を守る経費を賄うため、年間約2900万円の「報償費」が岐阜市から支払われる。

2018年12月14日 7時0分
NEWSポストセブン
http://news.livedoor.com/article/detail/15737855/

日本の底力

150名無しさん@1周年2018/12/11(火) 17:14:29.89ID:3sIWoHjc0
皮肉な話なんだよな
国が力を入れてない地方から世界を代表する研究者がガンガン生まれているわけだから
しかも近年は東大京大どころか地方国立大出身者もちらほら受賞してるし
でもその流れももう終わりだろう
世論は地方国立大学は潰せだし東大一極集中で国の予算つぎ込んでいるしで
今後はノーベル賞受賞者は日本では生まれなくなるとノーベル賞受賞者自身が言ってる状況だしな

出世したくないのが増えた

971名無しさん@1周年2018/11/05(月) 17:41:23.56ID:D1i8AIkV0
うちの企業もそうだけど出世したくないのが増えたぞ
なんか対価と釣り合わないんだと

日本の水道を私物化する外国勢

【水道民営化】内閣府推進部署に利害関係者? 水道サービス大手のフランス・ヴェオリア社日本法人からの出向職員が勤務★2
beチェック
1 名前:ばーど ★ 2018/11/30(金) 14:13:06.97 ID:CAP_USER9
 水道などの公共部門で民営化を推進している内閣府民間資金等活用事業推進室で、水道サービス大手仏ヴェオリア社日本法人からの出向職員が勤務していることが29日、わかった。今国会で審議中の水道法改正案では、水道事業に民営化を導入しやすくする制度変更が争点となっている。

 この日の参院厚生労働委員会で、社民党の福島瑞穂氏が指摘し、推進室が認めた。推進室によると、昨年4月に政策調査員として公募で採用し、海外の民間資金の活用例の調査にあたっているという。

 今回の民営化の手法は、コンセッション方式と呼ばれ、自治体が公共施設の所有権を持ったまま、運営権を民間企業に売却できる。政府は、水道のほか空港や道路を重点分野として導入を推進。下水道では今年4月に浜松市が初めて取り入れ、ヴェオリア社日本法人などが参加する運営会社が、20年間の運営権を25億円で手に入れた。

 水道はまだゼロだが、今回の改正案に、導入のハードルを下げる制度変更が盛り込まれている。福島氏は「この法案で最も利益を得る可能性がある水メジャーの担当者が内閣府の担当部署にいる。利害関係者がいて公平性がない」として法案からの削除を求めた。

 同室は「浜松市なら問題だが、内閣府はヴェオリア社と利害関係はない。この職員は政策立案に関与しておらず、守秘義務なども守っている」として、問題ないとの立場だ。(阿部彰芳、姫野直行)

2018年11月29日22時29分 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/sp/articles/ASLCY6F37LCYULBJ018.html
http://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20181129004412_comm.jpg

★1が立った時間 2018/11/30(金) 00:36:42.75
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543505802/

フランスが高速増殖炉プラン凍結

1ばーど ★2018/11/29(木) 11:07:21.46ID:CAP_USER9>>13>>60>>94>>175>>189>>193>>288>>311
日本がフランスと進めている次世代原子炉開発について、仏政府が2020年以降、計画を凍結する方針を日本側に伝えたことがわかった。仏政府は19年で研究を中断、20年以降は予算を付けない意向という。日本はすでに約200億円を投じている。開発計画の大幅な見直しは必至で、日本の原子力政策にとっても大きな打撃となる。

この次世代炉は高速炉実証炉「ASTRID(アストリッド)」で、仏国内に建設する計画だった。…

2018/11/28 19:01日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3828678028112018000000/
プロフィール

move2600

Author:move2600
ここは、本人の個人的な備忘録です なお、本人は(同社が深く関わったと推察される)宮崎口蹄疫の一被害者です なお、2ちゃんには一切カキコしておりません 風評はご遠慮願います 同社による工作員の来場もご遠慮願います

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク